« China Police Shoot Tibetan Monk | Main | 台風&気になるCM »

2004.10.05

河口慧海:100年前、チベット初入国 峠を越えルート探せ--日本山岳会関西支部

河口慧海:100年前、チベット初入国 峠を越えルート探せ--日本山岳会関西支部

 ◇仏教原典求めた僧
 日本人で初めてチベットに密入国した僧、河口慧海(えかい)(1866~1945)が、約百年前に仏教の原典を求めてネパール・チベット国境の峠越えをしたルートを解明しようと、日本山岳会関西支部が現地調査を進めている。断崖(だんがい)絶壁と標高5000メートル級のヒマラヤ山岳地帯が仏教学者の研究を阻んできた謎のルートだけに、山男らの挑戦に注目が集まっている。
 慧海は京都府宇治市の黄檗(おうばく)宗大本山・萬福(まんぷく)寺で修行し、梵語(ぼんご)(サンスクリット語)原典やチベット語訳を入手しようと1897年に単独で出国。インドやネパールで現地語を学んだ後、1900年に禁を犯し越境、チベットの中心都市・ラサで3年間学んだ。
 帰国後、「西蔵(チベット)旅行記」(大阪毎日新聞で139回連載)を執筆。しかし、密入国を助けたチベット人は処刑された時代で、協力者を守るためか、国境越えに関しては村や世話になった人名を記さず、日本の仏教学者が人里まで調査したが、奥地は山岳のため調査は未着手だった。
 今回は同志社大山岳部OBでチベット登山の経験を持つ和田豊司隊長(58)=名古屋市北区=ら2人が、支部派遣の登山隊と連携し8月から調査に入った。連絡によると、「旅行記」にあるネパール北西部の山岳寺院「シェー・ゴンパ」付近の峠に到達。一度下山してチベットに入国し直し、ヒマラヤ北面から国境越えルート特定を試みているという。
 和田隊長は「現地を歩き、慧海の記録の正確さに驚く」と報告しており、慧海が峠を越えて訪れた岩山の寺院「白岩窟(はくがんくつ)」の場所を探るなど、11月までチベット仏教の聖地「カイラス山」(6714メートル)に至る足跡を確定させる予定だ。【丹野恒一】
毎日新聞 2004年10月5日 大阪朝刊

|

« China Police Shoot Tibetan Monk | Main | 台風&気になるCM »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1582538

Listed below are links to weblogs that reference 河口慧海:100年前、チベット初入国 峠を越えルート探せ--日本山岳会関西支部:

» 河口 慧海 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
河口 慧海 † 【かわぐち えかい】 東北大学:河口慧海コレクション 河口慧海将来チベット語蔵外文献 秘境チベットと河口慧海 冒険者 河口慧海 ... [Read More]

Tracked on 2004.11.16 at 08:04 PM

» 河口慧海 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
河口慧海 † 【かわぐち えかい】 河口慧海 『チベット旅行記』 第1部 河口慧海 人と業績 第2部 河口慧海の請来品 仏教美術資料 第3部 河口慧海の請来品 衣類染織品・日用品・標本類 東北大学:河口慧海コレクション 河口慧海将来チベット語蔵外文献 ... [Read More]

Tracked on 2005.04.11 at 06:02 PM

« China Police Shoot Tibetan Monk | Main | 台風&気になるCM »