« 壮行会準備は続く | Main | ろくな裁判もねぇ »

2004.04.27

大理―麗江間鉄道敷設にチベット人権団体が抗議

 以下の内容で呼びかけメールが回ってきました。
 麗江にまで鉄道を通そうとしているとは(つーか、大理まで鉄道が通ってたことすら知らない世代だからなあ私は)。個人的にはどんな計画かも知らず、アジア開発銀行が資金提供をしているのかどうかも確認してはいないのですが、事実なら急を要する話ですしチベットハウス(ダライラマオフィス)からの呼び掛けなので、転載させていただきます。
 送付先はアジア開発銀行の塚原治理事アジア開発銀行日本代表事務所、所長ウーチュル・チョン氏とのこと。計画についてもっと具体的なことが分かるといいのですが。

アジア開発銀行 理事
塚原 治 様

大理・麗江間路線とアジア開発銀行の潜在的な関係に関して

 我々は、アジア開発銀行(ADB)が中国(雲南省)の大理から麗江に繋がる鉄道建設に出資しているとの話を聞き、大変憂慮しております。このプロジェクトはチベットとチベット人にとって大変ネガティブな影響を持ち、チベット人、チベットの支援者たちは懸念しております。
 ご存知のように、中国軍は1949年から1950年にかけてチベットを侵略、以来、チベットの人々は中国の暴虐な軍事圧制に苦しんでいます。1999年、中国政府は中国の政治支配を確固とするために「西部開発計画」なるものを、現在は「国境」地域である占領したチベットと東トルキスタン(新疆)に攻撃的に展開しました。中国政府高官らは、「『西部開発計画』は中国の『安定』と『統一』を一層強くすることを目的とし、それは経済的な恩恵を無視してまでも完遂すべきものである」と公に声明を出しました。
 アジア開発銀行は、孤立した路線である大理・麗江間路線が貧困を軽減し、自然資源開発と観光を促進するであろうと示唆しています。しかしながら、研究調査によると、中国政府と「西部開発計画」が非常に密接な関係であること、特にチベットの掌握を不動のものにするために中国政府が路線を使用することは明白です。
 チベットが占領されて以来ずっと、鉄道路線はチベット人の心に未曾有の脅威を突きつけています。鉄道路線によって中国人のチベットへの移住が大幅に増加するなかで、チベットの文化とアイデンティティーは弱体化の一途を辿り、チベットの武装化が進んでいます。さらには政治的圧力が展開する中で資源採掘が行われている地域のチベット人らは自らの管轄権を失い、不安な環境での生活を余儀なくされています。
 世界銀行が出資していた青海省の伝統的チベット人居住地域への移民計画に対する抗議に答えるべく、2000年に派遣された同銀行調査団がこうした中国支配のチベットを認識し、不安な環境にあるチベットの現実を捉え、それが鍵となって結論へと導きました。(つまり)世界銀行によるこの移住計画への出資は、後にこれらの調査団の報
告をもとに、さらにチベット人や世界中のチベット支援者たちの抗議反対に応えて、中止となりました。
 ご存知のように、ゴルムドからラサまでの路線で現在建設中の青蔵鉄路は(完成すればチベットの中央部に至る最初の路線ということになります)、チベット支援者らとチベット亡命政府からの猛反対にあっています。ゴルムド・ラサ間に路線を敷くことを中国政府が発表した時、(雲南省の)昆明・大理・麗江を経てラサに至るルートは代案のものでした。このように、大理・麗江間の路線はチベットそのものではありませんが、根本的にチベット人に壊滅的な影響を与え得るところのチベットに至る鉄道路線ネットワーク計画の一環となるものです。昆明・大理・麗江・ラサ間の路線は現在ある段階まで建設中のようです(昆明から大理までは既に完成し、次の段階である大理から麗江へに至る鉄道建設に入っています。これらの路線はチベット高原の麓に位置し、おそらくそこからラサまで伸びることになるでしょう)。
 昆明・大理・麗江・ラサ間路線がラサやウー・ツァン地方(現在はチベット自治区として知られる)まで伸びないとしても、チベットのカム地方(現在は四川省、雲南省、チベット自治区になっている)に重大な影響を及ぼすことになります。カム地方における中国の開発戦略は採鉱と観光事業を強く目論んだものです。この路線が少しでも拡張すれば、多くの人口がチベットの森林・鉄鋼資源地域にアクセスすることが可能になり、膨大な数の中国人の観光客がカム地方に流入することになります。
 不便な道路事情により現在、カムのいつくかの鉱山は採掘不能になっているものの、この地方に接する路線が敷かれると、膨大なスケールに及ぶ金・銅の採掘が可能となります。チベットが占領されているために、チベット人は自らの自然資源の管轄権も管理権も持てず、またその恩恵を実質的に享受することも叶わず、それらの採鉱の利益はまず中国人に持っていかれ、中国の支配力を確固たるものにしています。
 大理・麗江間路線によって、旅行者はチベット高原の麓に簡単にアクセスできるようになるでしょう。中国人旅行者も同様で、膨大な数に及んでこの地域にアクセスしてくることになるでしょう。チベットの中国化は、チベット人が直面している最大の脅威のひとつに挙げられ、中国支配に対する(チベット人の)反対運動を弱体化することを目的として、チベット固有のアイデンティティーを侵食しようと中国政府が故意に企てているものです。
 チベット人を多大に巻き込んでいるこれらの事実に加えて、アジア開発銀行が大理・麗江間路線計画を既に検討中であることに我々は深く憂慮しております。日本そして世界的な市民社会グループは、このプロジェクトへの投資される可能性がある限り、アジア開発銀行を監視し続けることでしょう。論議すべきこのプロジェクトに投資することを止めるよう、アジア開発銀行理事である塚原氏が是非ともリーダーシップを発揮されんことを強く求めるものです。
 この重大問題に対する塚原氏のお返事を心待ちにしております。
 敬具
 お名前
 住所
 団体名
----------------(英文)----------------

