« ジンガロの「ルンタ」雑感(ねたばれなし) | Main | 「寒い家」 »

2005.05.06

こんなのも見た

DSCN16801 GWの上京、帰りがけに実は1人でふらっとこんなのも見てきました。
 →「なんでも作るよ。」
 (「2005Exhibition Nurseglove」
 ただネットで知っただけのものに実際に足を運んでみた、ってのは初めて。「ホントかコレ!」って半信半疑ちっくなところもあったし「既にネットやブログつながりで知り合っている人たちばかりで入り込めない雰囲気だったり」とかこわごわだったんだけど、行ってみたら、うわっ会場に入りきれない人が列作ってるよ!!
DSCN16821 中をちょっとのぞいたら、この行列が会場内までみっちり。す、すげー…。
 「ボランティア」と札つけたスタッフTシャツ姿の人が「最後尾」ってボードを上げてたり(遊園地とかコンサート会場とかコミケのノリなんだろう)、気合い入りまくってるなー。
DSCN16841 客層はいわゆる「オタク」系の人たちなのかと思ったら、いや確かにそういう雰囲気の人が一番多かったんだけど、5~6歳の子ども連れたお父さんあり、60歳くらいの職人っぽい初老の男性あり、荷物持ってあげたくなるおばあちゃんあり、若いカップルあり、でバラエティに富んでました。
DSCN16851 かつて一世を風靡した「明和電機」とか、謎のエレキ馬頭琴(←これ何気にスゴイっす! かるまさんからサイトを教えてもらったんだけどチベット者なら一見の価値アリ)の世界だな、と。こういうの大好きです。足踏みミシン風macにしろエレキ馬頭琴にしろ、(それがパソコンとか馬頭琴として性能がどうかってのは置いといて)実際に電源入って稼働する、ってところが特に。モノつくる人ってスゴイよね。
  「エレキ馬頭琴」とか「自動五体投地人形」「リチャージャブル電動ツァンパ練り器」とかの展示会もあったらゼヒ見てみたいけど、……サンライズから版権許可取ってボトムズ1/1を作るほどには人が集まらないんだろうなぁー。オタク市場のパイが少ないって言うか(←だからアニメ漫画とチベットを同列に語るなと)

|

« ジンガロの「ルンタ」雑感(ねたばれなし) | Main | 「寒い家」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/4046399

Listed below are links to weblogs that reference こんなのも見た:

« ジンガロの「ルンタ」雑感(ねたばれなし) | Main | 「寒い家」 »