« 「青蔵高原」♪ | Main | 土産話を聞く »

2005.10.18

続「青蔵高原~♪」

 健康診断で日帰り上京したついでに雪蓮「咲いた」購入。
 J-popじゃなくてワールドミュージックの棚になるのか。探しちゃったよ。
 視聴コーナーなどには置いてなかったので、とりあえず買って、どきどきしながらカップリング「青蔵高原」を確認。
 うわっ出たっ、やったっ、マジもんだ!(喜) イヅォ~ヅォシャ~ンですよ、ヤ~ラ~ソ~~ですよ、ナージゥシーチンザンカオユェ~ン~~ですよ! 3人姉妹が輪唱するように編曲してあってなんだかものすごいことになっています(とてもカラオケで歌えそうにない難しさ!)が、ふふふ、これは嬉しい。ふふふ。
 雪蓮(シュエリェン)歌うまいなあ。もともとチベット民謡の出なんだもんな。ぜひチベット民謡も歌ってほしかったり(チベット語の民謡で日本でCD出すのは難しいとは思うけど…でもほしい)。まてよ、11月発売のマキシシングル「シャングリラ」ってのは、「香巴拉并不遥遠」みたいな歌なんでしょうか!? (←ないない) 楽しみだなあ、シャングリラ(^^)
 ところで「青蔵高原」、チベット本土で日本人とチベット人が集まった宴会で、チベット研究者のIさんがカラオケのマイクを握り、裏声で熱唱していたことが忘れられません(チベット人もやんやの喝采で、芸達者さにびっくりした^^)。以来私にとっては「Iさんの持ち歌」。いいもの聴いたよなー(^^)。あの後、成都でカラオケボックス入ってみたけど「青蔵高原」はなくて、ほほう中国では収録曲に地域性があるんだろうか、などと考えたっけ(単にカラオケメーカーの違いの可能性はある)。その歌が日本でCDになるとは素敵(まーカラオケに入っても実際に歌うのは難しそうだけど^^;)。
 ◇
 ところで、このへんで西安出身の女性歌手がアルバム「ファーストアルバム」(徳間ジャパン)で歌っている「青蔵高原」、「どうも『ヤ~ラ~ソ~♪』ではないみたい」と書きましたが、訂正。私がサビ以外のメロディをちゃんと知らず試聴しても分からなかっただけで、完璧に(韓紅、李娜などの歌手が歌い今回シュエリェンがカップリングにした)「青蔵高原」(北京語)でした。ふーん、なんで皆「青蔵高原」を日本で歌うんだろう?

|

« 「青蔵高原」♪ | Main | 土産話を聞く »

Comments

青蔵鉄道 の話が某読売の無署名の連載記事で出ていましたね。
つまり、ベクトルは青から蔵で、蔵から青のイメージがない。某読売の記事で「青蔵鉄道は、中国がインドとの戦争の可能性も織り込んで作ったもの」ような事を書いていました。ゾウはどうもドウでもいいのかも知れない・・・(どうしましょうか?)。

Posted by: 醉鬼 | 2005.10.19 at 11:09 PM

>酔鬼さま
ごぶさたしてます。読売の記事はまだ読んでませんごめんなさい。明日探してみます。
「青蔵」鉄道が「青→蔵」に思える、というご指摘ですが、「日中関係」(by日本)が海を渡ると「中日関系」(by中国)になるように、視点の置き方で後先が決まるのかなと思います。考えてみれば「川蔵公路」にしろ「新蔵公路」にしろ内地からチベットに向かうことを念頭に名づけられていますもんね。チベット人がチベット語で現地の言葉で呼んでいる道の名前は違う視点で名づけられているかもしれないと思いました。

Posted by: うらるんた | 2005.10.20 at 01:57 AM

うらるんたさん!今度東京でゆっくりできる時があったら(お忙しい人だから難しいかな…)カラオケ行きましょうよ!自分の行きつけのチェーンはちと割高らしいですが(ほかの店は滅多に行かないものでワカラナイ・汗)上野店で昼カラオケなら結構安いですし、何より配信曲数(メーカー数)が関東髄一だと思うので、レアな曲を唄いたい時は特にオススメです!自分はJ-POP(20~30年くらい前の日本のフォークやニューミュージックも含む)と親の世代の「懐メロ」が殆んどですが…。民歌と言えば唯一唄えるのは「草原情歌」(漢語だとワンコーラスしかですが日本語詞ならfullで覚えています)ですが、本来ゆっくりした曲なのに、何となく口ずさむ時はテンポ速くなっちゃっているので、いつだかカラオケで唄ってみたら息が続かなくて参りました(^^ゞ。(←要するに肺活量が足りないのです。)Gen Gen-la(今度からネットではこう呼ぼうかな(笑)…でも電話機で入力するのはちと面倒(爆))が驚いた様子で、「えっ、どこの歌なんですか?」「青海省です!」「おーっ!良いですね~」―って。でもチベット系ではないんだよね…。

Posted by: 苦沙弥@PHS | 2005.10.30 at 04:08 AM

> 苦沙弥@PHSさん
どうもです! この前、池袋で「故郷」って名前のモンゴル料理店(モンゴリアではなく内蒙古の方でした)に行ったんですが、数軒手前の並びに「中国語専門カラオケ」というそのものずばりな看板があって「さすが東京はすごい」とびっくりしました。(BOXではなくカラオケスナックだったのかもしれませんが。でも時間制で1時間いくら~とか書いてあった気がする)
歌えそうな歌をみつけても広東語だとギブアップなので、ワンフェイとかテレサ・テンとかアンディラウとか両方で歌っている歌手さん(というかほとんどの流行歌手が両方で歌ってるんだろうな)には2種類のバージョン選べるようにしてくれること希望。←ってニッチ産業にさらにニッチな注文つけてどうするんだろう

Posted by: うらるんた | 2005.11.01 at 04:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/6467576

Listed below are links to weblogs that reference 続「青蔵高原~♪」:

« 「青蔵高原」♪ | Main | 土産話を聞く »