« パソコン壊れる | Main | チベットの「ゴージ・ベリー」 »

2004.09.29

「アジアのヒーロー2004」/TIMEasia

 International Campaign for Tibet(ICT)からのメールが転送されてきたのでご紹介。

The Dalai Lama is one of 20 finalists in TIME Asia's 2004 Asian Heroes contest. He is currently in second place in the voting, behind Aung San Suu Kyi, but ahead of a number of Chinese "heroes" such as the first Chinese person in space and that guy who won a gold medal in track this summer.
Anyway, you can still vote for HH in the second and final round. Just go to:
http://www.time.com/time/asia/2004/heroes/
and click the little circle next to His name.
The finalist will be announced in TIME's 2004 Asian Heroes special website on October 4, 2004.
Thanks -
Kelley Currie
Director of Government Relations
International Campaign for Tibet

(訳文) ダライ・ラマ法王はTIMES誌アジア版2004のアジアのヒーローの20人のファイナルリスト(候補リスト)に入っています。アテネオリンピックの陸上競技で金メダルをとった中国人や中国人で始めて宇宙に行った人など複数の中国人のヒーローもリストに入っています。ダライ・ラマ法王は現在、アウン・サン・スーチー女史の次いで、2位になっています。
 法王に投票したい方はこちらのサイトで法王の名前の所にマークをつけてvoteをクリックしてください。
 http://www.time.com/time/asia/2004/heroes/
 結果は10月4日にTIMES誌2004年アジアヒーロー特別サイトにて発表されます。(訳:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所)

 日本からは横田早紀江さんただ1人が候補に上がっています。金大中やコラソン・アキノ、シャウカット・アジズは入っているけど小泉純一郎は入らない。そしてイチローでも松井でもなく横田早紀江さん。なるほど、と思うような意外なような。
 中国、インドからは4人ずつノミネートされていて、環境保全家、ナチュラリスト(Liang Congjie/中国)とか、やはり自然保護活動家らしい「Fighting to save the Narmada river valley(ナーマダ渓谷を守るために闘っている?てことだよね?)」(Medha Patkar/インド)とか、寡聞にして知らないヒーローがたくさんいるんだなあと思いました。イラクやアフガニスタンなど今年焦点となった紛争地からは1人も選出がないんですが…中東・中央アジアは枠外なのかな。アジア版とはいえ欧米の雑誌だから、「欧米人から見て『活躍した』と思う」という視線が入っているのかな、どうなんだろう。
 2003年版を見たら、「SARSと対決した医療関係者たち」というのが選ばれていました。

 (30日追記)
 uzo(宇田有三)さんのblogで言及して頂いた(固定リンクはここでいいのかな?)のでTBしてみました。
 uzoさんの記述によると、在日ビルマ人の間からも「Ms. Aung San Suu Kyiに投票しよう!」という呼び掛けが各方面に回っているそうです。
 「TIME asia」のサイト、1票を投じると次の画面で集計結果が見えるようになっていて、私がクリックした時は、投票の47%くらいが女史、42%くらいが法王で両者がダントツ、後は0.7%とか0.5%の微々たる数字になっており、どうしてこんなに投票結果が偏るんだろう、それにしても女史すごい人気だな、と思ったのですが、やはり投票を呼び掛けるキャンペーンがあったのですね。
 そして、「ビルマ」といい「チベット」といい、時としてその単語を口にするだけでさえ配慮が必要になる響き、というか、現地ではその言葉を堂々と口にできない響き、というか、……うまく書けませんけど、一生懸命に「投票して国際的にアピールしましょう」と呼び掛ける在日ビルマ人の心情と、チベットハウス(法王事務所)のチベット人の心情に、何かとてもよく似た切ないものを感じて、なんとも言えない気持ちになったりしております。

|

« パソコン壊れる | Main | チベットの「ゴージ・ベリー」 »

Comments

 なんかトラックバックが文字化けしてますな~。
 こちらから張り返してみたら、ちゃんと表示された。
 なんでなんやろね~?

Posted by: ウダ | 2004.10.01 at 10:13 AM

>ウダ様
 TBして激しく文字化けさせました、すみません。
 ところで、チベットのことを話題にする時、「チベット」というか「中国」というかなどいろんなところで政治的配慮が出るなぁと感じるんですが、チベット人自身にとってチベットは「Bod(プェ)」だったりします。在日ビルマの人たちが自らを「ミャンマー人」とは言わず「ビルマ人」と名乗るのも同じようなもんか、と思った訳なのですが、実際にはビルマ(ミャンマー)でも、現地の人はBurmaだのMyanmarだの言葉の使い分けにはまったく関係なく自国を呼んでいて、そんなものは外からの枠付けにしかすぎなかったりするんでしょうか。

Posted by: うらるんた | 2004.10.01 at 10:52 AM


 うらるんたさま、

 あれ?2重ポストかな?(だったら、ごめんなさい)

 「ビルマ」か「ミャンマー」か、に関してですが、この場合、
 ビルマの人の立場と日本の人の立場は異なるのです。以下、
 ツラツラ、と。


<「ビルマ」と「ミャンマー」の国名表記に関して>

 1989年6月、当時の軍事政権は、英語の国名を「ビルマ」
 から「ミャンマー」に変更した(国連に届けている国名)


