« ルンタミーティングと新年会(?) | Main | ソナム・ロサーその2 »

2005.01.10

チベットビルマ話とか火鍋とか

DSCN13121 Yuzo's PhotoUさん、「ゆくらゆくらにアジア旅」改め青奇屋のKさん、ルンタのKさんとJR大阪駅。
 お二方ともサイトを持っていて積極的に更新されていて、既に日記で言及されてしまいました(こことかこことか……それにしても早っ!!)ので私からも。
 振り返って考えると共通の知人が縦横に重なってるにもかかわらずUさんKさんと個人的にお茶するのは初めて(かな?)。Uさんご多忙中ありがとうございました。チベットとかビルマとかあとはよく分からない話題をいろいろ。あくまでもヘビーな話題には踏み込まない方向で(何だそれは)。
 改めて思ったことは、無頼のUさん、クールなKさんお二方ともご自身の信念に沿って人生を行動しているところが共通点で、流れに逆らったり迷ったりしていなくて(かつて迷ったり脱皮したりしたのだろうけど、現時点ではそういう境地は既に通り越していて)、どこか突き抜けた印象を漂わせているのだろうな、ということでした。格好いいなあ。
DSCN13221 夜は知人と神戸へ出て「火鍋」。
 火鍋(ホォグォ)、というのは四川料理のひとつで、山椒や唐辛子やショウガや丁字や八角や豆板醤をぶちこんだ濃厚なスープにさまざまな具を入れて煮込みながら食べる鍋料理。慣れないと下痢は必至だけど、ちょっと体がだるいかな、なんて時に食べるとめちゃ元気になるし軽い風邪なら治ってしまう優れもの。個人的に、四川の豆花(今コンビニでも売ってる台湾の甘いお菓子では断じてナイ)と火鍋はもっと日本の中華料理店にも普及してほしい。
 「南京町は火鍋ブームで、『火鍋』って看板があちこちに出ている」と聞いたのが2年前の冬(←真偽は知りません)。火鍋食べたい火鍋~、たいがいの中華料理が中国本土よりおいしい日本、どんなにすばらしい火鍋が出てくることか~、と期待して、2年越しでようやく実現したのだけど、流行は既に終わったのか、南京町をうろついても「火鍋」の看板はなかった(ガックシ)。四川料理の店に聞いてみたけど「前日までに予約していただかないと」とのことで撃沈。
 やや離れた阪神「西元町駅」付近にある店で火鍋が食べられると知り、そっちへ。
 あれー……でも、この火鍋、赤くない……。

|

« ルンタミーティングと新年会(?) | Main | ソナム・ロサーその2 »

Comments

討ち入りの太鼓みたいに鍋の中心をS字型で仕切っているインヤン・フォゴォ美味しいですね。鍋が深いんでしゃぶしゃぶみたいに箸でつかんでいないと内蔵がいなくなって、イナイゾウ。今年初めてのギャグ。
四川のかわいい女の子の話では『陽』のスープ、ラー油だけではないの味の出し方が難しいと言います。おふくろの味があるそうです。

Posted by: 酔鬼 | 2005.01.15 at 04:17 PM

先日の新年会ではありがとうございました。

新年会の場所が決まってなかったら提案しようと
思ってたんですが、昨年暮れ京都に火鍋屋さんが出来ました。

京都では古くからある中華料理店の社長で
東北人(中国の東北地方の人)が始められたそうです。

白湯と辛いスープの陰陽になってますが
辛いほうでも重慶火鍋に比べれば全然辛く無い
です。でも具も含めて日本人向けになってるので
なかなか美味しかったです。

中華火鍋専門店 『興明』 (電話:075-231-0862)

河原町三条下る一筋目 東北角 林ビル地下1回
地図→ www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.46.19.3N35.0.18.7&ZM=12
(1階は○○のおもちゃ屋さんなので間違えて入らないように)

