« ニュースの季節 | Main | 地球のうた »

2004.08.23

外野からのオリンピック

 開会式も終わってもうあまり書く気はなかったんだけど、オリンピック雑感など何点か。
 毎日、朝起きたら「○○選手がメダル!」とニュースが踊っているここ数日、凄いなあ、と単純に驚いてます。「なぜ日本は強いのか」って、そりゃ個々の選手本人の努力が実ったんでしょうよ、「日本が」頑張ったわけじゃなく頑張ったのは選手だよ、と言いたくなったり、金メダルが当然のような一種異様な雰囲気のなかで敗退した柔道選手の父親が、テレビカメラや応援団の前で「期待に添えず申し訳ない」と土下座までした姿に、何か苦い物飲み込んだ気分を味わい関係者のプレッシャーを思ったり、まあいろいろ考えさせられます。
 コイン形の模型を積み上げるNHKのパフォーマンスもあまりいい気持ちがしないんですが、それでもいくぶんホッとしているのは、主に日本の過去の記録が比較対象になっていて、他国と比べてメダルの数が多い少ないという報道にはなっていないこと。ま、米国や中国とはダブルスコアで競争になってないし、人口も選手層も環境も体制も違うから当然といや当然なんですが、良かった。選手個人の努力の積み重ねの結果であって重みも価値も1つ1つ異なるメダルが、単に数値として比べられるのには耐えられないので、「あと○個取れば○国を抜いて世界一になります」とかはやってほしくないんで。中国じゃ「我国がメダル競争で美国を1つ上回りました」とかやって国民感情煽ってそうだけどな…。(と書いてる横で日本テレビの番組が日中韓のメダル数を比べて日本を持ち上げてた……やるなよ)
 応援席も楽しいです。日本からの応援団が少ない競泳の予選で、選手団がそろいの振り付けでパフォーマンスしてるのも良かったし(選手村で応援の練習もしたらしい!)、「マグロ一筋」のオリジナルTシャツもイイぞイイぞと思ったし、男女サッカーには浴衣姿が目立っていい感じだったし。日の丸ハチマキに「神風」「大和魂」てのは、やりすぎるとヤバ気なものを感じましたが。そういえば、金銀の羽織(?)に金色の山高帽、派手な扇子で1人踊るおじさん(テレビから映りそうな席に陣取る目立ちたがりの名物一般人らしい)には、見てはいけないものを見てしまったような気も……。あまり恥ずかしい格好はしないでほしい、と思ったわけですが、オーストラリア選手の応援席が映ったら、体を緑と白に塗り分けカツラを被り、角のついたかぶり物をつけた集団が奇声を発していたので(笑)、どの国にもいろんな人はいるもんだとちょっと安心したり。
 今回あまりオリンピックで不快な気持ちになってないのは、アナウンサー絶叫系の中継やタレントが騒いでるだけの番組が減ったからか、「主役」となる選手がたくさん生まれ、特定の選手に話題が集中していないためか。そもそもあまりテレビ中継を見ていないしな。
 ……とダラダラ書きましたがここまでが前振り(すいません)。
 中国は大丈夫なのか、という話題です。
 先日話題になった、アジア杯での日本に対するブーイングは、取り上げられ方にも日本の反応の多くにも日本政府のコメントにも中国の反応にも、なんか多方向にすっきりしないものを感じてはいるんだけど、うまく整理できてません。単純に「中国人はなってない、サイテー、遅れてる」とも思えないけど、「日本はバッシングされるだけの理由があることを自覚すべき」なんても思えないというか。
 ただ「愛国心」と「特定の国攻撃」は違うはず。スポーツの応援として最低限のマナー(グラウンドにごみを投げない、負け試合でも最後まで観戦する、スタジアム外で暴動を起こさない)は必要だろうし、ホスト国を務めるならボランティアを含め一般市民を巻き込んだ対応が必要になるでしょうね。
 いまさらちょっと不安になったのは、以下のコラムを目にしたからでした。アテネ五輪の女性特派員が現地から書いているコラムだそうです。「eico」は記者の筆名だと思う。
 [前線コラム]アテネ五輪前線記者eico:「日本の国技」

[前線コラム]アテネ五輪前線記者eico:日本の国技
 2人はもつれあい、1人はもう1人の体の上にしっかりと覆い被さっている。じわじわとうごめき、力を使い果たした彼女の両手をつかみ屈服させ、彼女の太ももと尻を引き倒し、命がけで押さえつけ……
 おいおいおい、よだれと鼻血を出している読者の皆さん、これはポルノ小説の冒頭部ではありませ~ん! 先に拭いておいてね!?
 告白します。あらゆるスポーツについて私は畏敬の念を抱いていますし、あまねくスポーツ選手に対して私は尊敬する気持ちを持っています。どんなスポーツ競技も、すべて多くの人がたくさんの艱苦と汗水と引き替えにしてきたもの。いかなるスポーツであっても、故意におとしめるような評価をすることなどできないと思っています。
 しかしです……女性、それはいつも心を喜ばせ目を楽しませるものにより魅力を感じるもの。これって本性でしょ。
 というわけで、私には、どうしてこれほど分かりづらくみっともないスポーツが堂々とオリンピック公式種目に選ばれていて、しかも1つの相当重要な競技種目として認められているのか、どう考えても分かりません。
 女子柔道78キロ級決勝に負け、会場に入り目を向けると、全員が日本人。膏薬の旗を振り回し、日本の国歌を歌い、さらにひどい人になると、日本の芸者みたいに扮しているようで、顔は真っ白く、真っ赤に口紅を塗り、パタパタと音のする下駄で館内をむやみやたらと走り回っている。別の者は滑稽な道化者の帽子をかぶり、頭を揺らすたびに鈴を鳴らして一人で悦に入っている。一組の老夫婦がいて、伝統的な和服を着て、普段自分の家の畳の上で座ってるのと同じように、姿勢正しく観客席に座っている。
 認めておくと、私は過激なほうです。そのいわゆる「一衣帯水」と言われる隣国に対して、いささかの好感も持ってません。この日本の国技とされる柔道競技について、ことさらにあれこれ目障りなものを見たのでした。
 しかしそれにしてもオリンピックは全世界の人民のスポーツの聖典であり、全世界の人民の前で披露されるもの。だったら、私たち大多数の観客の審美眼に合致するような種目を捜してこれないもんなんでしょうか?
 たとえば飛び込み。水に入った瞬間、しぶきは花びらのように跳ね上がり、選手は藍色のプールに消えていく。たとえば体操。地面の上に、器具の上に、優美な体躯がの伸び広がる。たとえば陸上競技。銃声が鳴り響くと、チーターのようなたくましく敏捷な影がコースの果てに消えていく。例えば、例えば……。……どの種目と比べたところで、2匹の肉虫がケンカしてるようなのに比べれば、どんなに美しいか分かるってもんじゃない?
 優劣だって、いろんな表現方法で決めるべきでしょう。そうじゃない?
  (編集 雨)(※原文中国語。試訳はうらるんたなので間違い勘違い等ありえます)

 まあ、若い女性がぶっとんだことを書くのをウリにしているコラムのようですが(別の回では泊まっているホテルがいかに狭くベッドが小さいかということをひたすら書いていた)、特派員がこのレベルだと他は推して知るべしというか何というか(日本の国技って一般的には相撲だったよね!?)。さらに、こういう内容のコラムを期待して、喜んで読む中国人が一方にいるんだろうな、ということにも、いやーな気分になったり。「産経抄」読んでるのと同じ気分(あれも精神的ダメージ受ける…読んじゃうけど)。
 15年以上前であればすべての記事媒体が政府の統制下にあったので、政府批判の記事も載らなかったけれど、政府の政策にそぐわない記事も載らなかった(中日友好が政府の方針であれば日本批判は載らない)。なんでもアリになったことは喜ぶべきなんだろうけど、「自浄作用」のようなものがあるかというと、謎だなあ。

|

« ニュースの季節 | Main | 地球のうた »

Comments

膏薬で固めたようにべとべとした日本人の群れは僕も嫌いですが、重量級だとなかなか【一本】とか【技あり】では決まりませんね。【念仏のような歌、と言って欲しかった】日本の国歌はあまり好きではありませんが、膏薬の旗(が日の丸だとして)は好きなんだけどなあ~。

それにしても女子飛び込みは中国のお家芸ですね。しかしシンクロナイズドスイミングで中国は目立たない。

まっ、格闘技【寝技】で日本の女性が強い間は日本も大丈夫、どうせ日本の男は三級品、日陰ものだし~。

Posted by: 酔鬼 | 2004.08.24 at 12:01 PM

 「膏薬の旗」は原文が「膏薬旗」なんですが、慣用句とも思えず、「クスリ屋の宣伝みたいな派手な旗」なのか「膏薬を貼りつけたようなデザインセンスのない旗」なのか、意図を汲みかねました。中国人でないと分からない例え(それもけなす意味合いでの)なのかな。
 軽量級や重量級でも男子100キロ超級の試合なんかを見れば「床の上をのたうち回るだけで肉虫が喧嘩しているよう」という感想が出てくるとは思えないんだけど…ま、人の感想は感想なんで。
 柔道に関して言えば、対戦相手(見ていたTVニュースに映った相手だけですが)がモンゴル、カザフスタン、キューバ、フランス、オランダ、ドイツ……など非常にバラエティに富んでいて、裾野の広いスポーツなんだと改めて思いました。
 韓国や中国では自国の伝統武道があるからあえて柔道をやらなくてもいいんでしょうね。というか、柔道ってそもそもがスポーツというより「○○道」なわけで、「まず神棚に一礼」から始まる、日本人的な精神論と切り離せないもののよーな気がする。どんなもんなんでしょ。