<ビルマ語の特殊性>

 ビルマに滞在した、あるいはビルマ語を学習した人は周知のこと
 だが、ビルマ語には「文語表現」(書き言葉)と「口語表現」
 (話し言葉)がある。

「ビルマ」という呼び方は口語表現、「ミャンマー」という呼び方
 は文語表現である。今でもそうである。

 ビルマの現事政権が、この国は昔から「ミャンマー」と呼ばれて
 いたと言うのには、この「文語表現だけ」を採用しているに過ぎ
 ない。


<「英語」の「ビルマ」と「ビルマ語」のバマー>

「英語」で「ビルマ」を指すは、「バーマ」と呼ぶ。
「ビルマ語」で「ビルマ」を指す時は、「バマー」と呼ぶ。
 
 この「バーマ」と「バマー」の区別ができずに、混乱している
 場合がある。 


■ビルマ(人)の場合■

 ビルマの人が、なぜ「ミャンマー」を使わずに「ビルマ」という
 名前を使いたがるか。

(1)今の軍事政権は国民の総意に基づかない正統性のない政権
    であり、その正統性のない政府が国名変更をするのはおか
    しい。

(2)英国からの独立時、ビルマ族以外の全民族(カレン、カチン、
シャン・・・など)を含めた国名を「ビルマ」と総称して
いた。今のその政府はその伝統を無視している。


■日本語の場合■

 日本国内では、日本語で「韓国」を「韓国」と呼んで、英語名
 の「コリア」と呼ばない。中国を「チャイナ」と呼ばない。

 反対に、中国国内では、中国語で日本のことを「リーベン」と
 呼び「ジャパン」と呼ばない。スペイン国内では、「ハポン」
 と呼び「ジャパン」と呼ばない。

 たとえ、「日本」の英語呼称が「ジャパン」であっても、それ
 ぞれの国は、それぞれの伝統に従って、「日本」を表現する。

 だから日本国内では、日本語で「ビルマ」を「ビルマ」と呼ぶ方
 が普通であり、わざわざ英語の呼び方である「ミャンマー」と呼
 ぶのはおかしい。

 
 さらに、日本語で使うビルマという国名はもともと、オランダ語/
 ポルトガル語から派生したものである(英語からではない)

ビルマ軍事政権が、"Burma" → "Myanmar" と「英語表記」を変え
 たからといって、どうして「ビルマ」→「ミャンマー」と変える
 必要があるのか。


 他の国のことを呼ぶ場合に、「現地で使われている呼び方(現地
 主義)をとるのがふさわしいのでは」という議論がある。それは
 それで、ひとつの立場であるが、日本国内ではそれはあてはまら
 ない。

 では、日本では「英国」のことを普通、UK(あるいは、グレート
 ブリテン)と呼ぶだろうか。日本語の呼び方に従って、単純にイギ
 リスと呼ぶだろう。

 アメリカをUS(ユーエス)、STATES(ステイツ)と呼ぶ
 だろうか。単純にアメリカと呼ぶだろう(個人的な経験だが、
 アメリカ本土以外であった米国人に、「どこからきた?」って聞
 くと、ほぼ100%の割合で「ステイツ」から「ユーエス」から
 来たと答える)


 私たちは、否が応でも(結果的に)政治的な立場をとらざるを
 得ないことがある。
 
 今のままで「ミャンマー」と呼ぶ人が増え、「ビルマ」と呼ぶ人
 が少なくなれば、そのまま日本語として「ミャンマー」が定着し
 ていくという現実がある。

 それは、結果的に、今の軍事政権の呼称変更を認めたことになり。
 それは(少々大げさだが)、ビルマの人にとっては、民主主義の
 手続きである選挙の結果を無視した今の軍事政権の正統性をも認
 めたことになる。

 実際、ビルマでは今、政府が国民に「ミャンマー」使用を強制し
 ているため、口語表現でも「ミャンマー」を呼ぶ人が徐々に増え
 始めている。

 だからこそ、あくまでも政治的に中立になろうと考えれば、この
 場合、日本語を使う人は、日本語の伝統に従って「ビルマ」と呼
 ぶのが適当ではないかと思う。

 
 私も、英語やビルマ語でこの国を呼ぶ時、「バーマ」を使ったり
 「ミャンマー」を使ったりします。でも、ビルマ人に知り合いが
 多いので、結果的には「バーマ」が多いですけれど。


<ではなぜ? 日本は「ビルマ」を「ミャンマー」と呼ぶように
なったのか?>→ここが、ややこしいんやな~。

 詳しくは私のウエブサイト↓を参照してください。
 ビデオとデジカメの記録係は、http://www.uzo.net/notice/quo/b_m.htm
 

 ↑日本政府は、実は、ちゃんと説明していない(笑)
 
 ウダ

Posted by: ウダ | 2004.10.02 at 12:37 AM

>ウダ様
ありがとうございました。口語と文語で、両方現地の言葉ではあるんですね。

さて「アジアのヒーロー2004」、投票結果が出たのを見ると、1位はアウンサンスーチー女史、2位はものすごい追い上げを見せた(?)マレーシア副首相が入っております。法王は第3位でした。

Posted by: うらるんた | 2004.10.06 at 09:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1547205

Listed below are links to weblogs that reference 「アジアのヒーロー2004」/TIMEasia:

» TIME誌「アジアのヒーロー2004」 [あほケツな日々]
TIME誌のホームページで2004年アジアンヒーローのオンライン投票を行っていま [Read More]

Tracked on 2004.09.30 at 12:02 AM

» TIME誌「アジアのヒーロー2004」 [あほケツな日々]
TIME誌のホームページで2004年アジアンヒーローのオンライン投票を行っていま [Read More]

Tracked on 2004.09.30 at 12:04 AM

» < 時代を超えて > [Yuzo@Maverick]
 9月30日(木)  苦しくなり、4時過ぎに目が覚める。台風は、完全に去ったよう  だ。窓を開けて外を眺める。星がきらめいている。街の明かりが  キラ... [Read More]

Tracked on 2004.10.01 at 10:10 AM

« パソコン壊れる | Main | チベットの「ゴージ・ベリー」 »