« 記録映画にルンタ | Main | “OLダライラマ” »

2005.03.22

ネパール近況報告会

DSCN1557 カトマンズ、ランタンを訪問して18日に帰国された貞兼綾子さんのネパール近況報告会に参加。
 聴衆は25人ほどの濃いメンバー。遅れて会場に入って名簿に名前を書き込んだら、超有名探検家の名前があって(“))))((((”)どこどこ! とミーハーモードに(でもご尊顔存じ上げず結局どの人か分かりませんでした^^;)。その他アムネスティやチベット関係の知人数人。なんだかよくわからないけど会社から携帯が鳴りまくり、そのたびに1階まで降りて会場の外で掛け直し、雰囲気壊してご迷惑おかけしました。
 貞兼さんの報告。「1990年の民主化運動は何だったのか」「国王に近い政党が政権を担ってきたが、政党が乱立し、金儲けに走ったり援助を私し、数年ごとに交代する悪循環のなかでマオイストを生んでしまった」「国王親政(パンチャヤット制)から議会制への移行が急速すぎ、実態が伴わなくなっていたのではないか」
 現在の状況→「集会や報道の自由はまったくない。人々は疲れ切り、国王に対し『期待する』という支持の声も『がっかりした』という不安も口にしない。その日を生きるのが精一杯で、先のことを考えられない状況まで追い込まれているようだ」「カトマンズの外は冷えこみ、経済が安定していない。以前は雑踏と渋滞で大混雑していた郊外の市場が、人気がなくがらんとしていた」
 チベット難民福祉事務所(現在閉鎖中)について→「1月21日の閉鎖命令は、チベット人『難民』福祉事務所という名称に対し『中国から国境を越えた者はすべて“中国人不法越境者”であり、“チベット人の難民”は存在しない』という中国からのクレームに配慮したものと思われる」「ネパール国内のチベット亡命政府系機関が閉鎖させられたのは初めてではない。すべて『名称が許されない』という理由によるもの。1回目は1960年に日本でも使っている『ダライラマ法王代表部事務所』という名称を使い、ダライラマ代表部という名称がまずいということになった。現在収監されているコイララ元首相が事務所開設を認めたというが文書での記録は残っていない。2回目は1968~1969年ごろ、『チベタン・レフュジー・ウェルフェア・オフィス』で事務所を開設、2005年1月20日まで継続してきた。現在、“レフュジー”を削除した『チベタン・ウェルフェア・オフィス』への名称変更を申請し直そうとしているところ」DSCN1559
 スワヤンブナート近くのチベット難民受け入れセンターについて→「仕事の一部は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と一体となっており、建物も国連の資金が入っており、ネパール政府も手出しできず、機能している。900人近いチベット人が滞在している。うち600人が2004年に、300人が2005年になってから到着した難民」「ネパール政府は、1989年以降に流入する“新難民”について国内の居住を認めず、カトマンズにいられない。2カ月以内にネパールを出ていかなければならない決まりというが、UNHCRの調査とインドのパーミッション(受け入れビザ)発行は1日15人さばくのがやっとである。
 在ネパール日本大使館について→「署名153人分を提出した。チベット難民の置かれている状況と処遇について大使は『知っている』という感じで話を聞いていた。『(名義変更が認められて)福祉協会ができればいいですね』という他人事めいた肩すかしのようなことを言われた。『日本はUNHCRのドナーである、ぜひ見える形で支援を』と食い下がり、覚え書きを提出してきた」
 ――などの話がありました。

|

« 記録映画にルンタ | Main | “OLダライラマ” »

Comments

ネパールの昨今の情勢に関して、卓抜な論考を発見。

「選択」3月号
http://www.sentaku.co.jp/
思い出の国 忘れえぬ人々 ― 西水美恵子

西水さんは元世界銀行副総裁。
ネパールの「現場」に実際に足を運び、
”「この貧しさを見ろ。政治の腐敗を。民の苦しみを」時にすぅと近寄る青年の耳打ちから、マオイストが語りかけてくる旅だった。”として、
”「武力は民に物と心の潤いを与えない。政治を正す手段ではない」。そして今、国王に同じ言葉を捧げたい。無念。”との言葉で結ばれています。

「選択」は会員制で本屋で手に入る雑誌じゃなく、勝手にスキャンしてpdfとかで公開しちゃうわけにも行かないし。それが激しく無念残念に思います。チャンスがあればご一読を。

Posted by: あさだ | 2005.03.24 at 10:31 PM

ネパールは、国連加盟国ですが、難民条約に加入も批准もしておらず、中国は国連常任理事国、ついでに難民条約加入国。(難民出すなよ!!)
http://www.unhcr.or.jp/protect/kameikoku.html

UNHCRが、もっと中国に抗議しなくては・・・と思うけど。 セクハラの叔父さんの後任者、決まったのかな?? アナンさんも寿命短そうだしね。

Posted by: 朝霧純 | 2005.03.25 at 04:49 PM

   ↑ 
「難民出すなよ」って、チベットを中国と主張するのなら難民と呼ばれるものを生み出すな。という意味だからね。(日本語は難しいよ^^;)

日本は、国連への拠出額、第2位でしょ。それって所謂、私の少ない税金の一部だよ。 だから、無関心じゃなくて、皆が関心を持ったらいいと思うの。 国連批判も色々あるけど、カンボジアやアフガニスタンも復興し始めているし、やっぱり、ないよりはある方がいいと思う。

Posted by: 朝霧純 | 2005.03.28 at 04:37 PM

上のコメントで書いた
「選択」3月号
http://www.sentaku.co.jp/
思い出の国 忘れえぬ人々 ― 西水美恵子
の全文です。
経済産業省経済産業研究所サイト。

ご一読を。

http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/wasureenu/03.html

Posted by: あさだ | 2005.04.04 at 11:19 AM

>あさだ様
 おーurlありがとうございます! 昨日(3日)再度集まりがあったばかりで、いろんな話が出ました。紹介いただいたテキストもそうですし、ネパール国内から発信されている日本人の発言についても、日本などの尺度で単純に推し測れるものではないんだと思います、ネパールって。ただ「ネパール人はほんらいみんな犬も猫も殺せない暴力に向かない人たち。なんでこんなことになっているのか」という嘆きは共通している…のかな。
 とりあえず、お礼まで。

Posted by: うらるんた@東京 | 2005.04.04 at 01:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/3402529

Listed below are links to weblogs that reference ネパール近況報告会:

« 記録映画にルンタ | Main | “OLダライラマ” »