« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

2005.01.30

風の王国 女王の谷

oukoku3 チベ系ライトノベル(?)「風の王国」(04年8月30日)「風の王国 天の玉座」(04年9月9日)に続く3作目。私も付き合いがいいです(^^)。
 ソンツェン・ガンポの息子クンソン・クンツェンと文成公主の政略結婚カップルを主人公にした古代吐蕃ロマンシリーズ、今回はいよいよヤルルンへ……向かわず、舞台は東の小国「ゲルモロン」へ。
 ゲルモロンって何処よ知らないよ、と思っていたら「香巴拉-SHAMBARA 」のBBS「聊天之間」に、非常に詳しく解説して下さっている人がいました(04年12月12日の「お帰りなさいまし。」から始まるツリー必見)。そうか、ゲルモロン=rgyal mo rong=rgyal rong=嘉絨(ギャロン)なのか、金川(現在の漢語の地名)あたりなのか! (←近くまで行ったことある地域と分かりがぜん元気になる私)
 ストーリーは隣国の女王継承式をめぐり、今回も(?)宮廷ミステリっぽい陰謀と策略の話に。文成公主はストレートで裏表がなく、ひがんだりいじけたりしない性格に描かれていて、イイ子すぎるきらいもあるけど、好感持って読めます。ヤルモタンとかゲルモロンなど国がいろいろ出てくる割には異国情緒や世界観の違いがあまり際だたなくて、チベット離れて旅してる感じがあまりなくてちょっと残念。舞台がギャロン、ってところ以外は、チベ好きのツボにはまる描写はあんまりないかも。
 まだ続くみたいです。次こそヤルルン渓谷くらいまでは行きますよーに。
 ……はやく「十二国記」の続きが出ないかなあ(←なぜか無性に読みたくなった、、、)
 詳しくは→ Amazon bk1
 (2月9日追記)ちんたら下書きのまま放置している間に、うらるんたBBS(伝言板)で「風の王国」の話題になってしまいました。よかったらそちらも覗いてください…

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.01.23

ヒーリングカフェ 地球のうた

DSCN137011 年も改まったことだしチベ縁仲間で食事でもしませんか、と数人にメールを送ってみたものの、都合が合わなかったり返事がなかったりで結局Mさんとタイマン(←? ツーショット?)。(いや別に嫌がっている訳ではありません)
 せっかくならまだ行ってないところへ、ということで、店主さんとチベットつながりで知り合った、旧宮城村(昨年12月5日に前橋市になった)のアジア系カフェ&雑貨「ヒーリングカフェ 地球のうた」へ。
 (↑)古い農家を移築した建物の、引き戸を開けるとドルカル(ホワイトターラー)のタンカがお出迎えくださいます。
DSCN136711 店内は店主さんが仕入れたセレクトグッズやグローバル・ヴィレッジなどのフェアトレード製品がたくさん(→)。CDや本の販売もありました。家具や楽器などのオオモノより、アクセサリーやストーン、エスニックデザインの服など小物が中心。販売スペースの隣に、2人掛けテーブルが2つだけのアットホームなカフェスペースがあります。
 カフェのメニューは▽ネパールの家庭料理定食(タルカリ、ダル、アチャール、玄米)▽タイスープ(トムヤムクン)▽タイチャーハン(カオパッ)▽チベットパン(ネパールの手作りパン)▽スパイシーチベットパン▽チャイ▽ベトナムコーヒー……などなど。
 チベットパンとはどんなパレ(チベット語でパン)なのか、アムド・ゴレなのか(だったら狂喜乱舞)、ラサでムスリムがよく作って売っている平たい丸いパンか、すっごく期待を募らせておじゃましたのですが、オーナーでシェフの店主Kさんは商品買い付けのため2月上旬までタイに行っているとのことで、食事メニューはお休み中でした。残念。それでMさんがチャイ、私がベトナムコーヒーを注文。
DSCN136511 (←)ベトナムコーヒー……えぇぇえ~
 ガラスのコップにも入ってないし練乳とコーヒーと2層になってないし飲み終わった後に泥のような珈琲粉が残ったりもしないよぅ(涙)。アルミの3段フィルターまでは欲張らないけど雰囲気演出欲しかったかも。
 あ、味は(最初から既に)底までさらって全部かき混ぜた後だと思えば納得。
 店主さんにはメンツィカンのスパイスをプレゼントにことづけて、Mさん馴染みの「隆橋飯店」大胡店。北京酸菜鍋、水餃、韮焼餅など。Mさんオススメの鍋がおいしかった。水餃と焼餅は冷凍だと思った(もしかしたら業務用既製品)。本場の作りたてゆでたての水餃が食べたい、半斤くらい食べたい。
 3月4月に向けてのチベット話をするために会ったつもりが、いつもながら話題が旅に出てしまってボロブドゥールやアンコールワットや雲南やバリから戻ってこなかった…。また仕切り直そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.22

