« 大学の公開講座で“国際化都市の推進” | Main | 3月10日記念マーチ »

2005.02.18

21通

 ネパールのチベット難民事務所再開を求めるアピール、届いた賛同FAXをまとめて有志の会の貞兼先生に速達送り。
 12日に呼びかけて以降、3枚を白紙で受け取ってしまった大ポカもありましたが、17日朝の時点で届いていたのは計8通。このくらいで終了かなー、自分を足しても9通だからもう1人誰か知り合いに声を掛けるとかして10通になるとキリがいいかな、なんて思っていたら、最終日17日の24時間でそれまでの累計を超える9通が届きました。計18通です。ありがとうございました。
 さらに18日夜までに締め切りを過ぎて3通が届き、こちらも追加で貞兼さんに宛て発送しました。
 貞兼先生の活動については、ランタンプラン・ニュースレターNo.26へどうぞ。

|

« 大学の公開講座で“国際化都市の推進” | Main | 3月10日記念マーチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/2992584

Listed below are links to weblogs that reference 21通:

« 大学の公開講座で“国際化都市の推進” | Main | 3月10日記念マーチ »