« チベットにレール | Main | 少子化と参院選公示と男児突き落とし(脈絡なし) »

2004.06.23

三菱車の悲哀

 パジェロミニを2台乗り継いで足かけ9年。
 「車買おうと思ってるんすが」と同僚から相談を受けた上司が「三菱だけはやめとけ」と断言するのも聞き流し、「いまのこの車さえちゃんと最後まで走ってくれりゃいーよ、もうとことん乗り潰すしかないし」とリコール騒ぎも受け流していたところ、「半年点検(有料)のお知らせ」ハガキと「無料点検のお知らせ」封書が相次いで自宅に。
 ……「(ご迷惑と不安に応えて)無料点検サービス(致します)」ってお知らせ、4年くらい前にも受け取った気がするなー、何回同じ事やってんだ三菱、と激しくデジャビュに襲われつつ、無料でオイル交換してくれるというのでサービスセンターに車を持っていきました。
 「このハガキと封書、点検内容は違うんですか」と尋ねたところ、「無料点検は外観チェックのみですけど、有料の定期点検は開けて内部まで見ますので、安心を求めるのであれば有料をお勧めします」との返事。
 おーよ、安心!! それがいま一番てめーに求められておるんじゃい!! つーか何か、その言い方では無料点検では決して安心できないということにはならないか!? ということで有料点検を頼む。
 それにしてもここ数年は走行距離もフツーになったし、高速でアクセルべた踏みして110kmとかのムチャな走り方もしてないし、軽くぶつけたりぶつけられたりはしたけどエンジンはフツーに動いてくれてるし。てっきり「OKです、車検もよろしく」と言われて終わるものと踏んでいたのですが。

 「お客様のパジェロミニなのですが、オイル漏れがありまして、エンジン内部の修理が必要になります。開けてみないとわからないのですが、故障の部位によって部品の交換をしないと…。オイルの飛沫を被ってしまっているとタイミングベルトが劣化している可能性もありますのでこれも交換が必要になります。予算的には8~9万円くらい必要になるかと……」
 9万~ん!?
 「えーと、車は必要なので、修理してもらうにも代車とか…」
 「今週末ならご用意できるかと思いますので」
 「今週……あの、半年後に車検なんですけど…」
 「このまま半年というのはちょっと……大丈夫とはいえないです。できればすぐに」
 えええ!! そんな重症なんですか。
 ……エンジントラブルは怖いです。高速道路で走行中突然エンジンが止まり、何の反応もしなくなったあの時の恐怖が甦ります。同時に、「エンジン分解修理で15万」と言われ、10万かけて車検を通して数カ月しか経ってなかったばかりに『別の車を買うよりは安いか』と修理するほうを選び、以来、修理→走る→壊れる→修理→走る→壊れる→修理のドツボにはまった暗黒の記憶も甦ります。
 ここで9万掛けて修理したら本当にこれからちゃんと走ってくれるんでしょうか。再びあの貸し剥がしみたいな、最初に払った修理代がもったいなくてまた修理してしまうような悪循環に陥ることはないんでしょうか!? 信頼できない車を運転して、「目的地までエンジン止まりませんように」と念じながら走るのはもう絶対イヤ……(←相当トラウマになってる)。
 この車にもかなり無駄な金を使ったよなあ(ドアへこませて修理に20万とか)、と思い返しつつ、もうこの際これを機にスッパリ別の車に乗り換えるべきではないかと思ったり、イヤ待てよ、今どこに持ってったって三菱車に下取りの値段なんかつかないんじゃないか、だから「乗り潰そう」と思ってたんじゃないか、と我に返ったり。
 ……どうしてくれよう、修理。夏のボーナスはDVDレコーダーでも、と思ってたというのに!
 三菱車の悲哀はまだまだ続きそうです。

|

« チベットにレール | Main | 少子化と参院選公示と男児突き落とし(脈絡なし) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/822209

Listed below are links to weblogs that reference 三菱車の悲哀:

« チベットにレール | Main | 少子化と参院選公示と男児突き落とし(脈絡なし) »