« 「チベタン・スマイル2004」その1 | Main | 三菱車の悲哀 »

2004.06.22

チベットにレール

チベットに初のレール敷設 中国、青蔵鉄道建設進む
map0621.JPG

 【北京22日共同】中国政府がチベット自治区開発のために2007年7月の開通を目指して建設を進める「青蔵鉄道」のレールの敷設式が22日、同自治区北部アムドで行われた。チベット自治区でのレール敷設は初めて。
 同鉄道は標高5、072メートルの「世界最高地を走る鉄道」。中国中央テレビは、開通すれば「チベットの経済、社会発展や民族の団結強化に大きな意義がある」と報じた。
 同テレビによると、標高約4700メートルのアムドでの敷設式では、ジャンパー姿の劉志軍鉄道相の掛け声とともにクレーンでつり上げたレールが地上に降ろされた。
 青蔵鉄道の第1期プロジェクトは青海省の西寧-ゴルムド間(814キロ)で1984年に開業。第2期のゴルムド-ラサ間(1142キロ)は、中国政府の内陸重点開発プロジェクト「西部大開発」の柱の1つとして01年6月に着工。総投資額は262億元(約3400億円)を予定している。(共同通信)
 ※写真は「人民日報」(6月21日「青蔵鉄路長江源特大橋舗通<青蔵鉄道建設で長江源流に超特大鉄橋>」)から持って来ちゃいました

 「未開の土地チベットに(我ら漢人の手で)いよいよ文明が」みたいな書かれっぷりがそこはかとなくムカつきますね(偏見)。あ、共同通信の文章は基本的に新華社通信を翻訳してるんだろうと思うんで念のため。ま、日本でも、沖縄(鉄道も高速道路もなくて、最近高速道路が建設された)や鳥取(県庁所在地に唯一高速道路が通ってない)とか九州新幹線開通に際して同じようなニュアンスの言及を感じることがあるので、彼我に大した差はないと言うべきかも知れませんが。

|

« 「チベタン・スマイル2004」その1 | Main | 三菱車の悲哀 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/836496

Listed below are links to weblogs that reference チベットにレール:

« 「チベタン・スマイル2004」その1 | Main | 三菱車の悲哀 »