« 詐欺のホンモノかニセモノか | Main | おもてなしと顔合わせ »

2004.06.29

「聖湖ナムツォ横断」に抗議

 長田さんの「チベット式(6月29日)」より。
 せっかくなので「藏人文化网(チベタン・カルチャー・ネットワーク)」サイトの公開質問状を訳してみました。中国で教育を受けたチベット人知識階級(←中国的表現)が中国人(漢人)と中国政府に対して理論武装するための言葉を身につけていて、やるな、とニヤリとさせられました。
 辞書で確認してないところも多々あるので文法的にまちがってる所もあるかもしれません。試訳ということで大目に見てください。

 国家民族事務委員会
 国務院宗教事務局
 国家スポーツ総局
 西蔵自治区人民政府
 北京体育大学
 張健様

 現在、「蔵人文化網社区論壇(チベット人文化ネットコミュニティフォーラム)」(http://www.tibetcul.com/bbs)において、北京体育大学教師の張健氏によるチベット高原の聖湖「ナムツォ(納木措)」横断計画が論議を呼んでいる。このことは我々のウェブサイトも非常に重く見るところである。
 ナムツォはチベット自治区ナチュ(那曲)地区に位置し、チベット民族は代々にわたり「聖湖」として祀り、崇拝の対象にしてきた。チベット民族にとり、ナムツォは決して“世界の屋根ヒマラヤにある2番目に大きな塩水湖”などという簡単なものではすまされない。ナムツォは清寧、安祥で神秘性と悲哀に満ち、我々チベット人にとり重要な宗教活動場所のひとつであり、チベット民族が長年精神世界の追求を凝集し続けてきた場所であり、国内のみならず世界中の観光客と参拝者があこがれてやまない聖地である。例えそれが何者だろうと湖に敬意を払わないことは、チベット民族の精神信仰を軽んじ、踏みにじることなのである。チベット人として、「ナムツォ横泳」のような冒涜行為は、我々は決して受け入れることができない。
 自民族の感情と尊厳を守るため、また国家にとり容易なことではない民族団結・繁栄発展の好局面を守るため、我々「蔵人文化網(チベット人文化ネット)」は、このことに関心を持つインターネット利用者と信仰に生きる敬虔なチベット人大衆を代表して、国家民族事務委員会▽国務院宗教事務局▽国家スポーツ総局▽チベット自治区人民政府、北京体育大学――などの関連部門と張健氏本人に対し、こうしたチベット人の精神信仰行為に反する行為を直ちに取り消し、民族感情を傷つけることを避け、民族団結の破壊につながる事態の発生を未然に防ぐよう、強く要請するものである。
 張健氏はこれまでに多くの海峡横断に成功しており、我々はこれを尊重するものである。しかし、一人の教師、また中国56民族大家族の一員として、異なる民族の宗教信仰や生活習慣を尊重することを理解すべきである。昨年、まさにチベット人が神聖な青海湖の湖神が60年に一度現れるとみなすその年に、多くのチベット人同胞にはまったく経緯を知らされない状況下で、張健氏は青海湖を泳いで横断した。これは、チベット人大衆に対して極めて悪劣な印象を与えた。
 現在、張健は更にナムツォ横泳計画を試みている。過去の(青海湖を横断した)行為については、無知な人間が行なったことだと寛大に諒解し、この追及はしない。しかし、張健氏が現地の状況や事情を調査も理解もしないまま、再び独善的な考えに基づいた「ナムツォ横泳」を盲目的に推し進めるなら、我々は断固としてこれに反対し、今回は決して容認しない。
 これは、この物欲が横行し、個人の目的を実現するためであればどんな手段でも使うという躁狂な時代にあって、張健氏のナムツォ横断という軽挙は、個人の私利のために一民族の精神信仰を踏みにじることと引き替えに行なわれるものであることを前提としている。私利私欲を追う多くの人々は、自然や生命に対して払われるべき畏敬の念を喪失した。張健氏も、これまでの目的と関係なく、おそらく何度も波風に打たれ自然の脅威を感じたことがあったはずだ。我々は、張健氏がそれを理解できること、そのような畏敬の念と理性的な素質を備えもった人であってほしいと願っている。
 《中華人民共和国憲法》は、公民に宗教信仰の自由があることを定めている。国家の関連部門は、憲法が保障する信教の自由に基づき、張健氏のナムツォ横泳という無知な行為を阻止するべきである。一部の人間がほしいままに行動することを無視できず、チベット人民の民族感情を傷つけ、民族団結の好局面を破壊することは、国家と民族の健全な発展に不要な損失をもたらすものである。我々はここで改めて、張健氏に対し、聖なる湖を冒涜しチベット人の精神信仰と民族のプライドを傷つける行動を放棄するよう強く要求する。同時に我々は、国家の関係機関に対しても、聖地・聖湖を冒涜し、民族感情を傷つける同種の事件を再度発生させないようアピールするものである。
 ニュースメディアは、社会正義を発揚させるという神聖な職責を引き受けている。今回の問題は、民族団結と国家安定の維持保護に関して根本的に是が非かを問われているものであり、我々は関係メディアに対し、民族の宗教や風習を理解し尊重するという前提の下でこの種の事件を報道するべきであると訴える。社会正義と立脚点を喪失し、ただ一部の人、一部の団体のみの利益に与するための内容のない派手な宣伝を行なったり、甚だしきに至っては張健氏によるナムツォ横泳のような、有害な挙動を取り上げてもてはやすような報道を行なうべきではない。
 最後に我々は特に呼びかけたい。この件に関心を持つチベット人同胞すべては、理知的な心情と態度で、頭を冷静に保ち、憲法と法律の規定に基づいた正式なルートで、張健氏のナムツォ横泳という悪行が行なわれないように求めていくべきである。
 我々は今回の事態の今後の推移に、非常に強い関心を持っている。関係する指導部門及び張健氏本人がこの件に対し円満に解決できる対応をするよう望んでおります!

