« 「ラジオ深夜便」でチベット・梅里雪山 | Main | アムネスティの「国際人権デー」パレードに参加した »

2004.12.04

「空耳アワー」でチベット

 深夜、テレビを流しっぱなしにしていたら、「チベットか」「チベット関係ねえな」と聞こえてきて「!?」。
 「タモリ倶楽部」の「空耳アワー」コーナーだったんだけど、一瞬、本物の空耳かと(笑)。なんせただテレビがついていただけだから、それまで何があったのかさっぱり分からない。コーナー最後に安斎肇氏が「チベットからも(投稿)歓迎です」みたいなことを言っていたので、間違いないチベットだ、ととりあえずネットをあちこち検索。
 分かったのは、「チベットのラサから」「(空耳アワー常連投稿者の?)(怖がりの?)金子君」が旅先から投稿したものらしい、ネタは洋楽でチベットと関係なかったみたい、……ということでした。
  ◇
 後日、I Love TIBET! のかるまさんにこの話をしたら、「常連? 誰がチベットに行ったんだろー。タカハシ君?」。かるまさんってあちこちマニアックと思ったけど(韓流ドラマに詳しいこともこの時知った)、流石。

|

« 「ラジオ深夜便」でチベット・梅里雪山 | Main | アムネスティの「国際人権デー」パレードに参加した »

Comments

「タカハシ君」は高橋力氏で、いつだったか、空耳アワードの時に自宅が紹介されてました。かなり頻繁に採用されてる常連。

Posted by: かるるるる | 2004.12.06 at 09:51 PM

その節はありがとうございました! 「空耳アワーとチベットとはまた唐突な」と話をオトシたつもりが「誰!?」と突っ込まれてさすがだぁ、と。帰宅後、「高橋力」さんで検索したら空耳サイトがたくさんヒット! 有名人だったことも分かりました(すいません)。
かるまさんには「韓国語の空耳チベット語」の世界でぜひ第一人者に! (マニアックな…)

Posted by: うらるんた | 2004.12.07 at 03:47 PM

911が自作自演だったのと同様に、
チベット暴動は人間に変身したレプティリアンのダライ・ラマ14世による自作自演だ

 ブッシュ親子とチェイニー、ヒラリーとオバマ、マケインその他が人間にshapeshift=変身したreptilians=レプティリアン(爬虫類型のヒューマノイド=人間類似動物)であるのと同様に、
ダライ・ラマはレプティリアンのshapeshifter=変身体だ。
 オバマの外交問題顧問サマンサ・パワー・ハーバード大教授が最近「ヒラリーも怪獣だ」と暴露して辞任したのは、そのことだ(「も」に注意)。彼女はオバマの身近で見た:オバマもレプティリアンだという事実を。瞳が爬虫類独特な縦の切れ長だから、彼の目を見て分っている。だから暴露の続編が始まるだろう。

 ラサの地下深くにはシャンバラがあって、龍座のドラコニアンと配下のトカゲ座のレプティリアンの地球侵略・支配本部がある。ダライ・ラマは人間に変したレプティリアンで、ラマ教を隠れ蓑にしたこの本部と地上の連絡・調整のフロントマン(現場手先)だ。その功績を高く評価して、ブッシュは2007.10に彼に米国最高勲章を授与した。この時彼らは08年北京オリンピックを担保に取ったラサでの暴動テロ強行と米国の支援で合意した。
 地球の地殻大変動が近いことからも、レプティリアンらは地上にチベット傀儡独立国家を樹立する目論見だ。

 同類のレプティリアンたる中国の温家宝首相が、チベット暴動はダライ・ラマ14世が入念な計画と準備で起こした、と指摘したのは本当だった。レプティリアンらは同類のレプティリアンである胡錦濤と習近平新国家副主席の譲歩を期待しているが、そうなれば、彼らは天安門事件での胡耀邦の2の舞になるから、そうは出来ない。
 イラク侵略・占領への抵抗闘争をテロ呼ばわりしているレプティリアンのブッシュとライスは、チベット暴動では鎮圧を人権侵害呼ばわりし、国際調査団のラサ入国承認を中国に要求して、圧力をかけたが、拒否された。米国は金融危機でデフォルト寸前状態で、中国と日本の米国債購入でやっともってるから、北京オリンピックのボイコットが出来ない。レプティリアンのサルコジが開会式ボイコットを呼びかけたが、孤立した。
 レプティリアンらは中国西部と外国で抗議を煽っているが低調で、レプティリアンらの傀儡独立国樹立はひとまず失敗した。
 地球人は、他の惑星への侵略と支配という無法な惑星間犯罪を許してはならない。
 プレアデスは、宇宙ブロックス管理界の命令で07年秋に、反省を表明して地球から撤退した。USAとロシアにあったプレアデスの基地は閉鎖された。基地の司令官クウェッツァルと惑星間飛行母船司令官プターは撤退した。古代にプレアデスから流刑されて惑星ニビル経由地球の古代イラクへ来た、シュメール文書で有名なアヌンナキは、1990年代半ばに子孫が反省を表明していたが、今回プレアデスの説得で彼らと同時に地球から退去した。
 他の惑星の内部問題への干渉禁止の宇宙管理原則に対する乱暴な侵害のかどで、宇宙ブロックス管理界はレプティリアンらに対する独自の決定的な制裁措置を決定した。
 そのうえ、宇宙ブロックス管理界は銀河連邦新指導部にレプティリアンらの地球強制退去措置の実施を命じた。銀河連邦の宇宙連合艦隊が出動して彼らを強制退去させる。
 詳細は: http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/50.html

Posted by: たつまき | 2008.03.30 at 02:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/2169507

Listed below are links to weblogs that reference 「空耳アワー」でチベット:

« 「ラジオ深夜便」でチベット・梅里雪山 | Main | アムネスティの「国際人権デー」パレードに参加した »