« 「アジアのヒーロー2004」/TIMEasia | Main | 裏ルンタせっぱ詰まってます »

2004.09.30

チベットの「ゴージ・ベリー」

セガール氏が健康食品発売 人気俳優、米国や日本で

 【ニューヨーク29日共同】映画「沈黙の戦艦」などで知られ、日本でも人気のアクション俳優スティーブン・セガール氏は29日、栄養価が高く、老化防止に効くという健康食品「ピュア・フォース・エナジー・バー」を来年1-3月期に米国や日本など世界7カ国で発売すると発表した。
 発表によると、棒状の健康食品はベータカロチンやアミノ酸を含み、豊富な抗酸化作用を持ち免疫力を高める効果があるゴージ・ベリー入り。さらに鉄分やビタミンなどを加えた。味はチョコレート・ファッジとチョコレート・ピーナツバターの2種類。
 セガール氏は1960-70年代に日本や中国・チベット自治区に在住。自分の道場を構えるなど武道に傾倒する一方、老化防止に効く食品を探した。チベットでゴージ・ベリーに出会い、健康食品を開発したという。
(共同通信) - 9月30日9時46分更新(共同通信のサイトでは見あたらなかったのでYahoo!Newsから引用)

 映画というより「トゥルク(化身ラマ、活仏)に認定された」ということでその筋には有名なスティーブン・セガール氏であります。60~70年代に中国チベット自治区に在住、というのは本当ですか!? 59年ラサ民族蜂起(中国側は"動乱")でダライラマ14世亡命の直後、共産党と人民解放軍ががんがん入り込んできて「赤いチベット」が喧伝された時代に居合わせたのか、文革(1966~1976)のまっただ中で打ち壊されるチベット仏教寺院を目撃してるのか。スゴイです。それ本当なら時代の証人としてもっとチベットのことを語ってほしいです。
 「チベットで出会ったゴージ・ベリー」というのも謎。「ゴージ」はチベット語でしょうか。語感が近い、というと紅景天(ホンジンティエン)くらいしか思い浮かびません(中国語だけど。しかも1音も合ってないし)。

 (追伸:10月2日追記)
steven.JPG コメントで教えていただいた画像がとてもシュールだったので貰ってきてしまいました。コメント欄には画像をアップできなかったのでここに。パルコルが異空間と化してる~!!
 ありがとうございました>あさださん そのほかはコメント欄に。

|

« 「アジアのヒーロー2004」/TIMEasia | Main | 裏ルンタせっぱ詰まってます »

Comments

で、チベット自治区にいた、てのは誤訳ではと。
単純にJapan and TIBETにいた、とあります。
(モトネタらしき記事、英語)
http://www.npicenter.com/anm/templates/newsATemp.aspx?articleid=10309&zoneid=22

セガールは今53歳らしいから1951年生まれ。
日本に武道修行に来たのが70年代初頭(時期は諸説あり)。

チベット仏教との出会いは、針の勉強をしていた際に、栄養失調や拷問で傷ついたチベットラマの手当てをしたことがきっかけ。その頃はCIAの支援でカンパゲリラが活動していた時代であり、チベットへの抑圧をみて自分も少しだけ関与したことがあるが、それは懐かしい思い出といった類のものではない、だそうです。
(97年 Shambhla Sunインタビュー、英語)
http://www.shambhalasun.com/Archives/Features/1997/Nov97/Seagal.htm

ネットではセガールはCIAの工作員だった説もあるようで。
まぁ、本当のことは分かりませんが。
そんなアヤしい人が堂々とラサに入れてくれるとも思いません(^^;。(ジョカンの屋上でのセガールの写真)
http://www.himalayanexpeditions.com/canHimEx/gallery/seagal/Steven_w_Potala_r8i15ps.html


ゴジ・ベリーは果物みたいなもののようです。ここに絵があります。
http://www.stevenseagalenterprises.com/

Posted by: あさだ | 2004.10.02 at 11:52 AM

>ジョカンの屋上でのセガールの写真

このタイトルページに↓こう書いてまっせ!
Steven Seagal's first trip to Tibet(August 2002)

しかしごっつい坊さんやなあ~!
こんなごっつい坊さんはカムあたりにはいそうですね。

Posted by: 壮年仮面ライダー隊 | 2004.10.02 at 02:30 PM

教えて頂いた画像がものすごくシュールだったので貰ってきてしまいました。バルコルが異空間と化している! ありがとうございました>あさださん
 そらまあ、やっぱり単純な誤解か誤読ですよね>60~70年代にチベット自治区
 Tibet→「中国チベット自治区」と機械的に訳した可能性があるということですか。それにしても元CIA工作員(疑惑)のアクション俳優……!? すごいなあ。

Posted by: うらるんた | 2004.10.02 at 08:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1555072

Listed below are links to weblogs that reference チベットの「ゴージ・ベリー」:

« 「アジアのヒーロー2004」/TIMEasia | Main | 裏ルンタせっぱ詰まってます »