« March 2004 | Main | May 2004 »

April 2004

2004.04.29

買い物

 結局、D70(一眼レフのデジカメ)注文しちゃいました。ふっ。
 納品はGW明けになるそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.28

ろくな裁判もねぇ

 人質の邦人は「反日的分子」 柏村参院議員が相次ぎ放言
 えーと引用の主旨は見出し部分ではなくてもちょっと後ろの「相次ぎ」のほうなんですが。

Continue reading "ろくな裁判もねぇ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.27

大理―麗江間鉄道敷設にチベット人権団体が抗議

 以下の内容で呼びかけメールが回ってきました。
 麗江にまで鉄道を通そうとしているとは(つーか、大理まで鉄道が通ってたことすら知らない世代だからなあ私は)。個人的にはどんな計画かも知らず、アジア開発銀行が資金提供をしているのかどうかも確認してはいないのですが、事実なら急を要する話ですしチベットハウス(ダライラマオフィス)からの呼び掛けなので、転載させていただきます。
 送付先はアジア開発銀行の塚原治理事アジア開発銀行日本代表事務所、所長ウーチュル・チョン氏とのこと。計画についてもっと具体的なことが分かるといいのですが。

Continue reading "大理―麗江間鉄道敷設にチベット人権団体が抗議"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.23

壮行会準備は続く

 昨日に引き続き、現地スタッフの一時帰国と引き継ぎ作業、壮行会(と名前を借りた飲み会)の打ち合わせ。
 インドと京都と大阪と群馬の間でメールがそれぞれ1往復。便利になったなあ~。
 それにしても、どのくらいの人数になるかはっきりしないとハコ(場所)を決められず、どのくらいの人数が参加するか尋ねるには場所と値段くらいは明示しないと打診できないし、料理と飲み物の値段は店によるわけだからやっぱり先に店をどこかに決めないといけない、という混乱ぶり(すんません)。「お誘いをかけるべき人」をリストアップしていたら、名前を書き並べているうちに、お世話になりっぱなしでその後の不義理ぶりばかりが思い出されて頭を抱えました。
 同時並行で、引き継ぎスケジュールの段取りも。
 関西いる間に1泊くらいどこか温泉(雄琴?)でも……という案は却下されてしまった(当然か)。悔しいから2泊とも大浴場付きのビジネスホテル取ってやる~。ほんと、今はなんでもネットで出来て便利だなあ。ルンタjpも手を入れないと、と改めて思う次第。

| | Comments (0) | TrackBack (16)

2004.04.22

ルンタ壮行会

 私のほうの作業が進まない間にも、ダラムサラでは着々と事務所引継ぎの準備が進んでいるようで……。(裏ルンタのもろもろは明日がんばりますー)
 ルンタ現地代表の一時帰国日が決定。それに合わせ、壮行会の名前を借りた飲み会(関西)を5月15日(土)に企画中です。時間は夕方~夜、会場は大阪キタになる予定。詳細を詰めてから改めて告知します。
 あとは私が有休を取るだけだ~。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.04.21

購買衝動

 突如D70(デジカメ)が欲しくなり、カメラ量販店と家電量販店をはしご。
 思った以上に高くて、どんなもんかと思い迷う。しかも2~3週間待ちとか言うし。そして家電量販店を出てきた私の手にはなぜかDVDレコーダーのパンフレットが。「双方向2Wayダビング」というコピーにくらっと来て、「DVD&VHS一体型デッキ」なるものの前でつい立ち止まってしまったのでした。だって「今なら30%ポイント還元!」ですってよ。5万6000円の製品に30%ポイントついたら、実質4万円切ってないすか?
 既にあるVHSビデオと中国製DVD&VCD機(再生専用)とTVと、どうつないだらいいんだろ? ちゃんとつなげばVHS⇔VHSもDVD⇔DVDもVCD⇒DVDもVCD⇒VHSもすべて可能になるってことかしら? (単純に考えすぎ?)と頭の中で配線してみたりして。
 店員さんを呼び止めると冷たく「この機種はDVD-RAM/Rなのであまりお勧めしません、今から新たに買うならマルチドライブをお勧めします」。
 水際で衝動買いを思いとどまり、すごすごと帰ってきました。ありがとう店員さん(というべきか)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.20

大量襲来

 「新着42件」などと表示されて、うわ、何だ!? とフォルダを確認すると全部ウイルスだったりする昨日今日。今年に入って3回目の大流行大発生ですかね。こんな状態がもし私1人だったらへこみます。……とこれだけ書いてる数分の間にも3通ほどが。いったい何が起きているやら。
 用途別に複数のアドレスを持ってるんですが、流行の波ごとに襲来を受けるアドレスが違うのが興味深いところ。前回はチベット関係のアドレス(tashidelek@.....)、今回のウイルスは中国関係で使っているアドレス。中国方面に感染者が多いんでしょうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.04.19

サンデー毎日グラビアにチベ記事

 週刊誌「サンデー毎日」(5/2増大号)に、グラビア『理想郷「シャングリラ」の聖なる山』(写真・文は小林尚礼氏)。
 中国雲南省の「梅里雪山」=カワカブ(kawa karpo)=と、中甸(現・香格里拉)(ギェルタン)や徳欽(デチェン)の写真が載っています。印象的だったのは、共産党侵攻以前の1866年にキリスト教宣教師が建てたカトリック教会でしょうか。今も信者はいるのかなあ(誌上では触れられていませんが、博物館になっているそうです)。

Continue reading "サンデー毎日グラビアにチベ記事"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.04.16

イラク日本人人質事件と"ボランティア"