チベットサッカー悲願の海外遠征

 久しぶりに何も予定の入っていない完全休日。
 こういう日をどう過ごすかで人間の向上心みたいなモノが量られる気がするんだが(体を動かしに行くとか勉強するとかルーティン外の仕事に取り組むとか)、さらにはそれ以前にやらなきゃならないことがヒマラヤ山脈状態になってる気もするんだが(洗濯とか整理整頓とか掃除とか掃除とか掃除とか年賀状書くとか←オイ)、あと1時間寝よう…もう後ちょっとストーブの前に……と引きこもり。ダメ人間っす。
 引きこもりつつ「チベットサッカー 悲願の海外遠征」(制作・デンマーク/2003年)。原題は'The Forbidden Team'。>しもつかれさん本当にありがとうございました。
 内容の紹介はチベットハウスのニュースリリースとかぷちチベ(バックナンバー)とか。2001年6月に行われた、サッカーのチベット代表チームとグリーンランド代表チームの試合のドキュメントです。制作の背景については「清水満のデンマーク報告1(2003年9月)」にも。
 試合そのものがデンマークの映画制作学校(ホイスコーレ)のプロジェクトで、ドキュメンタリー制作を前提に行われたもの。思い出すのはオランダのプロデューサーがブータンとモントセラトの試合を仕掛けて映画にした「アザー・ファイナル(The Other Final)」で、オランダとかデンマークらへんの国(←うっわーむちゃくちゃアバウトな……ごめんなさい)の人ってサッカーとチベットが好きなのかもー、なんて思ったり。
 ただ単に「試合をする」だけなら、予想されるトラブルを避け、グリーンランドの代表選手をチベット難民キャンプに連れてくればいい話。それをせず、あえてデンマークで試合を開催したことで、国籍を持たない難民たちが海外に出ること、背中に「TIBET」と染めたユニホームで試合をすることにどれだけの意味があるのかが浮き彫りにされる。インドのID発行が間に合わなかったり、書類の不備でデンマークビザが降りなかったり、中国大使館がデンマークで試合を開催しないよう圧力を掛けたり――さまざまな場面で語られる「ただサッカーの試合がしたいだけなんだ」「これは政治ではない、スポーツなんだ」という言葉からは、却って皮肉にも、現実には誰もが政治や国籍や国家のパワーバランスの枠内にいて、たまたま自分が強者の側だったからそれを意識していないだけだ、とか、スポーツの試合でユニホームに背負うものはアイデンティティなんだ、ということを考えさせられます。
 その他、ちべオタのしょーもない感想をいくつか。
・ダラムサラ唯一のサッカー練習場、と紹介され、デンマーク人コーチが「まるで戦場だ、使えるのは半分だけだな」と酷評してたのはたぶんTCV(チベット子ども村)アッパー・ダラムサラ校のグラウンド。(後ろに特徴ある6角形のハウスが映っていた。)あそこはグラウンドのド真ん中を地元のインド人や牛が横切っていくし。あれは「難民学校がグラウンドを作る前から放牧する牛の通り道(けもの道?)になっていて、牛が歩くルートは変えられないため」と聞いたんだけど、真偽は知りません。
・試合前に皆でお経を唱えて瞑想する、とか、フィールドに入って対戦する相手にカタを捧げる、とか、たぶん「アザー・ファイナル」でもやっていて、うわぁチベット仏教徒のお約束だ、とツボ。これで試合が強かったら「少林サッカー」の世界に(ならないならない)。
・チベットサッカー協会会長が「これを空港で見せると笑われるんだ」と話していた黄色い表紙の冊子はインドのレジデンス証明(IDと呼ばれているかな)。「チベット難民であり、インド国内の××に居住することを許可する」というだけの書類で、××はダラムサラだったりムンゴットだったりマナリーだったり。常に携帯しなければならないし、1年ごとに更新しなければいけないし、勝手に別の町に移動してもいけない。管理するインド政府側からすれば「好き勝手に移り住んで勝手放題されちゃ困る」ってことなんだろうけど、チベット人側からしたら不自由極まりないのは事実。ルンタレストランでも、南インドのお寺を出ざるを得なくなってダラムサラに来て、ルンタで働くことになったのはいいけれど、IDの書き換えをして来ていなかったってことが後から分かり、デリーに出頭(?)してる……なんて出来事もありました。ちょっと姿が見えないなと思って聞くとIDのためにカトマンズまで行っているらしい、なんて話はよく聞きます。あれは国連難民高等弁務官事務所まで行ってるんでしょうか(難民であるという証明を取り直すために?)。インド生まれの難民2世と、本土から来た1世のIDの扱いも違うとか。複雑でよく分かりません。
・ラストのダライラマ14世がめちゃめちゃオチャメ。着るんか? 着るんか!? と一瞬びっくりして、何してんだよー、銭湯帰りのオヤジじゃないんだからよー、と突っ込んだ。やっぱり講演会行かなきゃかな。
・2002年の日韓W杯当時(もっと後だったかも)、チベット代表ユニホームのレプリカネット販売などで「チベット代表チームなるものもあるらしい」という噂はしてたんだけど、こういう背景があったとは。そういや昨年1月に新宿のチベットハウスでもらった英文パンフ、改めて見たら「Tibetan National Football Association」と書いてあった。うわ、これじゃん!
・04年8月にダラムサラ行ってぶらぶら散歩中、TIPAグラウンドでサッカーしてる集団がいた。皆どこかのレプリカのユニホームを着ていて、ロナウドが2人も3人もいたりしたけど、中に1人「Wangyal」と明らかなチベット名がプリントされた人がいた。「あれって自分の名前?」「妙に本格的だねぇ~」なんて見物してたんだけど、もしかして彼は元チベット代表だったのかも!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.15

