« テスト書き込み | Main | トジェチェ(感謝)! »

2004.02.08

掲示板再開の挨拶

 長いこと放置してすみませんでした…(汗)。
 いや~、「更新してください」という書き込みにレスポンスできなかったのは、(たぶん図星突かれてるところもあって)あまりにも格好悪いので、「えー頑張って更新してみました」と、更新報告とともにリンク張って掲示板にも書き込もうと思っていたんですが、これがなかなか果たせず、そのうちじりじりと日にちが経ちすぎてしまって伝言板に返事書くタイミングすらも逃した、というみっともない状態でありました。
 あまりに恥ずかしくてしばらく伝言板へのアクセスもやめてたら、見るに見かねたKさんがレスを返してくれていたり(うわ~、すいませんでした)。
 ただまあ突然のリクエストで、しかもなんだか現実の私を昔からよく知っているご様子。「いったい誰? 誰? オモテの仕事関係者!?」と焦りまくってたのも事実です。「お前は知らないだろうが俺は見てるぞ」と言外に言われたような気がして、……うーんまぁ直属の上司とか所属長ってことはまさかないだろうけど、なんてね。
 Web開設から数年たつと、どこで誰が読んでるか分からず、多少腰が引け気味になってきてるところはたぶんあるかもしれません(その割には平気で地雷撒いてる気もするけど)。
 その後、名乗っていただいて「おおお…そうだったのか~」と安心するやら申し訳なく思うやら。
 私ひとりに対して匿名希望、というのがなにやら意味深ですが、お気遣いいただいてありがとうございました。
 日記もブラウザから更新できる新タイプに変えましたし、Web更新のほうも週1くらいのペースには戻したいものだ、と思っております。「もう書き込めない」ともおっしゃっておられましたが、気が向いたらまたお越しください。

 身辺雑記に関してなんですが、「裏ルンタ」サイト立ち上げ当初は「Web上は完全匿名、実名や住所の記載はまったくナシのバーチャルで」という方針でした。日本事務局のサイト、というより、“日本事務局をしている「うらるんた」が個人的に好き放題しまくっている個人サイト”という位置付けで。それで、サイト自体も知られてなかったこともあり、面白おかしく書き散らしていた部分はありまし…(いやすいません、正直に言います白状します。書きたくて書いてました。あっちが本性です)。
 それがルンタ・プロジェクトも4年経ち、「ルンタ・プロジェクト日本事務局」としてもきちんとした情報発信をしていかないと、と思い出したのが2002年3月のリニューアルの頃です。でも、迷ったままほぼ2年経ってしまいました。

 Web上は個人情報守るためにも住所実名ナシのバーチャルで、という方向だったものの、一方で私が日本事務局の看板を出してるのは事実で、紙媒体ではいくらでも私の名前やら事務所所在地は出回っておりまして。「ルンタ日本事務局」を検索してサイトへ来られる方もいらっしゃいました。
 Web上の連絡先としてはメールアドレスを公開してるしそれで十分、と思ってたんですが、問い合わせの際に「住所も名前もサイト上で明らかにしていないのは何故か。そんなNGOは怪しすぎて信用できない」というご指摘をいただいたこともあります。それも確かに一理ある、と思い、電子メール以外の問合せ先や責任者氏名(←私のことですが)もきちんと明記していかなければいけないのかなぁ、などと考えているところでもあります。
 ただまあそうすると、今日どこで何食べた、とかチャイナ服オーダーして2万5000円使った……などという個人的なあれこれを晒しまくることは避けねばなりますまい(つーか普通書かんか、そんなん)。
 あと私の場合、職業上知りえた秘密が云々などとややこしくなるのも嫌だな、ってこともあります。揚げ足とられかねないことを避けるには匿名サイト(たとえそれがタテマエであっても)のほうがいいんですが。(そんなわけでまだ「日本事務局へのアクセス」なんてコンテンツはありません)

 今も「裏ルンタ製作日記」の1階層下に「うらるんたの裏のウラ」(裏のウラってオモテになっちゃうんでしょうか……という意味を込めたタイトルですが……意外と多面体かもしれませんしね)という個人的な雑文コーナーを作ってたりするんですが、実名晒したらそんなことはちょっとやってられないだろうしなぁ。

|

« テスト書き込み | Main | トジェチェ(感謝)! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テスト書き込み | Main | トジェチェ(感謝)! »