« From Majnu ka Tilla New Tibetan Camp | Main | Seek Tibetan »

2004.09.19

Delhi de ashidome

Air India no engine troubble de kaere naku natte imasu.
getsuyoubi kara shigoto nanoni doushiyou!
(English de kaku genki mo nakunatte kimashita)

18 nichi yoru ittan bording shita ato kinai de 6 jikan ijou matasare (dinner dake dete kita), kekkyoku orosare, tranjit room de 4 jikan matasareta ato kondoha soto ni dasare Hotel he tsurete korare mashita..
nanno setsumei mo naku "wait moment" nomi..
betsuno carrier ni kaete hoshii to itte mo "We will fix soon" ... miugoki ga torezu komatte imasu (hito kara kiita koto ha arukedo hajimete desu..)..

I wish be back Japan safety and soon....

|

« From Majnu ka Tilla New Tibetan Camp | Main | Seek Tibetan »

Comments

先週帰国しました。一気に読みました。
無事のご帰還を祈ります(^^;

Posted by: オサダ | 2004.09.19 at 07:12 PM

ご苦労様です。
10時間待たされ、説明なしで欠航、メドたたず、じゃ中国じゃ暴動、返金訴訟ですね。

やはりいつまでに帰らないといけないという状況ではAir India乗っちゃいけないんですね。

Posted by: あさだ | 2004.09.19 at 07:30 PM

そういえば、SPAに掲載されたサイバラのインド編も、成田に行ってみたらエアインディアは欠航で、翌日まわし。で、直行のハズがシンガポール回りで、28時間遅れで到着という出だしでした。

Posted by: あさだ | 2004.09.19 at 07:42 PM

うらるんたさぁ~ん。
心身ともに、お疲れ過ぎのことと思います。
無事、フライトにたどり着ける事、お祈りしております。
ダラムサラ編、楽しく読ませていただきました。

Posted by: かをり | 2004.09.19 at 11:37 PM

"We'll fix soon"

represents India!. Although it's odd, I wish your safe trip back to Japan.

Nihonngo ga kono keijiban ni kakemasen. Nazedeshou? Mac dakara desukane?


Jun at Tokyo.

Posted by: じゅん | 2004.09.20 at 12:32 AM

で、10時間待たされると、いつ成田に着くのでしょう、と思いつ、Air IndiaのFlight Scheduleで検索。"Error. The System is Busy. Please try after some time." とほほ。

Posted by: 日々 | 2004.09.20 at 01:11 AM

もう機内の人ででしょうか?とりあえずこれを見るのは日本かな?
しかし機内で長時間待つとエアコンを切ったままになるので無茶苦茶きついですよね。しかも夏のインドですか・・・。

私もこの夏休みは、CAの成都→上海で着陸直前に天候不良で南京まで飛ばされました。でも”空港が忙しい”ということで(他に飛行機が3~4機しか停まってないのになんでやねん!)3時間ぐらいエアコン無しの機内から降ろしてもらえなかったもののようやく天候回復で上海にたどりつきました。

まあとにかくお疲れ様です。

Posted by: 風来坊 | 2004.09.20 at 03:11 PM

……なんとか帰ってきました。飛んだのは結局24時間後でした。成田は深夜の離発着はできなかったと思うので、19日正午(現地時間)を回ったくらいから19日中に帰国するのは無理かも、とあきらめましたが、仕事に穴を開けたショックは大きい(泣)
>オサダさん
 こちらこそご無沙汰しております。現地の話を楽しみにしています。
>あさださん
 インド人がおとなしいのが印象的でした。日本人は「いつ飛ぶんだ」と食って掛かった人もいましたが集団化せず個々人が怒っている感じ。「日本語のできるスタッフに説明させろ」とか言ってる人もいて英語負け…? 20日が祝日だったので大抵の人は1日遅れでも仕事には響かなかったようです(泣)。あれが通常の週末だったらもっとシビアなことになっていたかと。
> やはりいつまでに帰らないといけないという状況ではAir India乗っちゃいけないんですね
 う~、確かに。今回実感しました。JALにしときゃよかった(JALに土曜便があるのか知らないけど)。
>かをりさん
 ダラムサラの数日分は後で追加する予定です、、、
>じゅんさん
 ご無沙汰です! ケルサンペモさん達には今回会えませんでした。「グチュスムの会」の3年に1度の代表選が9月26日にあって、その準備で皆忙しそうでした。その時には皆集まるのでは、と思います。
>日々さん
 「10時間遅れでも13時間遅れでも、19日中に日本に着いて、20日から仕事できればそれでいいや」と思ってたんですけどね……(涙)。やはりダメかエア・インディア。でも「エンジンを修理しながら盛んに首をかしげていた」「機体後部左側は靴の裏が溶けるかと思うくらい熱くなっていた」なんて話を聞くと、「落ちるよりマシか」という気にもなってくるからインドは怖いです。
>風来坊さん
 ついに仕事に穴あけてしまったですうおーん。恐る恐る会社に電話して、19日中に帰れないことを告げると、上司「ああ、もう人繰りしたから、いいから」。クビも近いか!?

Posted by: うらるんた | 2004.09.20 at 08:53 PM

>クビも近いか!?

私もそれはいつも思います。

職場に帰って机が無かったら、どれほどふんぎりがつくだろうかと・・・。(笑)

会社やめなきゃカイラス行けないってば!

Posted by: 風来坊 | 2004.09.20 at 11:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1471057

Listed below are links to weblogs that reference Delhi de ashidome:

« From Majnu ka Tilla New Tibetan Camp | Main | Seek Tibetan »