ダライ・ラマ14世来日連続講演(05年4月9~17日)

 東京講演のチケットも発売開始になったので、覚え書き。
 このところ、周囲のちべ者(@あさださん)界隈では「4月の法王講演行く?」「ダライラマ講演会のチケット買ったの?」てのが世間話のタネになっていますが、……4月にどこで何してるか今一つ自信が持てない自分にはなかなか難しい話題だったり。02年10月の講演も行けなかったし、行かなきゃ行かないで後悔するんだろうなぁとも思うし、話を聴きに集まってくる人たちの雰囲気はそれなりに濃くて楽しい時間を共有できるだろうとも思うんですが……。まだチケット買ってません。

 ・東京講演(←ダライラマ法王事務所のサイトへ)
  『思いやりと人間関係』
  2005年4月9日(土)午後2時~6時
  会場:両国国技館
  料金:アリーナ席 7,000円∇マス席、2・3階席 5,000円
 ・熊本講演(←蓮華院のサイトへ)
  2005年4月10日(日)
  『心の平和から世界の平和へ』
  会場:熊本県立劇場コンサートホール
  <チケット完売>
  2005年4月 12日(火)
  法話会『智慧と慈悲』
  会場:蓮華院誕生寺の奥之院
  料金:3,000円
 ・金沢講演(←佛性會のサイトへ)
  2005年4月16日(土)・4月17日(日)
  龍樹菩薩の『菩提心の解説 (チャンチュプ・セムデール)』
  会場:石川県立音楽堂
  入場無料
  <往復葉書で応募の上抽選>

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.12

ソナム・ロサーその2

syogatu チベットからメール、その2。
 日本風年越し作戦まだ続いているようです。カユ(茶碗)がイイ感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.10

