« 買い物 | Main | 草津よいとこ一度はおいで »

2004.05.01

馬場崎研二チベット・タンカ展

DSCN03561.JPG ダラムサラから帰国した人たちに会いに上京。久しぶりです。
 それから大学時代の同級生とも合流、ダラムサラを拠点にタンカ(チベット仏画)を制作している馬場崎研二さんのタンカ展オープニングへ。

 思いがけず、トオル君アカネさんミツ先生……と、2年前にダラムサラで会った顔ぶれが揃いぶみ。昨日ダラムサラから帰国したばかりの面子もいるしで、「ここはどこ?」な気分に。会場にはケルサン・タウワ氏と教え子さんの姿もありました。
 あとは、背中に大きくサンスクリット文字の入った甚平着てる人とかタイのアカ族刺繍のベストを着込んでいる人などなんかそれっぽい風体の方々、デザイン関係や書籍編集者などアート系の人たちなど。馬場崎さんの交友関係の広さ、というか、ふぅん今(東京で)タンカに興味を持ってるのはこういう層の人なのか~、と考えたり致しました。
 それにしても東京は人が多くて疲労困憊(GWだから人少ないかと思ったのに……いや、普段はもっと多いんだろうなぁ)。ただまあそれでも、はるばる出て行くと得るモノもあるのかも、などとつらつら考えながら、最終の新幹線で帰って参りました。
 (戻ったら地元ではなんか仕事増えてるし……うぅ。)

|

« 買い物 | Main | 草津よいとこ一度はおいで »

Comments

フラ〜と行ってきました.ついでに本「異境」も買いました.

途中、古本屋で中学の恩師が「刊行会」の会長をやっている「新版・大分県植物誌」の古本を見つけ15000円(新本価格8000円)なりで買ってしまいました.散財したな〜

それから、右翼の街宣車とお祭りをやっている靖国道りを歩き、北の丸公園を散歩しました.高田の馬場の珈琲屋で「朝日新聞」を読んでいたら、なんと群馬県が日本で二番目に求人倍率が高いと書いていました.(一位は愛知県、これは判る)驚いたな〜

Posted by: 酔鬼 | 2004.05.03 at 07:01 PM

ついでに...
街宣車が憲法改正の気配を感じてか、与謝野鉄幹の「人を恋うる歌」を控えめに流していたのですが...
「妻を娶らば才たけて〜〜六分の侠気四分の熱」を「ロクブノキョウキシブノ」と歌っていましたが、「リクブ」ではなかったかと思ったりもしました.何方か(右翼につっこみを入れる、狂気も侠気もありませんが)ご存知でしょうか.

Posted by: 酔鬼 | 2004.05.03 at 07:23 PM

 研二くんの活躍は噂には聞いていましたが、20年以上前にダラムサーラで会ったときの風貌とかわらないですね。あのときに会っていたタンカを描いていたサキさん、それよりも前から描いていたタマキさん(ともに女性)はどうしているんでしょうか。いまじゃチベット語通訳もこなす飯田君など「継続は力なり」って本当ですね。

 「人を恋うる歌」ですね。私も歌ったことがあるようなないような昔の歌なので、「リクブ」かと問われると(もちろん漢語なので「リクブ」でしょうが)わかりません。それで検索したら、次のようなサイトがありました。
http://bunbun.boo.jp/okera/haho/hitowokouruuta.htm

Posted by: ichhan | 2004.05.03 at 09:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/524025

Listed below are links to weblogs that reference 馬場崎研二チベット・タンカ展:

« 買い物 | Main | 草津よいとこ一度はおいで »