|

« 詐欺のホンモノかニセモノか | Main | おもてなしと顔合わせ »

Comments

翻訳おつかれさまです!
やっぱり英語で読むより、ずっとよくわかって助かります(^^;

藏人文化網、どれくらい影響力をもつもんなんでしょうね。
別の漢語の掲示板にも何カ所か転載されてました。

Posted by: 長田@tibet.to | 2004.07.01 at 10:29 PM

格調高い日本語訳ですね。
張健氏は【横泳】を止めたようですね。7月1日付
http://www.tibetcul.com/bbs/showthread.php?s=108f071361461abacf9e64b20d6a888c&threadid=1328
この BBS 美しい写真や動画のGIFなど、とても面白い

Posted by: 酔鬼 | 2004.07.02 at 01:22 PM

>長田さん
 いえ、自分で読んでて孤独な作業を1人でやってるのが虚しくなったので(^^; ついクセで「蔵族人」を(チベット民族でなく)「チベット人」としたり「我国中国」を単に「中国」としちゃいましたが、もっと中国っぽさを残して翻訳しても良かったかも。後で手直しするかもです。
>酔鬼さん
 翻訳中にそのBBSツリー見ましたが、単に「好消息!(グッドニュース!)」と1人が書いているだけで根拠がないな、と思って触れずにいました。今見たら「ソースがないと信じられない」「自分は信じる、政府はいつもこういうことは報道させないものだ」などの書き込みがあってちょっとまたニヤリとしました。真相はどうなんでしょうかね。

Posted by: うらるんた | 2004.07.02 at 05:34 PM

この BBS 結構チベットおたくが多いみたいですね。張健氏については何となく情報を得ているのかなとも。今日は(も、が正しい)暇だったので半日このページを見ていました。【藏传佛教】のセクションでは[パンチェンラマ10世、経歴では見事に肝心の部分が抜けていますが]や[カルマパ17世の誕生祝い、この中にダライラマ14世のメッセージがあったりする]のスレッドがあって意外でしたね。
また【歌舞世界】の中の投稿詩、うらるんたさんのように中国語をうまくは理解できませんが...

醉 卧 藏 乡(歌词)
有一种滋味
说不出来 让人心醉
有一支情歌
唱不出来 让人流泪
所有的河流默默无言
所有的雪花飘落祁连
青青草原 白云悠悠
哦 想你的时候 饮一碗青稞美酒
寂寞的时候 我醉卧天池源头

これなんか酔鬼子としてはいたく感動しましたぞ。ちなみに【酔鬼】は上海クーニャンに頂いた名前です。

Posted by: 酔鬼 | 2004.07.02 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/863400

Listed below are links to weblogs that reference 「聖湖ナムツォ横断」に抗議:

« 詐欺のホンモノかニセモノか | Main | おもてなしと顔合わせ »