チベットビルマ話とか火鍋とか

DSCN13121 Yuzo's PhotoUさん、「ゆくらゆくらにアジア旅」改め青奇屋のKさん、ルンタのKさんとJR大阪駅。
 お二方ともサイトを持っていて積極的に更新されていて、既に日記で言及されてしまいました(こことかこことか……それにしても早っ!!)ので私からも。
 振り返って考えると共通の知人が縦横に重なってるにもかかわらずUさんKさんと個人的にお茶するのは初めて(かな?)。Uさんご多忙中ありがとうございました。チベットとかビルマとかあとはよく分からない話題をいろいろ。あくまでもヘビーな話題には踏み込まない方向で(何だそれは)。
 改めて思ったことは、無頼のUさん、クールなKさんお二方ともご自身の信念に沿って人生を行動しているところが共通点で、流れに逆らったり迷ったりしていなくて(かつて迷ったり脱皮したりしたのだろうけど、現時点ではそういう境地は既に通り越していて)、どこか突き抜けた印象を漂わせているのだろうな、ということでした。格好いいなあ。
DSCN13221 夜は知人と神戸へ出て「火鍋」。
 火鍋(ホォグォ)、というのは四川料理のひとつで、山椒や唐辛子やショウガや丁字や八角や豆板醤をぶちこんだ濃厚なスープにさまざまな具を入れて煮込みながら食べる鍋料理。慣れないと下痢は必至だけど、ちょっと体がだるいかな、なんて時に食べるとめちゃ元気になるし軽い風邪なら治ってしまう優れもの。個人的に、四川の豆花(今コンビニでも売ってる台湾の甘いお菓子では断じてナイ)と火鍋はもっと日本の中華料理店にも普及してほしい。
 「南京町は火鍋ブームで、『火鍋』って看板があちこちに出ている」と聞いたのが2年前の冬(←真偽は知りません)。火鍋食べたい火鍋~、たいがいの中華料理が中国本土よりおいしい日本、どんなにすばらしい火鍋が出てくることか~、と期待して、2年越しでようやく実現したのだけど、流行は既に終わったのか、南京町をうろついても「火鍋」の看板はなかった(ガックシ)。四川料理の店に聞いてみたけど「前日までに予約していただかないと」とのことで撃沈。
 やや離れた阪神「西元町駅」付近にある店で火鍋が食べられると知り、そっちへ。
 あれー……でも、この火鍋、赤くない……。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2005.01.09

ルンタミーティングと新年会(?)

 泊まりがけで関西へ。
 ルンタ日本事務局の04年の収支計算。というか、自分では何がなんだかさっぱりなので、主にMさんKさんに見てもらってる状態です。
 実は帳簿と残高が合ってない。帳簿と残高が合わない場合、普通はどこかに消えてしまったお金が使途不明金となるはずなんだけど、帳簿より残高が多い……なぜに。まあ「少ない」のであれば私が使い込んだことになってしまうから、それよりはマシな状況なのかもしれないけど(とほほ)。可能性としては、(1)帳簿上支出された金額が精算されていない(2)計上されるべき収入が記帳されずに残高だけ増えている――のどちらかで、(1)はあり得ないから、可能性としては(2)が高く、でも収入は郵便振替で送金されてくる会費と寄付がほとんどなのに……と混乱。「こまめに出納記録をつけないとどうしてもずれるよ」という結論になって、落ち込む。
 夜はJR山科駅近くのインド料理店「RAJU」で食事。チベット医学の専門家Oさん、年末年始は南アフリカ旅行でチベットレストランに行ったというEさん、年末年始にタイ・ラオス・中国国境を回り雲南民族村でチベタンダンスを堪能したらしい風来坊さん、しもつかれさん……など総勢12人でやたら賑やかな夕食会に。なかなか会えない濃いメンバーだったのに、単にカレー食べるだけに妙にエネルギーを使ってしまい、もったいなかったかも。ま、楽しかったからいいか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.01.07

ソナム・ロサー

zouni チベットからメール。
 (どうやって画像を添付してるんだろう? 最近の網巴はすごいんだなあ)
 貰い物をしたお礼に、餅や鰹だし(雑煮用)、餡(汁粉用)など日本の正月っぽいものをいくつか送ったのでした。(ノリで発作的に買い物したのでなんかイヤガラセっぽいものも入っていったような気がするけど^^;)。年越し蕎麦を入れ忘れましたがごめんなさい。えー、それがはるかチベットでこんなんなった、という画像でした。ちょっと嬉しい。
 どちら様も明けましておめでとうございます。
 チベットの新年は西暦の2月9日。ようやく年末の風情が出てきてるんだそうです(「ソナム・ロサー」と書いてありました。新年を前に功徳を積んだり買い物をすることでしょうか)。いいなあ、チベット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.02