April 23, 2004
Mr Osamu Tsukahara
Executive Director
Asian Development Bank
6 ADB Avenue, Mandaluyong City 0401
Metro Manila, Philippines
Fax: (632) 632-6176

Dear Sir,
   

Re: Dali Lijiang Railway and potential ADB involvement

   We are concerned to hear that the Asian Development Bank is considering funding a railway from Dali to Lijiang, China. This project has many negative implications for Tibet and Tibetans, and is of great concern to
Tibetans and Tibet supporters.
   As you know, Chinese troops invaded Tibet in 1949-50, and since then the Tibetan people have suffered under China’s brutal military occupation. In 1999, the Chinese government launched its “Western evelopment Plan” to aggressively develop the occupied territories of Tibet and East Turkestan (Xinjiang) in order to consolidate its political control over Tibet and other western ‘frontier’ regions. Chinese officials have openly stated that primary goal of the Western Development Plan is to strengthen “stability” and “unity” and that it will be fulfilled regardless of economic benefit.
   The Asian Development Bank has presented the Dali-Lijiang railway as an isolated line that will decrease poverty, promote development of natural resources, and promote tourism. However, study shows that it is closely tied to the Chinese government’s Western Development Plan, and specifically to the government’s use of railways to entrench the occupation of Tibet.
   As long as Tibet remains under occupation, rail access to the heart of Tibet poses unprecedented threats to Tibetans. Among these are vastly increased Chinese migration, dilution of Tibetan culture and identity, increased militarization, and extraction of resources in areas where the local people live in a climate of fear and have no control over political development.
   This perception and reality of a climate of fear in Chinese-occupied Tibet is a key conclusion that the World Bank’s Inspection Panel found in 2000 when responding to a complaint regarding a potential Bank-sponsored transmigration project into traditional Tibetan areas in Qinghai. Bank involvement in the project was later discontinued on the basis of the Inspection Panel’s findings and in the face of opposition from Tibetans and Tibet supporters internationally.
   As you may know, the Qinghai-Tibet railway that is currently being constructed from Gormo (Ch.: Golmud) to Lhasa - which if completed will be the first railway into central Tibet - is strongly opposed by Tibet Support Groups and the Tibetan Government in Exile. At the time the Chinese government announced the Gormo-Lhasa line, it stated that Kunming-Dali-Lijiang-Lhasa was the alternative route. Thus, although Dali-Lijiang line is not itself in Tibet, it is an essential component of the planned railway network in Tibet that will be devastating to Tibetans.
   It appears that the Kunming-Dali-Lijiang-Lhasa railway is being constructed in stages: construction from Kunming to Dali is complete; the next step is Dali to Lijiang, which will take the railway to the foot of the Tibetan plateau, and from there the railway will presumably progress to Lhasa.
   Even if the Kunming-Dali-Lijiang-Lhasa railway does not progress to Lhasa and the U-Tsang area (now known as the Tibet Autonomous Region/TAR), it poses serious threats to the Kham area of Tibet (now comprised of areas in Sichuan, Yunnan and the TAR). China's development strategy for the Kham region relies heavily on the mining and tourism industries. A short extension of the line would allow access to the most populated, forested and mineralized parts of Tibet and allow a huge influx of Chinese tourists into the area.
   Rail access to Kham would enable large-scale exploitation of the numerous gold and copper deposits in the area, something currently impossible due to unreliable road conditions. While Tibet remains occupied and its people are unable to direct, control or even substantially benefit from their natural resources, their extraction primarily benefits Chinese, and consolidates Chinese control.
   The line would also provide easy access for tourists to the foot of the Tibetan plateau, enabling a massive increase of Chinese tourists in the area. Sinicization of Tibet is one of the greatest threats facing the Tibetan people as the Chinese government deliberately attempts to erode Tibetans’ distinct identity in order to reduce their opposition to Chinese rule.
   Given its grave implications for Tibetans, we are deeply concerned that the Asian Development Bank is even considering the Dali-Lijiang railway proposal. A growing number of civil society groups in Japan and internationally will continue to watch the ADB as long as financing for this project remains a possibility. As a Director of the ADB, we strongly urge you to use your leadership to oppose funding this controversial project.
   We look forward to your response to this critical matter.
Sincerely,
name
address
organization

|

« 壮行会準備は続く | Main | ろくな裁判もねぇ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/499149

Listed below are links to weblogs that reference 大理―麗江間鉄道敷設にチベット人権団体が抗議:

« 壮行会準備は続く | Main | ろくな裁判もねぇ »