« 「幻の桃源郷シャングリラ伝説」 | Main | 日本語を学ぶ »

2005.02.28

ちべ流

tailiu 画像は、インターネットをさまよってたら目にとまった広告バナー。
 「韓流(ハンリュウ=韓国ブーム)」の次は「台流(台湾ブーム)」だ、という表現らしい。タイリュウと読むんでしょうか。そしたら、まああまりクルとは思えませんが、中国(大陸)ブームが来たら「中流」? なんかヤな響きだな、中流
 韓流がカンリュウではなくなぜハンリュウなのか、については、もともと中国で韓国芸能人人気やドラマの流行があり、それを「韓流(ハンリウ)」「韓潮(ハンチャオ)」と呼んでいて、その言葉を輸入したから、というもっともらしい説を聞いた(真偽は知らない)。少なくとも「韓流(韓潮)」が大陸でそのまま通じることは事実だし。
 台湾モノの流行については「せっかくだから“台風(タイフォン)”と呼ぼう」と提唱してるテキストを読んだこともありますが。あまりにも既存の一般名詞と共通する単語は定着が難しいような気がするなあ。「中」流の間抜けな響きは「華」とか「漢」で代用できるだろうけど。
 そんでまあもっとナイような気はするけど、仮にチベットブームが来たら……チベ流? (オレ流、みたいだ)
 原語だとプォェ流、みたいになるんでしょうけど、私にもきちんと発音ができません(無気音のpo+ウムラウト化、だったような)。漢字一文字で表現するのがアジアっぽいし流行りだし、というなら、「蔵流(ツァンりゅう)」? ツァンだけがチベットじゃない、とカンパやアムドワが康流(カムりゅう)とか安流(アムドりゅう)を主張しそうだな。それはそれで面白いか。なんかオチのない話題で失礼しました。

|

« 「幻の桃源郷シャングリラ伝説」 | Main | 日本語を学ぶ »

Comments

ウケたー!
先日ちょうど、電車の吊り広告で「華流」って字を見たので、チャイニーズ系はコレかな、と自分は思っていたのですが。無気音のポのウムラウト化…日本人には発音難しすぎますって(^^;。

あ、こないだの「看護学生さんの話」なかなかメール出せずにスミマセン。そんな多忙な人間ではナイのですが躁鬱気質が災いしていまして…(汗)。

Posted by: 苦沙弥@「俺流」by怒髪天 | 2005.03.02 at 10:40 PM

大陸の見解:
「寒流」=「韓流」(hanliu)だそうですが。
http://www.clair.org.cn/bj_arekore/contents/0_01.html

台湾で生まれた言葉で、韓国から来た=北方からの「寒流」=「韓流」だとか、日本のドラマに比べて「サムい」から「寒流」で、というのもあるそうで。後者は2chあたりのデマくさいですが。

Posted by: あさだ | 2005.03.03 at 06:27 AM

「台流」大歓迎です。
私、金城武君に片恋11年。 
夢でもいいから、金城・朝霧のキャスティングで
江國香織の「東京タワー」見てみたいよ。
実物に会いたいにゃん^^;

Posted by: 朝霧純 | 2005.03.03 at 12:30 PM

>苦沙弥様
 どうもです、メールはお気になさらずいつでも気の向いた時に! 「華流」が既に使われてるんですか、知りませんでした。なんか華道の流派みたいですね(花柳からの連想?)。「顆粒」とも紛らわしいし、「ホワりゅう」とか読ませるんでしょうか。ホワりゅう…ううむ。
 ちなみに「漢流」(漢民族文化の流行)だとやっぱり「ハンリュウ」になって、韓流と紛らわしいことうけあいです。“オトコ流”っぽくて面白いと思うんですけどね(^^;)
>あさだ様
「寒流」との掛けコトバなんですか、漢字の国の人らしいですねえ。2001年当時の成都商日報(だったかなぁ、記憶が…)なんかでは「韓潮」という単語を使ってましたねえ。「日潮が終わり韓潮がきている」みたいな感じで。
 当時の人気タレントは(なんせ漢字の国なので)「金喜善」とか「安在旭」とかで(記憶あやふや)、カン・スジとかハン・ソッキュなど浅いカタカナ知識ではついていけず。さらに最近の日本の流行はまたカタカナ表記で「誰それ?」状態。中国内陸ですごい人気で大学の売店にもポスターが吊されていた金喜善や安在旭はいまの日本の韓流でも人気なのか、ちょっと知りたいところです。
>朝霞純様
ジンチェンウー日本では最近見かけなくなっちゃいましたね…。もう少し年を取っていい老け方をして、また戻ってきてほしいですねー。歌は歌わなくていいから(^^;

Posted by: うらるんた | 2005.03.05 at 11:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/3126317

Listed below are links to weblogs that reference ちべ流:

« 「幻の桃源郷シャングリラ伝説」 | Main | 日本語を学ぶ »