« 停滞中 | Main | 「AERA」にカイラス山 »

2004.04.07

ごめんなさい

 うーすいません、今日も何も出来ませんでした。
 久留米のNさんから届いたデータはWordのdocファイルなんだけど、それをhtmlファイルに変換したらなんかすごいことに(まあ毎度のことなんだけど)。そのまま続行するのはやめました。すみません。明日出直します。

 ところで先日、漫画喫茶に行ったので「3×3EYES」の4巻を見つけたので手に取ってみました。
 (掲示板で風来坊さんに「4巻にもチベット出てます」と書かれてたし)
 確かに出てました~チベット。舞台をチベットに移すところから結構丁寧に書かれてます。チベット文字……はぱらぱら見た限りでは目にとまらなかったけど、その、それ以前に漫画のストーリーのさぶい展開が5巻以上にダメで、わぁちょっともうこれはゴメンナサイ! ってことで返してしまいました。すいません、どこかの105均で3×3の4巻があってもデータを足すのは無理っぽそうです。
 一緒に数巻拾い読みしたのが「勇吾」。1~3巻がパキスタン、10巻くらいでインドが出てきたんだけど、なかなか背景が本格的で絵的にGood! でした。パキスタンのデコトラとかものすごい描き込んであるんだもん。絵描きさん実際に現地行ってロケハンしているようだし、そもそも話の指向がリアリズムで、当然といえば当然かも知れませんが。本格的なのも十数巻出てるみたいなので全部読破するのは至難そうですが、チベット(中国でも可)舞台ってあるのかな~(あったら捜して読んじゃうぞう)。

|

« 停滞中 | Main | 「AERA」にカイラス山 »

Comments

>チベット文字……はぱらぱら見た限りでは目にとまらなかったけど

坊さん連中との戦闘シーンで坊さん連中がお経(というより呪文のような)をあげてるシーンがあってそれは縦書きでしたけど紛れもなくチベ語でした。


あと”勇午”ですよね!私もこのマンガは気になってるもんでそのうち読もうと思ってますけど、確かにチベット編がありそうな気がしますな。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-2847853-2403527

Posted by: 風来坊 | 2004.04.08 at 08:01 PM

>風来坊さん
機を逸したレスですいません~。伝言板にも書きましたが4巻のチベ文字は見落としていました(ようやく再度確認してみましたが解読不能…)。
あと「勇午」。そうでした、「午」でしたすいません。今日になって、本屋に「アフタヌーン」が並んでたので立ち読んでみたら、なんと現在進行形で「中国編」でした! 人民病院みたいなところに主人公寝てるし(^^;
上海を舞台にODAで通信インフラだの円借款だのとえらくリアルな舞台装置をちりばめた上に蛇頭などの馳星周っぽいのを絡めた、ちょっと想像の上を行ってる話で、本屋で「うぁ~~こう来るんか」と。香港編("香港社会を裏で牛耳る人物"などお約束設定が出てくる)はゴルゴ並みに楽しんで読みましたが、中国本土はリアル追求されるとなんかシャレにならんです。
あのノリじゃチベット(ノルブ君解放交渉<笑>とか)はやってくれないだろうなあ。で、中国を舞台にした時事ネタ国際政争ドラマ(?)だと、やっぱ中央(北京)や上海が舞台にならざるを得ないのかも、と考えたり。確かにそっちのほうが面白いしなあ。

Posted by: うらるんた | 2004.04.27 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/411257

Listed below are links to weblogs that reference ごめんなさい:

« 停滞中 | Main | 「AERA」にカイラス山 »