« 火葬希望? | Main | チベットに「萌え」はあるか!? »

2004.10.23

群馬県人

 チベットとは関係ないけどすいません。
 たまには地元の話(?)を。
 今日、新聞の社会面を開いたら、右側も左側も群馬県人の話題になってました。こんな日もあるんですねえ。
反戦活動家を薬事法違反の疑いで逮捕 警視庁

 医薬品入りカプセルの無許可販売事件で警視庁は22日、反戦活動家でアラブイスラーム文化協会代表の高橋千代容疑者(64)ら3人を、薬事法違反(無許可販売など)の疑いで逮捕した。これで逮捕者は、製造・販売したとされる会社役員巨海六一(こみ・むつかず)容疑者(78)と合わせて4人となった。

 イラク開戦時、「人間の盾」指導者として時の人になったジャミーラ高橋女史です。高崎市近郊(ってどこだろう?)の生まれで、「たかじょ」として地元で名高い名門校、高崎女子高出身。去年、高崎市内で同窓生が企画したジャミーラ女史の講演会があったのでした。
 単なる偶然だけど、地元群馬の女性にとってもう一方の雄(女子高だから雄じゃなくて雌か!?)「まえじょ」こと前橋女子高OGには拉致被害者支援担当の中山恭子・元内閣官房参与がいて、お二人は同じ1940年生まれ(現在64歳)。中山元参与は学年だと1つ先輩になりますが、同じ時期に群馬で育った女性が、片や群馬の女性初の東大生、片やイスラーム文化の第一人者となり、イラクと北朝鮮――と相手は違えど同じ時期に渦中の人となる、というのは不思議じゃありません?
 で、ジャミーラ女史って「悪い人」ではないんだろうと思う。ただ、感覚が古い時代のままだったか、「善意」を過信しすぎたか、どちらかではないかなぁ、と。
 「こんなことがしたいんです」って訴えてほかの人からお金を預かる以上、何にどう使ったか、果たして有効に使われたか、きちんと検証していくのもいまや預かった側の義務。「善意」が一番の免罪符で、それさえあれば何でも許された昔(たぶんジャミーラ女史が活動を始めた70年代)なら「預けたのだから後は私を信じてね」が通用したんだろうけど、今は当然ながらそれじゃすまない。いわんや「効かない薬だとは知りませんでした」ではシャレにならないよな、……と我が身を省みつつ、ルンタについても常に「再検証可能な情報提供」をできるようにならなければ、と思うのでした。
横浜、阪神のオーナー辞任 金銭授受問題で
 プロ野球横浜球団スカウトからの現金提供が明らかになった一場靖弘投手(22)=明治大学4年=に対し、阪神球団の担当スカウトも、現金計25万円を渡していたことが22日、分かった。久万俊二郎オーナー(83)=阪神電鉄相談役=らが大阪市内で記者会見を開いて事実関係を認め、久万氏はオーナー職を引責辞任することを表明した。また、不正が明らかになっていた横浜の砂原幸雄オーナー(67)=東京放送(TBS)会長=も、この日午後の記者会見で、正式に辞意を表明した。スカウトが一場投手に約200万円を渡したことで8月に辞任した巨人の渡辺恒雄オーナー(当時)と合わせ、一連の問題で3人がオーナー職を辞することになった。

 一場投手は、吾妻町生まれ太田育ちで、桐生第一高2年生の時に夏の甲子園優勝を経験、翌年エースとして甲子園出場を果たした群馬の「星」。太田のコンビニで買い物してるところが週刊誌に載ったりして気の毒といえば気の毒。ただ、たった1人でプロ野球の旧守勢力をばたばたとなぎ倒した最強のラスボスと言えなくもない……?

|

« 火葬希望? | Main | チベットに「萌え」はあるか!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1788920

Listed below are links to weblogs that reference 群馬県人:

« 火葬希望? | Main | チベットに「萌え」はあるか!? »