« [お詫びとお願い] アピール賛同FAX | Main | 大学の公開講座で“国際化都市の推進” »

2005.02.15

胃が熱いんですが

mabo 夜中帰宅。
 豆腐と白菜が余ってるんで、電子レンジにかけて「ごはんがススム君レンジでおいしい麻婆豆腐」かけて夕食にしようか(>徹底的に料理しない私)、と、白菜を刻んだところでふと気が変わり、そういえばこんなの(←画像)があった、とレンジから鍋に変更。
 わーなんだ、これ。火を通している最中から、鍋の湯気がしみて、目が開けてらんないぃっ。
 ちょっと味見を、とひとすくいした途端にがほがほがほがほ! と咳き込んで止まんなくなった。うぇ~っのどに詰まる! 舌が痺れる! 食べるものこれしかないのに~、と涙目になりつつ、さらに数口、むりやり食べ続けたら、「……ん、まてよ。この味だ」状態になった。
 そーだ、麻婆豆腐はこういう痛みだった(←味、というより口の中の感覚の問題になっている)。
 箸が止まらん。なんか幸せだ。
 食べ終わってずいぶん経つけど胃が熱い。台所は(こんな夜中に換気扇回すわけにもいかず)くしゃみが出るので立ち入れない状態。うう。どんな食べ物だよ、いったい。……でもやっぱりちょっと幸せだ。火鍋、食べたいなあ。
  ◇
 ネパールのチベット難民事務所再開を求めるアピール、さらに進行中。
 Nさんから電話があり「大変そうですね」と笑われる。うーすいません。TSNJのサイト上での呼びかけにもFAX番号載せることに。小修正して、アップは明日とのこと。12~13日に白紙で受け取ってしまった3枚の賛同FAXは、お2方から「たぶん私です」と名乗り出ていただきました。本当にすみませんでした。m(_ _)m

|

« [お詫びとお願い] アピール賛同FAX | Main | 大学の公開講座で“国際化都市の推進” »

Comments

おしさひぶりです~

chenまーぼう豆腐、おいしそうですね♪
チベット関連は、ことしも熱くなりそうな予感。まずは口中からhotに、でしょうか。
そっちも寒そうですね。今日は東京も氷雨です。

Posted by: わだ | 2005.02.16 at 03:25 PM

陳魔(?)婆豆腐店の20数年ぐらい前は薄汚いちっちゃな店でした、写真もあるかな。豊かな成都でもみ〜んな人民服(中山服)でしたね。今は大きな店になって、お土産もあるんだ。
でもマーボじゃ無くマーラ、魔は実は麻薬の魔ですから痺れる。恐らく胃は痺れない、うな丼の山椒と魔の違いが判らない。オシエテ...

Posted by: 酔鬼 | 2005.02.16 at 11:22 PM

陳麻婆豆腐のそのパッケージって、どこかのデパートでの物産展で見た記憶があるんですが、そんなに刺激が強いモノなんですか。私じゃムリだな~お腹壊す…だけならまだしも、きっと痔になる…(*_*)。

