« アムネスティの「国際人権デー」パレードに参加した | Main | カラオケで歌うチベット »

2004.12.07

酷似する書籍

 石濱裕美子先生の「オカメインコの森」巻頭言でも触れられています(もったいないですが巻頭言は新しいお言葉がくだされると差し替えられます)が、11月末にこんな本が出版されたようです。tangotyou.jpg
 日本語のチベット語訳(会話例文ではなく単語)と仏教用語集(日本語)というちょっと変わった取り合わせ。「世界を旅する単語集シリーズ」とありますが、他言語の既刊本はないようです(同じ著者が違うシリーズ名でアラビア語単語集を出してますが)。
 「世界を旅する」んなら必要なのは単語じゃなく旅行用会話だろう、とか、「チベット豆知識」としてチベットが紹介されてるんだけど、“中国全図とチベット自治区”としてチベット自治区だけ囲んだ地図をのっけたうえに「チベット自治区はウ・ツァン(中央チベット)、カム地区(東部チベット)、アムド地区(北東チベット)の3つに大別され」などというおい喧嘩売ってんのかな記述があったり、その隣に「チベット自治区の区分」としてガリ、シガツェ、ラサ市、ロカ、ニンティなどと中国政府の行政区分をただ載っけてみている(この時点で既に図と記述が矛盾している)とか、もう本文(単語集部分)にたどり着く前につっこむ気力も萎え萎えになるすっごい本です。「言語・文化の背景を知る『仏教用語集』つき」(表紙あおり文)てのも意味不明で、チベット仏教の解説ならまだしも「西方(さいほう):西方浄土のこと。また極楽浄土のある方向」「作務(さむ):禅宗で、自給の僧院生活に必要な日常作業のこと」なんちゅう語彙のどこが“チベット言語・文化の背景を知る”ことにつながるのかと(略)。
jisyo.JPG ま、チベット語が分からない私には本文(単語集部分)を見ても何がなにやらさっぱりなので前書きや付録のほうで頭を抱えてみた訳ですが、チベット語の分かる人はもっと(略)なようです。
 右は2003年に刊行されたチベット語辞書(チベ日/日チベ)辞書。つまりまぁ今旬のニュースでいえばこっちが元ネタの“なっち状態”なのではないか……という話。「単語集」と日本語索引だけみていても、「そ」…「僧が肩にかける布」「僧が下半身に付ける布」「僧が着るベスト」と、一字一句同じ項目が。「僧衣」「僧院」などの一般用語ならまだしも、こんな説明文みたいな日本語が全文一致してしまうのはあまりにも安易すぎってゆうか(ううむ)。
 辞書をつくったチベット人は辞書づくりの苦労を振り返って「チベットで小学生が使っている国語(チベット語)の教科書を取り寄せて、そこに出てくる単語を全部書き出して、小学生レベルのチベット語を網羅するように考えて作った」と言ってました。早々にチベ語を挫折したうえゼロから作る苦労を知らず、完成した辞書を見たとき「えぇっ例文が全然ない~、これじゃ初心者の役には立たんじゃん」などと密かに思っていた自分を反省致しました。
 しかし何だ、そのときも話題になったけど、チベット語って便乗○○○本が出るほど購買層のパイが大きな分野だったんでしょーかね……なんて。個人的にはどうせ何かを○○るんだったら「Say It in Tibetan: Conversations in Colloquial Tibetan」(Paljor Publications /Norbu Chophel)あたりををまるまる日本語にしてくれたほうが……(コラコラコラコラ!!)(ま、ヨコのモノをタテに、英語を日本語にする程度の手間も掛けられないのが○○○なんでしょおね)

|

« アムネスティの「国際人権デー」パレードに参加した | Main | カラオケで歌うチベット »

Comments

いやーほんとウケましたねー。石濱先生の反応もよかった(笑)。
出遅れたけど近々「チベット式」でも取り上げますよ。明日あたりamazonから届くらしいので。
ネタとして買う人が何人かいたりして。
今年のチベ業界裏十大ニュースの3位くらいかも?

Posted by: 長田幸康 | 2004.12.12 at 02:33 AM

 長田さんどうもです!
 石濱先生のお言葉、次のお言葉に変わってしまいましたねー。Amazonから取り寄せたんですか!? ネタとして割り切って買うならいいんですが、「チベ日」部分がないだけ、「単語帳」のほうが割高に感じられますねぇ。ではまた!

Posted by: うらるんた | 2004.12.14 at 03:10 AM

石濱先生のあのお言葉は、しっかりスクリーンショットをとっておきました! でも何に使うんだか(笑)

Posted by: 長田幸康 | 2004.12.16 at 01:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/2188251

Listed below are links to weblogs that reference 酷似する書籍:

» 【擁護】『チベット語単語集』はパクリ!? 偶然似たんだよね?(1)( ● ´ ー ` ● ) [チベット式]
酷似する書籍で書かれている通り、いまチベット業界でウワサの『日本語・チベット語単 [Read More]

Tracked on 2004.12.14 at 03:20 AM

» 【擁護】『チベット語単語集』はパクリ!? 偶然似たんだよね?(2)( ● ´ ー ` ● ) [チベット式]
(前回の続きです) ウワサの『日本語・チベット語単語集』の編著者は、色々な言語の [Read More]

Tracked on 2004.12.16 at 02:01 AM

« アムネスティの「国際人権デー」パレードに参加した | Main | カラオケで歌うチベット »