« チベットサッカー悲願の海外遠征 | Main | 風の王国 女王の谷 »

2005.01.23

ヒーリングカフェ 地球のうた

DSCN137011 年も改まったことだしチベ縁仲間で食事でもしませんか、と数人にメールを送ってみたものの、都合が合わなかったり返事がなかったりで結局Mさんとタイマン(←? ツーショット?)。(いや別に嫌がっている訳ではありません)
 せっかくならまだ行ってないところへ、ということで、店主さんとチベットつながりで知り合った、旧宮城村(昨年12月5日に前橋市になった)のアジア系カフェ&雑貨「ヒーリングカフェ 地球のうた」へ。
 (↑)古い農家を移築した建物の、引き戸を開けるとドルカル(ホワイトターラー)のタンカがお出迎えくださいます。
DSCN136711 店内は店主さんが仕入れたセレクトグッズやグローバル・ヴィレッジなどのフェアトレード製品がたくさん(→)。CDや本の販売もありました。家具や楽器などのオオモノより、アクセサリーやストーン、エスニックデザインの服など小物が中心。販売スペースの隣に、2人掛けテーブルが2つだけのアットホームなカフェスペースがあります。
 カフェのメニューは▽ネパールの家庭料理定食(タルカリ、ダル、アチャール、玄米)▽タイスープ(トムヤムクン)▽タイチャーハン(カオパッ)▽チベットパン(ネパールの手作りパン)▽スパイシーチベットパン▽チャイ▽ベトナムコーヒー……などなど。
 チベットパンとはどんなパレ(チベット語でパン)なのか、アムド・ゴレなのか(だったら狂喜乱舞)、ラサでムスリムがよく作って売っている平たい丸いパンか、すっごく期待を募らせておじゃましたのですが、オーナーでシェフの店主Kさんは商品買い付けのため2月上旬までタイに行っているとのことで、食事メニューはお休み中でした。残念。それでMさんがチャイ、私がベトナムコーヒーを注文。
DSCN136511 (←)ベトナムコーヒー……えぇぇえ~
 ガラスのコップにも入ってないし練乳とコーヒーと2層になってないし飲み終わった後に泥のような珈琲粉が残ったりもしないよぅ(涙)。アルミの3段フィルターまでは欲張らないけど雰囲気演出欲しかったかも。
 あ、味は(最初から既に)底までさらって全部かき混ぜた後だと思えば納得。
 店主さんにはメンツィカンのスパイスをプレゼントにことづけて、Mさん馴染みの「隆橋飯店」大胡店。北京酸菜鍋、水餃、韮焼餅など。Mさんオススメの鍋がおいしかった。水餃と焼餅は冷凍だと思った(もしかしたら業務用既製品)。本場の作りたてゆでたての水餃が食べたい、半斤くらい食べたい。
 3月4月に向けてのチベット話をするために会ったつもりが、いつもながら話題が旅に出てしまってボロブドゥールやアンコールワットや雲南やバリから戻ってこなかった…。また仕切り直そう。

|

« チベットサッカー悲願の海外遠征 | Main | 風の王国 女王の谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/2676066

Listed below are links to weblogs that reference ヒーリングカフェ 地球のうた:

« チベットサッカー悲願の海外遠征 | Main | 風の王国 女王の谷 »