« プロジェクトX「アジアハイウェー ジャングルの死闘」 | Main | 災難続き »

2004.10.27

暗雲さんすーちー

 寒いダジャレでごめんなさい(ホントごめんなさいっ!)。
 ひっそりと12月に計画していたミャンマー旅行に暗雲。
 なんと大使館から実家に「ビザ申請書類の件で」と問い合わせが来た。
 代理申請を依頼した旅行代理店H○Sの不手際、ということもちょっとはあるんだけど、なんだかもっと嫌らしいのはミャンマー大使館のやりくち。代行業者に問い合わせて埒があかないなら、申請者本人(私)に連絡して確認すればいいでしょう。それを、なぜか実家の母親に電話してきて、「○○さんは○○なのか」だの「○年にインドビザを申請する時○○したことは調べがついているんだ」だのとカマシた(恫喝した/威嚇した)らしい。「こちらも調査することはできるんですから」って、なら実家に電話なんかせず、勝手に調べればいいじゃんねえ。
 いきなりそんなことを言われて、定年退職した田舎の年寄りが驚くまいことか。
 突然実家から携帯に電話が入ったので、すわ何事かばーちゃん倒れたかと思ったら、年老いた母親がもう動転してオロオロして、「お前いったい何をしたの……」と涙声な訳ですよ。「大使館に謝ったほうがいいんじゃないの……」。
 何を尋ねられてるのか理解できず、恫喝に怯え、私が罪を犯したのではとか逮捕されるんじゃないかなどとうろたえたらしい。
 それじゃ年寄りイジメじゃん。申請者じゃない母親を一方的に恫喝して、何を得るものがあるんだよミャンマー大使館。オレオレ詐欺並みの悪質さじゃんか、と怒りが沸いたね。
 もちろん、そもそもはH○Sの支店担当者が不備のある申請書を作ったこと、問い合わせを受けたH○S新宿本社が「うちの不備ではありません」と代理責務を放棄していとも安易に顧客に責任転嫁したことが事態を悪化させたんだと思うけど。個人旅行大手だから代理申請のノウハウ豊富だろうと思って頼んだのに、意外と使えないんだなあ、とガッカリ。そんでトラブルを簡単に顧客差し戻しするとは。できないことまで「やれ」と頼んだ訳じゃないのに。
 まぁとにかく、10年働いてやっともらえる貴重な休暇を使って、定年退職した家族と一緒に現地で日本の税金を落としている肉親を訪ね、豪遊してふんだんに外貨をばらまいてこようというだけ(わははは、Uさんあたりから怒られそうだ^^)なのに、問い合わせならず威嚇までされてメンドクサイことあれこれ言われるなら、別にそこまで無理して行かなくてもいいよミャンマー、って気持ちになってます。

|

« プロジェクトX「アジアハイウェー ジャングルの死闘」 | Main | 災難続き »

Comments

あれ?ミャンマーって直接ビザを大使館に送って申請出来ませんでしたっけ?

しかし相変わらずミャンマーは報道自由度の格付けは低いっすね!中国も下から6番目。でもネパールってこんなに低かったっけ?
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=11708

しかし”インドビザを申請する時○○したこと・・・”の○○が気になる・・・。


あと大手格安旅行代理店だからといえあてにはなりません。
夏にラサに行こうとした友人が中国ビザを取ろうとしてH○Sに電話で問い合わせしたら。

H○S 『2週間以内の中国旅行はビザは必要ありません』
友人  『でもチベットに行くのにビザが必要なはずなんですけど?』
(しばらく電話先で混乱続く・・・)
H○S 『”チベットのビザ”を取るためには召喚状が必要ですし、うちでは”チベットのビザ”は取れません』

と言われたそうな。結局インターネットで代行業者探して取ったらしいけどパーミッションとごっちゃになってたのかな?

注:今は2週間以内ならチベットもビザは不要になりました。

Posted by: 風来坊 | 2004.10.28 at 01:43 PM

ああ無惨スーチー
○○では判りませんが、文脈では○○さんは○○した事を否定はしていませんね。となると...

Posted by: 酔鬼 | 2004.10.28 at 07:29 PM

 ツッコミはインドビザの○○ですかい(涙)! ○年に○○を○○したことがあるってだけで何も悪いことなんかしてないやい(涙)。その後だってほぼ毎年のようにインド行ってるしそのたびちゃんとビザ貰えてるじゃないかー(涙)。それなのに皆、悪いのは私の素行だと思うんだーひどいー(泣いてみる)
 ビザは郵送でもオンラインでも申請できるようなんですが、英文書類に不慣れなのと、代理店通したほうが確実か(書式など、何度も手がけているところなら間違いないか)と思い、確実にビザを取るためにわざわざ頼んだのですよ>風来坊さん。手数料込み6600円だったので、慣れない英文書類作る手間と往復の書留送料(または宅配代)を考えたら総額はほとんど変わらないなあと思ったので。
 確かに、個人旅行大手っても頼りにならないことは分かりました。経験やノウハウは個人的なもので、社員個々人に蓄積されてるかどうかは別なんでしょう。
 しかも、その謝罪の電話で
「えーと、仮にビザが下りなかった場合ですが、どうされますか? どこか他の国へご旅行されますか?」
と脳天気に聞かれてめっさむかついた。

Posted by: うらるんた | 2004.10.29 at 02:14 AM

 ビザごときで負けてどうなりますか!! 
 (↑意味のない、叱咤激励)

 いざとなったら、○○して、一緒に捕まりましょう。

 U

Posted by: U | 2004.10.29 at 03:36 AM

H○Sでグアムに!
ツアーの申し込みの時に、私のパスポートを見た担当者との会話。
「わーっ。すごいですね。たくさんビザがありますね。いろんなところに行かれてるんですね。」
「・・・インドしか行ってないけど・・・」
「インドのビザって結構きれいでマトモなんですね。」
「・・・勉強してね・・・」

Posted by: アニラ | 2004.11.03 at 11:46 PM

>H○Sでグアムに!

それは、O垣支店の話ですか?
前の”チベットビザ”の話もそこです。

確かにあのあたりでインドだのチベットに行くような客って限られてるでしょうからねえ~。

でも某会社内は今やインド人だらけです。
早朝、寮の風呂に行ってみたら10人ほどのインド人がパンツを穿いたまま黙々と体を洗っていました。
さすがに湯船に入るインド人はいないようですけど以前1人だけ入ったそうです。理由を聞いたら

『今度インドに帰るから記念に入ってみた!』

・・・だそうです。文化の違いって大変だ!

Posted by: 風来坊 | 2004.11.04 at 05:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/1788906

Listed below are links to weblogs that reference 暗雲さんすーちー:

« プロジェクトX「アジアハイウェー ジャングルの死闘」 | Main | 災難続き »