 「人ごとじゃないでしょ?」と人から言われたりして、確かにいろいろ考えることもあって何か書かなきゃならないような気もしていたんですが、書き出すと長くなるのでなかなか時間がありませんでした。(事態が動いている間に反応してしまうとその後もずっと追いかけないといけないような気もしたし、TV紙媒体ネット上すべてそればかりでお腹イッパイだったし)
 とりあえず、最悪の事態は免れて一段落、ということになったので。(とはいえ日付見ていただいてのとおり書き始めたのは16日ですが現在既に22日。書いてるうちに事態は変化するし、もうイヤ)

Continue reading "イラク日本人人質事件と"ボランティア""

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.15

「次元上昇グレートマザー」

 「I Love TIBET!」の長田さんの「チベ式」より。(すみません、トラックバックの練習がしたかったのでやってみました。)

「次元上昇グレートマザー」
「地球上の実在する様々な民族(多数、少数 関係なく)の中からヒロインが出ている世界巫女大戦的な作品」(上記サイトより)
……だそうで。オリジナル(同人)コミックで、今後もネットで発表されていくそうです。モチーフ(元ネタ)はシャンバラ伝説だとか。う~む。さすが、商業発表作品にはないスゴイものがありますなあ!(感嘆)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.04.14

NHKにチベット人出演

 ダラムサラからさっきメールが届いたので取り急ぎの覚え書き。

  「4月14日午前11:05のNHKのローカルニュース番組でソナムの弟、リンチェンが出演するので都合がついたら見てください」とのこと。

 「もう今日の午前中ですが」と、お知らせメールにもありましたが……。

Continue reading "NHKにチベット人出演"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.13

法王トランジット滞在

 ダライ・ラマが立ち寄り 成田で民主議員と会談

Continue reading "法王トランジット滞在"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.12

「AERA」にカイラス山

 「AERA」2004年4月19日号の裏表紙の連載、「世界の遺産」に「中国・カイラス山」。写真とテキストは02年夏にチベット入りした兵頭千夏さん。(留学から帰国後、千夏さんの出発前に1度会いました)
 ……あれ、いまヤンゴンのはずでは!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.07

ごめんなさい

 うーすいません、今日も何も出来ませんでした。
 久留米のNさんから届いたデータはWordのdocファイルなんだけど、それをhtmlファイルに変換したらなんかすごいことに(まあ毎度のことなんだけど)。そのまま続行するのはやめました。すみません。明日出直します。

Continue reading "ごめんなさい"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.06

停滞中

 何もしてない(仕事しかしてない)ので書くことが……。
 以下、覚え書程度に。
 ・久留米のNさんからWeb用データが郵便で到着。
 ちょっと手が回らないけど一両日中にWebへアップします。(ホントは今日中にと思ったんですが気力が尽きました、すいません…)

Continue reading "停滞中"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.05

社報

 オモテの仕事の話題ですが。
 (なので本来ここに書く話じゃないのかも。ぁ~私の日常の位置づけって一体。)
 職場で、社報(3月号。末端には遅れて届くのだふっふっふ)を眺めていて、「チベット」という文字列が目に飛び込んできた気がして「ん?」。なんで社報にチベットなんだ? と目を疑う。

Continue reading "社報"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.04.02

サカダワ

 「御柱」開幕 興奮包む 雨つき 上社山出し
 諏訪大社の「御柱祭」始まる(urlは変わる可能性があります)
 「御柱祭」といえば、男性2人がかりでも抱えられないような太い丸太に氏子がしがみついた状態で山の急斜面を滑り落ちる光景が有名で、「滑る」祭なんだと思ってましたが、初日の光景を伝えるテレビのニュースを見てデジャヴュが(またかよ〈笑〉)。

Continue reading "サカダワ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.01

週刊文春にチベット関連記事

 「週刊文春」4月8日号(4月1日発売)のグラビアに「スペシャル特集 祈りの風景」(野町和嘉氏)。
 モスクで祈る数え切れない人数の俯瞰写真と対比されるように、雪の吹き付けるなかで行われているラルン・ガル・ゴンパのモンラム大祭の様子を掲載。時節柄、話題の中心はイスラームになってもいいはずなのに、野町氏「『祈りの風景』のなかで最も印象強かったのはチベット」とチベットのことを語りまくっております。「2001年撮影」とわざわざ注釈がつけられているラルン・ガル・ゴンパの写真が、このモンラム後の6月、中国政府から非常な弾圧を受け、現在はこれほどの大規模な法要ができる状態ではないだろうことを思うと、イラク戦争が泥沼化する現在、モスクの「祈り」と対照させて掲載されたことに何か深い符合を思わずにいられません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

模様替え

 4月になったので模様替えしてみました。桜が満開なので春らしい色合いのテンプレートを選んでみようと思ったものの、実際にパステルピンク色にしてみたらあまりにもメルヘンで私にはちょっと、という感じで、結局あんまり春らしくはなりませんでしたが…(すいません)。あ、私はテンプレートを選んでるだけでカスタマイズはほとんどやってません。難しそうだし面倒だし6月以降の無料版にはそういう機能がないので…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちべ雑事あれこれ

 チベット関係の深刻な相談。
 こういう話を聞くと、ほんとに冗談じゃねえやなんとかしなければ、と思うし、自分自身が何もできないことに関してもどかしい。イベントに予算がつかない程度の些末なことで一喜一憂できるのは幸せだ、と、なんとなし現実に引き戻された。
 別件で深刻ではない(と思う)チベット関係のやりとりも。
 しばらく連絡ないな、何か気を悪くさせたかな? と心配していたら、なんと大病で入院されていたとのこと。チベットはやはり過酷だ……。

Continue reading "ちべ雑事あれこれ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »