« アテネ五輪で抗議活動 | Main | 大仏居酒屋 »

2004.09.04

西チベット未踏峰に初登頂

西チベット未踏峰に初登頂 西チベット登山隊が成功

 日本山岳会関西支部の関係者に4日までに入った連絡によると、同会のメンバーでつくる「西チベット学術登山隊」(大西保隊長)が中国・チベット自治区の未踏峰パチュムハム(6、529メートル)の登頂に成功した。
 パチュムハムは中国とネパールの境界付近にある未踏峰で、登頂したのは大西隊長ら隊員7人とシェルパ2人の計9人。現地時間3日午前5時15分に中国側にあるキャンプ(5880メートル)を出発、午前10時ごろに登頂した。天候は快晴だったという。
 登山隊はチベット探検家として知られる仏教学者河口慧海(1866-1945)の足跡調査を兼ねていた。
(共同通信) - 9月4日11時16分更新

 参考リンク:日本山岳会関西支部70周年記念事業 日本山岳会関西支部西チベット登山隊・河口慧海チャンタン足跡調査隊 現地リポート

|

« アテネ五輪で抗議活動 | Main | 大仏居酒屋 »

Comments

1984年秋、大阪山の会の大西隊長にはネパールのゴーキョ(ナムチェから一日行程)で会いカトマンドゥまでの帰路、登山隊の飯をただで食わせてもらった一宿一飯の恩があります。

この年中国は胡燿邦総書記が各界の3000人の日本人青年を国慶節にあわせて招待。そのため一般人には香港国境を閉ざしていまいました。やむを得ずネパールで時間待ちをした結果彼らに逢ったわけですが、この頃から日中交流が活発になりましたね。(たしかこのお返しとして日本政府は中国人留学生の受け入れを表明、数十万の中国人を受け入れる羽目(?)になりました、しっかり中国は元を取りますね。)
ネパールから香港に戻り中国に入りましたが、偶然成都でチベット帰りのドイツ人に会いました。11月のチベットの寒さを聞きチベット入りを諦めましたが、このときチベットに入っていたらと今悔やんでいます。僕がチベットに入ったのはそれから10年後です。

当時彼らがチベットを狙っていた様子はありませんでしたが【学術隊】で西チベット入りすると知っていたら、もっと仲良くしておけば良かったと、これまた悔やまれるところです。

そんな、こんなで何ともおめでたい、バージン・ピークはまだまだありますね(長いコメントでごめんなさい)。

Posted by: 酔鬼 | 2004.09.08 at 04:12 PM

 出発前、関西には面白い人たちがいる、慧海のルートを辿るんだ、チベットにはまだやり尽くされていないことがある、それにまだ隊員を募集しているんだ、……というような話をどなたかが話していました(誰から聞いたんだったか……記憶力が曖昧で申し訳ない)。それでこの登山隊のニュースは気になってたんですが、関西では流れるようなんですが、関東地方では目にすることができませんでした。酔鬼さんの縁のある方なんですね、チベットは(世の中は)せまいものです。

Posted by: うらるんた | 2004.09.09 at 05:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1353863

Listed below are links to weblogs that reference 西チベット未踏峰に初登頂:

« アテネ五輪で抗議活動 | Main | 大仏居酒屋 »