« チベ友来訪 | Main | 「聖湖ナムツォ横断」に抗議 »

2004.06.28

詐欺のホンモノかニセモノか

新手のメール詐欺「フィッシング」拡大中

 メールを利用した新手の詐欺が日本でも広がり始めた。ポータルサイトや金融機関をかたり、偽のホームページに誘い出し、クレジットカード番号、ID、暗証番号をだまし取る。大手ポータルサイトのヤフーでは今月から、ホームページで注意を促す掲示を始めた。警察庁も注意を呼びかけている。
 フィッシングと呼ばれるもので、米国で昨年暮れから猛威を振るい始めた。被害額は12億ドルにのぼるという推定もある。
 最近日本で登場したヤフージャパンの決済サービスに使われるヤフーウォレットをかたったメールは、次のような手口だった。
 まず、システム利用料が引き落とされなかった旨を告げ、利用明細の確認を求める。次に確認手順として偽のホームページのアドレスを示してそこに誘導し、IDやパスワードを入力させるようになっている。偽のホームページは実物のホームページをコピーしたもので、専門家でも見分けがつきにくい。
 犯人側はIDやパスワード、クレジットカード番号などの個人情報をそっくり入手できるので、自分の口座に入金させたり、ネットショッピングで買い物をしたりすることができる。
 ヤフージャパンは昨年暮れ、フィッシングによる偽ホームページを発見、登録されていた会員約100人にパスワードの変更を依頼した。だが発見以前に犯人側が詐取していたIDがどれくらいあったかは分かっていない、という。
 ヤフーによると、ホームページのアドレスの真偽を見分けるくらいしか防止策はない、という。
 米国ではすでに、関連業界が反フィッシングワーキンググループを立ち上げ、犯行手口の収集、ユーザーへの注意喚起に躍起になっている。 (06/28 13:08)
mail.JPG これ!!
 この前届いたシティバンクからのメール「your Citibank account! [Sun, 27 Jun 2004 00:21:32 -0300]」(右の画像→)って、もしかしたらコレだったんか!?
 確かに、外国で現地通貨を降ろせるよう、シティバンクに口座を作ったよ私。日本での口座残高を凍結する手続きもして、もしかしたらその時メールアドレスも登録したかもしれん。でもネットバンキングはしてないし、なんで直接ダイレクトメールが届くんだろう、と不思議に思っていたんだよなあ。
 メール文面が全部GIF画像(どこをクリックしてもwwwに飛ぶ設定)になってたので、コピペしてウェブ和訳できず、辞書ひくのもめんどくさかったから、「なにか個人情報を更新しないとアカウントが削除されるってことが書いてあるみたいだが…」といぶかしく思っていたのでした。
 ちなみに飛んでいくはhttp://www.citi.com/domain/index.htmです。うーん、怪しげ♪ a href=タグは貼りませんので興味ある人はコピペして行ってみてください。送信元アドレスはuser-support31@citibank.com。なんかちゃんとしてるっぽいけど、メールアドレスは騙れるし、だからこそ詐欺っぽくも思える……。
 ホンモノの詐欺メールなのかそうじゃないのか、…というか『ホンモノの詐欺』って何だ(笑)。
 ……って大騒ぎして、「釣り(フィッシング)」じゃない公式メールだったら、私の釣られっぷりも相当なもんですね。すいません。

|

« チベ友来訪 | Main | 「聖湖ナムツォ横断」に抗議 »

Comments

有名人はうらやましいなあ、新聞で報道されたとたんに[釣り人]が来るなんて。僕もシティバンクのユーザですが、ゼエーん、ぜえーん無視されてる。恐いもの見たさがあるんです、僕も工学部出身ですから。
本家はこちらのようで city.com と citybank.com の違いしかない。
http://www.citibank.com/domain/index.htm
ドメインを co.jp にしてみましたが、こちらはないようですね。僕もメールアドレスなんか登録していない、もとの富士銀行のネットバンキングは登録したけど、自宅までお金を持ってきてくれる訳でもないし利用実績なし、MIZUHOになってうやむやになった。
やはりアメリカの方が進んでいますね。日本の理・工学部の学生諸君やフリーターはウイルスを作る時間がないのかなあ。
休み明けの会社のメールアドレスには203通のスパムが来ていました。リンカの方もなんだか,,,

Posted by: 酔鬼 | 2004.06.28 at 09:42 PM

>酔鬼さん
 やはり「釣り」だったですか!! 嬉しいような、送りつけてきた奴に腹が立つような…。
 その昔、「happy99」なんてウイルスメールが流行った頃(古!!)は、噂のウイルスメールがついに私にも届いた時には半年以上経って年号も変わっていたものでした。
 それにしても、ニュースで知る前に現物を見たのは初めて。それだけいろんな人にインターネットが浸透しているということか、私のアドレスが不用意に不特定多数に出回ってしまっているということか(反省)……。

Posted by: うらるんた | 2004.06.30 at 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/856443

Listed below are links to weblogs that reference 詐欺のホンモノかニセモノか:

« チベ友来訪 | Main | 「聖湖ナムツォ横断」に抗議 »