追伸:陰陽のスープは、赤いほうが陽で白い方が陰なんでしょうか? >酔鬼様

Posted by: WW | 2005.01.16 at 12:01 AM

>酔鬼様
 四川の安い鍋屋では、具が行方不明にならないよう、竹串に刺して鍋に入れ、引き出して食べます。うずらの卵など高価な具には竹串数本刺しで(後で竹串を何本食べたかで精算します)。それでも煮ているうちに抜けてどこかへ行ってしまうんですが。
 ちなみに、インヤン・フォグォの「インヤン」は「陰陽」ではなく「鴛鴦(おしどり=ユエンヤンyuanyang)」だそうです。

>WW様
 しまった京都にあったとはーしかも専門店!>火鍋
 1年半前には群馬でも一瞬見かけたのですが(なぜか上海料理の店で)、すぐに潰れてしまいました。栄枯盛衰激しい業界、早く行っておかないと!
 上海では火鍋専門チェーン「四川火鍋城」とか流行っていたらしいんですが(数年前)、今はどうなんでしょうね。

Posted by: うらるんた | 2005.01.16 at 03:07 PM

 ぶ、ぶ、無頼って。私のことですか?
 あ~れ~。裏ルンタページのファンから誤解されるぢゃあないですか。

 せめて「孤高のU」とか言いようがあるのに。

 で、確かに迷っている部分はすくないけど(あんまし、深く考えるのが得意ではない)、流れに逆らっている部分はずいぶんと残ってますねえ。

 で、「どこか突き抜けた印象を漂わせているのだろうな、ということでした。格好いいなあ。」ってのはやっぱりクールなKさんでしょうな。
 惜敗。


 

Posted by: 孤高のU | 2005.01.20 at 08:10 PM

孤高のUさんどうもです! しばらく書き込めなくてすみません。
> ぶ、ぶ、無頼って。
すみません……誤解を招く書き方だったかも…。えーと夜っぴいて仕事と思索に耽溺して明け方就寝、昼過ぎに予定の時間を過ぎて電話が来て起きる(しかも何度も)というあたり一般社会の枠に収まらない無頼派だなあ、と。某政府からは反乱分子認定されてることもあるし。坂口安吾や太宰治のノリで一つ。ともあれ、今後は孤高のUさんということで(「友達が少ない」比喩みたいですが)。
「流れに逆らってない」と書いたのは、社会の大勢に流されてるとか寄らば大樹の陰状態、というつもりで書いたのではなく(Uさん相手に最初からそんなこと思う訳もなく…指摘されてそういう風に読める書き方になってることに気付きました)、ひとつことをしていると次のオファーが来てさらに次のテーマにつながってる、なんて連続感(あくまでも遠くから見てる印象です)とか、他人からの評価やレッテルなんかは笑って受け流したり平然と受け入れて、「危険人物扱いするなら危険人物でいいよオレ、だったら危険人物になってやるよ」(←比喩です)くらいに笑っているところですか。オロオロバタバタ針小棒大にしてる自分とは大違いで(汗)。Kさんの、今年はどこへ行こうかと考えていたら機を見たように「○○が面白い」という話が入ってきたので新書を読んで知識をつけてる、なんてのも行動に流れがあっていいなあと思いました。誤解を招き気分を悪くさせてしまって申し訳ありません。そのうち加筆しておきます。

Posted by: うらるんた | 2005.01.24 at 10:46 AM


 う、あそこまで無頼の事実を指摘されると、全く
 その通り、としか言いようがないですね、ははは。
 ↑都合が悪くなると、すぐに引く。
 
 確かに、危険人物呼ばわりされて。「それが何か?」
 っ開き直っている部分もあるしね。

 もちろんお気づきの通り、気分なんかぜ~ん然、悪く
 してませんよ。

 あいだを取って、無頼で孤高のUとしましょう。

Posted by: U | 2005.01.29 at 04:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/2561953

Listed below are links to weblogs that reference チベットビルマ話とか火鍋とか:

» < 1月14日(仮) > [Yuzo@Maverick]
1月14日(金)  1時半過ぎ目が覚める。う〜、ブルブルさぶい。2時頃まで布団  にくるまる。よっこらしょ。やっと起きあがる。  お腹すいた。... [Read More]

Tracked on 2005.01.14 at 09:06 AM

« ルンタミーティングと新年会(?) | Main | ソナム・ロサーその2 »