Posted by: 苦沙弥 | 2005.02.17 at 01:25 AM

>わださま
 ご無沙汰ですーblog楽しみに拝読してます。
 チベット関連はちょっと出口が見えません、、
>酔鬼さま
 お久しぶりです。私が4年前に行った時も、成都の“本店”は、まあ立派で大きいですが高級感はソコソコでしたね。出入り口が通りに面してがっぱり開いていて、細かくたて切りにしたビニールシートで風よけを作っているんですがあまり役に立っておらず、予約なしでいくと出入り口に近い席に座らされ、底冷えのする中食事をするはめになったりしました。
 今や調料の土産物だけでなく日本支店もあります(行ったことはありませんが…)。
http://www.wa-sabi.ne.jp/shop/5002058/
 麻婆(麻辣)の「麻」を「魔」と書かれると、「やみつきになる人が続出したのは麻薬を入れていたからだった」というオチの都市伝説を思い出しますね(^^)。麻は「麻痺」の麻で、しびれる、とかビリビリする(長時間正座した後のつま先みたいな感じ)、という感覚を示すと思います。麻には「あばた面の」という意味もあってそれが「麻婆」の由来(婆は奥さんで、あばた面の奥さん、の意)とされていますが、それが「辛くてシビれる」麻と同音同字異義の掛け言葉になってるだろうことは疑いを持ちませんです。
 花椒と山椒がなんでこうも違うのか私には分かりません。山椒の実の佃煮なんて私大好物ですよ、日本では。葉っぱもアゲハの毛虫のごとく食べます。成都の火鍋では、煮えた野菜に絡まってくっついてきた花椒の実などかみ砕こうものなら……。「品種が違うんだ」と言う人もいましたが、同じ種類であろう植物でそんなに刺激が変わるものなんでしょうかね。
>苦沙弥さま
 おおーメッセージありがとうございます。同じパッケージ日本でも売っていましたか。私のは現地で買ってきた箱なので、日本輸出向けのものは味が上品になっているかも知れません……が、そこは中国人のことですから分かりません…。
 私は豆腐を100g(お1人様サイズ2丁です)しか使いませんでしたが、1袋(50g)は2~4人分と考え、豆腐2丁くらい使ったほうが良かっただろうと思います。わはは。体も温まるし、辛いモノ好きならゼヒ…と勧めたいところですが、苦沙弥さんは刺激に敏感そうな感じですね……失礼いたしました~

Posted by: うらるんた | 2005.02.18 at 02:25 AM

>>やみつきになる人が続出したのは麻薬を入れて>>いたからだった」というオチの都市伝説を思い>>出しますね

そりゃ、火鍋でアヘンですね。
都市伝説じゃないようです。

上海の例:アヘン率25%。
http://www.pref.hokkaido.jp/keizai/kz-bkkry/report/yanase00.02.04.html

重慶の例:アヘン率5割!
http://www.perinet.co.jp/tousai/9704/asian2.htm

Posted by: あさだ | 2005.02.18 at 07:42 PM

>あさだ様
 ……えええっ!
 それじゃ、私が先日来「火鍋~火鍋~」と騒いでいるのは、もしかして既にシャブ漬けってことだったり(怖!)

Posted by: うらるんた | 2005.02.20 at 03:03 PM

シャブは覚せい剤ですね。火鍋ネタだけに「しゃぶしゃぶ」の意でなければ。
火鍋はアヘン。

ま、前者は化学合成で、後者はケシの実を精製と違うものですが、どちらにしても習慣性がある、要は中毒になります。

お互い、将来、ニュースで「転落の奇跡」とかで卒業文集で書いてたことが報道される運命にならないように気をつけましょう。

Posted by: あさだ | 2005.02.20 at 09:13 PM

夢の島がゴミの島だった頃のお台場は、素朴な江戸の面影を残すところでした(35年ぐらい前)が、近年8チャンネルが出来たりしてからはいっさい近づいていませんでしたが、お台場に世界最強の「陳麻婆豆腐店」が出来たのであれば行ってみてもいいですね。(死ぬまで行くチャンスはないと思っていたのです、ハイ。)
先日噂の回転ドアの「六本木ヒルズ」にも中国人に連れられて行き、多少現代人になったつもりでしたが、なんとかカモメでお台場に行けば一気に21世紀人になれそうな気がしてきました。
その中国人(母親が四川人の上海人)の話では池袋の中華料理店の「四川火鍋」はイケルそうで先にそっちをやっつけようかとも思っています。

Posted by: 酔鬼 | 2005.02.22 at 03:57 PM

>あさだ様
シャブ漬けで薬物違いの場合ヤク中かヘロ中ってことでしょうか…どっちにしろ「転落の軌跡」にならんように気をつけますー。地取りされたら「いつか××××と思っていた」とか「当時から×××な人でした」とか言われそうな心当たりががんがんあっていやんな感じっす。(涙)
>酔鬼様
池袋に「四川火鍋」がありますか。こちらでは国道17号沿いシダックス(カラオケ屋)併設のファミレス風中華料理店に大きく火鍋の看板が出ていて、ちらちら気にはなってるんですが入る勇気が出ませんです。ここは一度入っておくべきでしょうか。

Posted by: うらるんた | 2005.02.23 at 02:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/2946541

Listed below are links to weblogs that reference 胃が熱いんですが:

« [お詫びとお願い] アピール賛同FAX | Main | 大学の公開講座で“国際化都市の推進” »