« Delhi de ashidome | Main | 仮面ライダーとかボストンとか »

2004.09.21

Seek Tibetan

 話は1年前の秋に遡ります。
 1週間(5泊8日)のダラムサラ旅行を終え、成田空港で入国審査の列に並んでいた時のこと。何気なく後方を振り向くと、えんじ色の僧衣姿が!! エアインディアの同じ便にチベット人のお坊さんがいたとは!! もっと早く気付けば、機内で会話の一つくらいできたかもしれない……と後悔しつつ、振り返るとまだ同じ場所に立っている。
 近づいていって何か話しかけてみたほうがいいんだろうか、いや相手にしてみたら突然寄ってくる日本人は多いだろうから頭沸いてると思われるだけかも、インドのチベタンなら英語も話せるだろうし、最近は海外慣れしたお坊さんも多いし、1人で移動するくらいだから場慣れしてるんだろう、日本人と外国人の審査窓口は別だから一緒に並ぶことはできないんだし……いやいやもし英語も日本語もできないゲシェラみたいな人だったら……などとぐるぐる考えていると、後ろから「進まないんですか!?」と怒りの声。ハッと気付くと、私の前にはもう誰もいなくなって、5mくらい空間の空いた先から入国審査官が「次!」と言っている! ぎゃー、日本の入国審査って手際良かったんだ!!
 とっさに「すいません!」と入国手続きしてしまったものの、ゲートの向こうからのぞくとお坊さんはまだ立ち尽くしている。
 ああ、誰の招きでどこへ行くのか程度のことを聞いて日本語のメモを持たせてあげれることくらいできたんじゃないか、「ぱぎゅーぺーろーなん」(←このチベット語も怪しいなぁ)くらい言って「foreigner」の列に誘導するくらいしたほうが良かったんじゃないか……とくよくよ後悔しつつ出口を出ると、チベット服姿の日本人が数人、心配そうに待っている。思わず「出迎えの方ですか?」と尋ねると、これがポタラ・カレッジの方々。うわー。「デプン寺ロセリン学堂ケンポのゲシェー・ロサン・ギャツォ師です。亡命後、インドから海外に出られるのは初めてでらっしゃるんです」。
 ああ~、そうと知っていたら知っていたら。何か役立てることはあったはずなのに。
***
 ……とまあ、そんな経験がありまして。
 インドから日本へ向かうチベット人はかなりの確率でエア・インディアの直行便に乗るんだ、と知ったのでした。
 で、今回。
 いろいろあって連れて行かれたホテルのフロントで、インドのパスポートを手に私の前に割り込んできた男性が、どう見てもインド人に見えない。強いて言えば「のび太顔」。首を伸ばしてフロントマンのチェックイン作業を見守ると、名前欄に
Gyaltsen
と書き込んでいる。こりゃチベット人だと確信! 風体からするとビジネス関係者か。在日チベット人と知り合えるかも!! うれしくなって思わず追いかけ「チベット人ですか? 日本へ行くんですか?」(とチベット語で聞いたつもり)。
 「……」
 返ってきたのは不審者を見る目つきでした(泣)。
 なんか全然違ったみたい。私のチベット語がひどすぎて通じなかった可能性はあるけど、でもたぶん全然チベット人じゃなかったようです。
 恥ずかしいよう情けないよう、そもそも「チベット人(のようだ)」という理由で知らない人に声を掛けること自体ヘンかもしれない、と自己嫌悪。
 日本にいるチベット人の数を考えれば、毎週2回飛んでるエアインディアの成田便で、そう何回も何回もチベット人と乗り合わせるとは限らない。やっぱりいないよ、チベット人なんて。
 *****
 と反省した翌日の、再チェックイン。
 背の高いインド人2人と一緒に出国手続きをする小柄なオジサンが気になる。顔がなんだかチベット人。手に持っているパスポートは……あれ、パスポートじゃないじゃん、インド政府のレジデンス証明(難民認定証のようなもの)だ、間違いなくチベット人、それもチベット本土出身者だ!!
 昨日の恥も忘れてダーッシュ!!!
 「ゲンラ!」(振り向いた!)
 「きぇらんぺぇばれべ?」(うなずいた! 通じてる!?)
 「じゃぱんらどぅぎいんべ?」「レーレー」(チベット語が返ってきた!!)
 しかし私のチベット語はここまで(わははは!)。英語とちゃんぽんで聞けば、ダラムサラ在住で、「ルンタ」もグチュスムも知っており、ルンタ代表N氏のことも知っているという。おおお、世の中狭い。日本では東京で2~3カ月滞在するらしい。おお、それなら休日に会えるかもしれないですね。
 「じゃぱんぎかりちぇな(日本/何/する)?」(←怪しいチベット語)
 「トーキョー・イグジョナリー」(と聴こえた)。
 なに、一体なに? 東京イグジョナリーって(聞き間違いだと思うけど)。教えてもらった滞在先も「ヒジカワ」(って地名?)とか、謎。
 どなたかご存知の方そっと教えてください。むちゃ偉い人だったらどうしよー。

|

« Delhi de ashidome | Main | 仮面ライダーとかボストンとか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Seek Tibetan:

« Delhi de ashidome | Main | 仮面ライダーとかボストンとか »