« 週刊新潮グラビアにチベット旗(?) | Main | ジンガロの「ルンタ」行きました! »

2005.04.29

「ルンタ」がみたい

 チベットをテーマにした騎馬オペラ「ジンガロ」が見たい~、と思いつつ既に4月も末。
 見たいよう、だって「ルンタ」(*)じゃん(>それだけだけど)。
 3月に一度計画したんだけどチケット買おうと思ったら休演日だったことが分かり中止。その後も先の予定が立てにくくて前売りチケットが買えず、知人の都合と合わせてGW中に1日だけ空きそう、ということになったんだけど、改めて確認してもらったら前売りはすべて完売、「当日券が若干出るが枚数までは分からない」らしい。「午後3時半から売り出される当日券に早い人は午前11時くらいから並んでいる」とのこと。ひえええっ。 どうしよう。ここは一つ、並ぶしかない……のか。
 (*ちなみに演題は「Loung-ta」、Lung-taとちょっとだけ綴りが違う。仏語発音なのかしら)

|

« 週刊新潮グラビアにチベット旗(?) | Main | ジンガロの「ルンタ」行きました! »

Comments

昨日(04/30)観てきました。
場所は深川の東京都現代美術館隣の特設会場。駅からけっこう歩きますので時間に余裕をもった方がいいかも。

中に入るとまずはショップ+カフェ。たくさんの公演グッズは理解できるけど、エルメスのショップやおフランス製高級チョコやらはなんじゃこりゃ? ちょっと高級な社交場的雰囲気で、私は来る所間違えたって感じでどうも落ち着かない。カワチェンがCD販売やってて、やっとチベ界の方にお逢いできてホッとしました。開場は開演の90分前なのに、シアターへのご案内は開演10分前。この間にこちらを十分にお楽しみくださいってことなのね。

内容は…内緒内緒。観てのお楽しみってことで。「オペラ」と期待していくと違っちゃうかも。表現が難しいのですが、芸術性の高い(洗練された)チベット風サーカスって感じかな?あるいはディズニー・オン・アイスならぬ「チベット・オン・ホース」? めちゃくちゃな表現ですみません >>製作者の方々。
会場は満席。お香の焚かれる中、鉦+太鼓+ラッパ+ギュトゥ寺の僧侶の声明、五体投地、チティパティやターラの踊、ルンタのタルチョや紙(なんて言うんだっけ?)、チベットの雰囲気を感じることができました。

かつてこれほど多くの日本人が生のチベットの音に触れる機会があったでしょうか? これだけ多くの人が来場され、しかもこれだけ長期間開催しているのですよね。一般の(?)方がチベットの文化に触れるのに、とってもよい機会になるのではないかと思いました。

5月8日まで開催してますから、まだの方は是非!是非! (…って主催者とは関係ありませんので、念の為)

Posted by: ささ | 2005.05.01 at 12:08 PM

>ささ様
そんな涎が出そうなコメントを…(TT)
「えるめぇす」とかの世界には私も縁遠いので、そのへんが不安要素ではあります。演劇とかオペラとかもゼンゼン見ない芸術に疎い人間だし…。「音」の専門の方に鑑賞のツボを教えて頂いてありがとうございました。
Yahoo!オークションとか見たら、2枚で48500円とか値段がついてるんでビックリ(まあ、元値も1枚18000円するんですが)。
というわけで、今日はこれから泊まり勤務で明日まで仕事。明後日、朝イチで群馬を出て、ダメモトで当日券に並んでみます。

Posted by: うらるんた | 2005.05.01 at 03:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/3920638

Listed below are links to weblogs that reference 「ルンタ」がみたい:

« 週刊新潮グラビアにチベット旗(?) | Main | ジンガロの「ルンタ」行きました! »