Posted by: うらるんた | 2004.08.24 at 01:15 PM

メンソレタムの丸い缶(赤色)のようなものを想像し、文脈から日の丸かなと思いました。
78kg 級の決勝戦は阿武選手と中国のXia Liu、決まり手は袖釣込腰一本のようで、78kg超級が後袈裟固と言う変な寝技ですね。
コラムなんかでは週刊誌的にアイロニカルに論評し、いかにも高所から見ているような表現法が一つのスタイルとしてあるように思います。
産経抄では【人間的な料理のオムレツでも】と言うような表現(よく読むと日本語になっていない、人の形をした【料理オムレツ?】か)、曖昧で責任を取らなくて良いようなスタイル、オムレツでもの【でも】が輪をかけていやらしい、があるように思います。
問題の記事ははっきり日本が嫌いと言ってのことですから、案外、素直な悔しい思いを妙にややこしく表現しているだけかもしれないし… 春秋の筆法というのもあったけど、あれは男性の感覚か。

オリンピックの報道はもう【擬似戦争】の勝利報告ですからニュース記事と違い、事実を淡淡にというわけにはいかないのは多少しょうがないか。選手が君が代を声を出して歌っているかといった批判も、こう金メダルが多いと永田町あたりの愛国者筋から出てこないし…

M新聞の某女性記者による五回連載署名記事、のような場合となるとこれはもう立場がまったく違うのか、と某記者に聞いてみたいような気もします…

僕ら下司にとっては監督またはコーチと女性選手と恋愛感情にも似た怪しい関係のほうが面白い。マラソンのQちゃんとひげの監督とか、古賀監督に飛びついた柔道の選手(誰でしたっけ)レスリングの浜口親子など。女性選手ががんばって努力するには国家とか国旗といった抽象的なものより、より具体的に愛し、褒めてもらえる対象が必要なのではないかということです。その限りにおいてパッシブな存在のようにも思えます。谷亮子選手とっても、夫の前での勝利のほうが喜びがより大きいのではないでしょうか。

僕の文章も素直じゃないなあ。膏薬の旗については某中国人に問い合わせ中です。

Posted by: 酔鬼 | 2004.08.24 at 03:25 PM

軟膏旗:
あの言い方は、当時日本軍への反感から生まれたものです。昔中国に四角形で、真ん中が丸い黒い薬が貼ってある湿布がありました、何となく日本の国旗に似ています。
最近中国側の過激派は目立ちますね、このままじゃ四年後は嫌な雰囲気になりそうですね、だけどあの人達は決して主流ではないと思います。これからの日中関係はどうなるか?
複雑すぎるよ!

と、中国の友人(元W大留学生)からの返事です。ちょっと外れたけど…

Posted by: 酔鬼 | 2004.08.24 at 06:59 PM

ついでに毎日新聞【余禄】 中国の牛乳消費量が急激に伸びている…
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/shoku/news/20040824ddm001070120000c.html

Posted by: 酔鬼 | 2004.08.24 at 07:10 PM

>酔鬼さん
 「膏薬旗」、勉強になりました。なるほどなあ。そんな言い回し、知る機会ないですもんねえ。お知り合いの方にもお礼を。ありがとうございました。
 中国の乳製品摂取量に関しては、昨日たまたまこんなサイト見ていました。個人のブログですがなかなか興味深かったです(「余禄」の論旨に関するコメントじゃなくてすいません。というか何もコメントしようも…つまらないオチだし)。
http://sao-paulo.cocolog-nifty.com/top/2004/06/post_43.html
中華料理の材料にもともと乳製品はなかった、と言われると、ほほうそうだっけ、と新鮮な指摘を受けた気がします。「青梗菜のクリーム煮」など好んで注文しますが、そういえばあのメニューは金沢・片町の創作中華料理店で初めて知ったのでした。

Posted by: うらるんた | 2004.08.25 at 03:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1257002

Listed below are links to weblogs that reference 外野からのオリンピック:

« ニュースの季節 | Main | 地球のうた »