« イラク日本人人質事件と"ボランティア" | Main | 大量襲来 »

2004.04.19

サンデー毎日グラビアにチベ記事

 週刊誌「サンデー毎日」(5/2増大号)に、グラビア『理想郷「シャングリラ」の聖なる山』(写真・文は小林尚礼氏)。
 中国雲南省の「梅里雪山」=カワカブ(kawa karpo)=と、中甸(現・香格里拉)(ギェルタン)や徳欽(デチェン)の写真が載っています。印象的だったのは、共産党侵攻以前の1866年にキリスト教宣教師が建てたカトリック教会でしょうか。今も信者はいるのかなあ(誌上では触れられていませんが、博物館になっているそうです)。

 あと、梅里雪山というと反射的に思い出してしまうのは京大山岳部の大量遭難(1991年)。たぶんあえて書かなかったのでしょうが、誌上ではまったく触れられていません。NHK「地球に乾杯『苦難の巡礼300キロ』」(2000年1月)では梅里雪山をコルラするチベット人の旅が描かれてまして、私はそれ見て「へぇそれじゃ梅里雪山に登るってのはカイラスを登っちゃうようなものだったのか、現地の反感はかわなかったんだろうか?」と気になってるんですが。……だいたい山に興味がないので、誰かその後カワカブに登頂しちゃったのかどうかも知らないし(すいません)。
 というのも実は、小林さん自身が京大山岳部の人で、梅里雪山登山隊(96年)にも加わった山屋さん。(以前、どこかで名前を見てまったく同世代だったので印象に残っただけで、面識はありません。)
 91年の遭難で友人を亡くしているそうです。98年以降、氷河に押し流された遺体が数kmも離れた地点から相次いで発見されてますが、小林さんは友人の亡骸を引き取るため改めて現地を訪れ、カメラマン転身を決意。それまでの仕事を辞め、以降、デチェンやギェルタンを拠点に写真を撮り続けているそうです。もっと踏み込んだ写真や紀行テキストを読んでみたいな、と思いました。

|

« イラク日本人人質事件と"ボランティア" | Main | 大量襲来 »

Comments

昨晩(2004/10/18)から4日連続で小林尚礼氏がNHK第1ラジオの「ラジオ深夜便」で、語っていますよ。

Posted by: けいこ | 2004.10.19 at 01:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/471357

Listed below are links to weblogs that reference サンデー毎日グラビアにチベ記事:

« イラク日本人人質事件と"ボランティア" | Main | 大量襲来 »