チベット人と初詣

 親族との会食後、県内在住のチベット人の友人と再会。
 移動中、チベつながりのN氏からも電話が来たので3人で合流。
 せっかく正月だから初詣なんかどうかな、と。宮っ子(←宇都宮人)は馬場の二荒山神社、と相場は決まってるんだけど、市街地をちょっと走ったらすごい渋滞と駐車場難だったし、チベット人と一緒なんだったら神社より仏閣のほうがよろしかろう、ということで多気山(たげさん)へ。あるいは友人にとっては、会うたびにことさらにチベットっぽいことを要求されて却って迷惑なのかも知れないよな……ごめんなさい。
DSCN1282 多気山(多気不動尊)は不動明王像(重文)をまつり、宇都宮氏歴代の祈願所として栄えたお堂らしい。「不動明王だからたぶん真言宗のお寺だよ」(N氏)。「不動明王ってきっとチベットにもいますよ」とものすごく適当なことを言う私に、DNSJのN氏「大日如来の使者で、怒った姿をしているんです。大日如来はヴァイローチャナです」と一生懸命に解説(ありがとうございます)。友人はぴんと来ない表情だけど、サンスクリット名とチベット名はたぶん違っていて(弥勒菩薩がマイトレーヤーでチャンバーなように ←うろ覚えですごめんなさい)、ちゃんと名前を言えば分かるに違いないんだけど。調べてこなくてごめんなさい。
 「神社と寺はどう違うの」と友人。
 「ご本尊が違う。神社には神様がいて、お寺には仏様がいる」
 「それは分かってるけど……」
 鳥居があるのが神社、仏像がなくて鏡や玉が祀ってあるのが神社、おがむ時じゃらじゃら鳴らす鐘があってパンパン柏手を打つのが神社、絵馬を奉納するのが神社、巫女さんや神主さんがいるのが神社……と違いを考えてみたものの、やっぱりよく似て見えるんだろうか。(私がボン教寺院に行ってもゴンパと同じに思えるように……?)
 それでやっぱりややこしいことに、多気山にも鳥居があってお稲荷さんがいたり、破魔矢を売っていたり、するのだった。
DSCN1283 既に暗くて本堂をのぞいても何も見えず、ちょっと残念。隣の「大師堂」にも寄ると、「馬頭観音」という張り紙が出ていたので「あ、馬頭観音なら分かるよ……えーと、タムディン」などと適当なことを言うと(←エリオット・パティスンのチベットミステリに出てきたので覚えていた^^;)、友人は「タンディンは知ってる!」と喜んで灯明をあげていた。「事故や災害から護ってくれる神様でチベットでも人気がある」んだそうです。そうだったのか(←チベットでタムディンを見たことがない)。うわぁ私ちょっといいかげんなんで(ミステリ小説で覚えたなんて言えない)……違っていたらごめんなさい。
 仏様の名前とか由来とか、もうちょっとちゃんと覚えとこうと思いました。(ボロブドゥールにもいろいろ仏様がいたけどガイド氏はムスリムであまりよく分からなかったし)
 N氏から真言宗のお寺だと聞いて楽しみに行ったんですが(実際その通りで「真言宗智山派」だそうです)、あまりチベットっぽい所は見あたらなくて残念でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.01

今年もよろしくお願いします

 ぼーっとしているうちに2005年になってしまいました。
 今年もよろしくお願い致します。
 仕事が31日まで片づかず、大雪の中を実家に帰省、祖母宅の雪かきで風邪を引いてます。
  ◇
 なぜかまだインドネシアあたりをうろついていたらしい旅行中、ふと我に返ると肩に掛けたショルダーの口が開いていて、「あっ」となかを改めるとドルや円を入れた薄いポーチだけがなくなっている、「しまった、やられた!!」……と叫んで(←本当に声が出た)、がばっと目覚めたのが初夢、というなんだか夢見最悪な年明け。前後不覚のまま手探りでショルダーバッグの中身を確かめたのが1年の初めての行動、って何か情けなさ過ぎる。
 さらに2年ぶりに初詣に行った(詳細は後述)ものの、引いたおみくじは。初めて……じゃないとは思うけど、滅多に引かないよ、そんなん。さすがにその場で木の枝に結んで帰ってきたので内容はほとんど覚えてないけど「枯れた葉が枝から落ち、根は腐り、あとはただ朽ち果てるだけ」みたいな語句だった。どうなんだそれ。
 ……というわけで今年もどうやら前途多難っぽいうらるんた@年女です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »