« 西蔵警察 | Main | 新宿で打ち合わせ »

2006.01.13

ダライラマのチェーンメール

 流行ってるらしいことはどっかで目にしてたんですが、ついにウチにもこんなメールが。

Subject: Re:ダライラマの言葉

親愛なる皆様へ
 これはダライ・ラマが2005年に贈ったメッセージです。読み終わった後はお友達に教えてあげて下さい。これはペイフォワードです。安らかに読んでみてね!読んだら96時間以内にお友達に転送してみて下さい!あなたがどんなに警戒心の強い人でも“Faith(確信)”さえあれば、驚くほどの素晴らしいことがあなたに起きますよ!本当です。心を静め読んでみてください。

●「生き方」インストラクション
1. 大きな冒険を伴う大いなる愛と行いを大切にしなさい。
2. 失うものはあっても、与えられた教訓は失わないこと。
3. 3Rに習うこと
―自身を敬い(Respect)
―相手を敬い(Respect)
―自分の行動全てに責任(Responsibility)を持ちなさい
4. 求めているものが手に入らなくても、実はそれが幸運である事もあるのです。
5. ルールを学ぶと正しいルールの破り方も学べます。
6. 些細な争いで大切な関係に亀裂を入れてはいけません。
7. 間違いだと気付いたら、すぐに過ちを正す行動をとりなさい。
8. 一日の中で、一人で過ごす時間を持ちなさい。
9. 変化に寛大であれ。しかしながら自分の価値を失うなかれ。
10. 時には沈黙が一番の答えである、という事を忘れないこと。
11. 正しく気高く生きなさい。年齢を重ね過去を振り返る時に、二度に渡って人生を楽しめるようになるでしょう。
12. あなたの家庭にある愛に満ちた空間こそが、あなたの人生の基盤なのです。
13. 愛する人との間に相違が生じたら、今起きていることだけに対処すること。決して、過去は持ち出さないこと。
14. 自分の知恵を分かちあいなさい。それが不滅を実現する道なのです。
15. この地球に優しくあれ。
16. 一年に一度、まだ見知らぬ土地を訪れなさい。
17. 互いが必要とする以上に愛しあうところには、最高な関係が存在しています。
18. 手に入れるために諦めたことが自分の成功だと判断しなさい。
19. 愛に臨み、自由気ままに扱いなさい。

このメッセージを大切な人に転送しましょう。
0―4人: あなたの人生は上向きます。
5―8人: あなたの人生は自分の望む通りになります。
9―14人: 3週間以内に少なくとも5つの驚きが訪れます。
15人: あなたの人生は劇的に向上し、未だかつて無い程の願いが形となって現れます

○○です。これはもしや電話会社の陰謀? 今月ケータイ使い過ぎとしりつつ、出してもうた^_^; 流行っているのでしょうか?

 ……いや、単なるチェーンメールだと思うよ。
 転送する時間や人数を指定したり、「2005年の」なんて新しいもののように文面を改竄してある部分が悪質だと思う。
 このへんによると真偽を確かめるためにダライラマ法王日本代表部事務所に問い合わせた人もいるみたいで、「分かりません。どこかの本に書かれていた内容かもしれないので、メールを送った人に掲載元を聞いてください」と言われたようだ。そりゃそうだ。出典元のない引用なんか信用できないし、並べられてる言葉自体あんまりしっくりしない。そもそも「15人に転送すると願いがかなう」とか、そういうの、ありえないから。
 チェーンメールだけどいいこと書いてある、なんて感想も見かけたけど、そうかぁ? まぁそんなんは個々人それぞれの受け取り方で、私は相田みつをみたいな安っぽい格言が生理的にキライってのはあるけど。テレビ番組のインタビューだって6年前のレセプションでのスピーチだって去年の国技館での講演だって、もっと含蓄があって印象に残る言葉があったような気がするけどな。
 英語版はさらに数年前から出回っているようで、このへん(Wisdom from the Dalai Lama-Fiction!―2004年3月)このへん(Did the Dalai Do It? - BreakTheChain.org―2001年3月)あたりが参考になると思います(いずれも「ニセモノ」「クロ」判定。最初のサイトによると、回っているメールのバージョンによっては「ネパールの幸福タントラ」というタイトルのものもあるとか。2番目のサイトによると、そもそもの出典はJackson Brown and H. Jackson Brown Jr.という作者の「Life's Little Instruction Book」という出版物だったとされています)。
 そもそも英語版には「新世紀を迎えるにあたっての」なんて文言があるので、2000年末から2001年ごろのチェーンメールなんだろうなあ。「Ethics for the New Millennium」というダライラマ14世の著書自体はあるので紛らわしいです。項目の少ない(?)こんなバージョンもありました。。(にしても、私のところに流れて来るまでに約5年。流行に乗り遅れた古臭い話題ですいません。)
 日本語では、2000年末に既にホイチョイ・プロダクションが英語版チェーンメールをネタにした『ダライ・ラマ氏のありがたいお言葉』なんてネット連載コラムが。わははは、これ面白い! さすがプロだなぁ(「経典をグルグル回せば……」なんて、分かっててあてこすってるみたいでかなりブラックだけど)。

|

« 西蔵警察 | Main | 新宿で打ち合わせ »

Comments

はじめまして。
kazesanのブログのトラックバックから飛んできました(不慣れなもんでどうやってアクセスしていいかわかりませんでした。。。ふ~っ、やっとたどり着いた・笑)。
kazesanに「チェーンメールでは?」と指摘した「友人」です。この度はお世話になりました。
やっと溜飲が下がりました。
わたしは以前、法王の事務所が出しているチベット通信を毎回読んでいたので、このメッセージの中身については???でした。あまりに内容の深みが違うので。
チェーンメールと指摘されている英語のサイトまでたどり着けて、ほっとしました。
どうもありがとうございます。

Posted by: たま | 2006.01.14 at 10:32 PM

先ほど書き忘れましたが、このページを私の方のブログとリンクさせていただいてもいいでしょうか?(って、私のはmixiっていう会員制のなんですけど、・・・そちらは見られないですよね?どうしたらいいでしょうか?)

Posted by: たま | 2006.01.14 at 10:34 PM

>たまさん
コメントありがとうございます。法王事務所に問い合わせされたご本人でらっしゃいますか! うわなんか緊張(^^; Kazesanのブログでは英語版バージョンまではさかのぼっていなかったようなので、お役にたてて嬉しいです。トラックバックしてよかった(^^)。リンクはどこからでも張っていただいて構いませんです。
mixiについてはmixi内からメッセージ送らせていただきますね。

Posted by: うらるんた | 2006.01.15 at 01:51 AM

うらるんたさん、こんにちは! スクマールです。
ご無沙汰しておりますがお元気ですか?

このチェーンメールの件ですが、そもそもの出典と思われている,
H. Jackson Brown, Jr. LIFE'S LITTLE INSTRUCTION BOOK1.2.3の3冊(Rutledge Hill Press刊)を入手しました。

最近、まだ日記やプログで紹介されていることを知りましたので、英文のチェーンメールと上記書籍の内容との比較を行い、mixiでの日記でその結果を報告しました(すでにメールでお知らせしたものを若干手直ししています)。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=290416471&owner_id=1173138
ただ残念ながらmixiは会員制ですので多くの方に読んでいただけないので、まことに勝手ながらこちらにも書かせて戴きたいと思います。

それではその結果をお知らせ致します。
英文のチェーンメール内のメッセージ内容(下記の1~19)と、LIFE'S LITTLE INSTRUCTION BOOKの中の文章を比較しますと、一部、表現が代えてあるものもあるようですが、ほとんど同じと考えていいと思います。
わたしは英語が得意でないので英語の得意な方の感想をお聞きしたいです。

なお、最初の番号1~19はチェーンメールでの番号です。
後の番号(三桁の番号)は原著(LIFE'S LITTLE INSTRUCTION BOOK)内での番号です。
カッコ内の番号は、Vol.Ⅱの邦訳&解説書である、

名言は人生を拓く―生き方上手になる「517の教え」
加藤諦三(著・訳)、H.J.ブラウンJr(.原作)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062070073/qid=1139830565/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-3399654-9393829#product-details

の中での番号で、その後に加藤諦三氏の訳と訳が載っているページを記載しています。
「LIFE'S LITTLE INSTRUCTION BOOK」にはページの記載はありませんので、メッセージ番号だけを載せています。
表現が代えてあるものについては、原著の文章を下に示してあります。
下に「原著」と書いてないものは、文章がまったく同じということです。
特に断わりが無い場合は、すべて第2巻(VOLUME Ⅱ)に収録されています。

1. Take into account that great love and great achievements involve greatrisk.
原著:Remember that great love and great achievements involve greatrisk.
870(359:大恋愛と大事業は大きなリスクを伴う。P220)

2. When you lose, don't lose the lesson.
569(58:勝負に負けても、その敗北から学ぶことを忘れてはならない。P42)

3. Follow the three Rs: Respect for self, respect for others,responsibility for all your actions.
原著:Remember the three Rs: Respect for self; Respect for others;Responsibility for all your actions.
567(56:三つのRを忘れるな。自身の尊厳(Respect)、他人への敬意(Respect)、己の行動に対する責任(Responsibility)。P41)

4. Remember that not getting what you want is sometimes a wonderful stroke of luck.
原著:Remember that not getting what you want is sometimes a stroke of good luck.
893(382:欲しいものが手に入らないのは、ときには思いがけない幸運である。P232)

5. Learn the rules so you know how to break them properly.
原著:Learn the rules. Then break some.
916(405:規則は学んでから破ること。P246)

6. Don't let a little dispute injure a great friendship.
576(65:小さなことで、大切な友情にひびをいれてはいけない。P45)

7. When you realize you've made a mistake, take immediate steps to correct it.
623(112:自分が間違いを犯したことに気づいたら、ただちにその修正を開始する。P72)

8. Spend some time alone every day.
原著:Spend some time alone.
668(157:たまには一人で過ごす時間をもつこと。P104)

9. Open your arms to change, but don't let go of your values.
672(161:変化を受け入れること、ただし、自分の理想を失ってはならない。P106)

10. Remember that silence is sometimes the best answer.
688(177:沈黙が最良の回答であることもある。P113)

11. Live a good, honorable life. Then when you get older and thinkback,you'll be able to enjoy it a second time.
原著:Live a good, honorable life. Then when you get older and think back,you'll get to enjoy it a second time.
731(220:立派な恥ずかしくない人生を送ること。そうすれば、年老いて人生を振り返ったときに、もう一度楽しむことができりだろう。P138)

12. A loving atmosphere in your home is the foundation for your life.
原著:A loving atmosphere in your home is so important. Do all you can to create a tranquil, harmonious home.
782(2711:愛情に満ちた空気が家庭には不可欠。静かで調和の取れた家庭を築くために全力をつくそう。P169)

13. In disagreements with loved ones, deal only with the current situation.Don't bring up the past.
797(286;愛する人々と意見が分かれたら、話の内容を現在にとどめること。過去の話題に言及してはならない。P177)

14. Share your knowledge. It's a way to achieve immortality.
817(306:自分の知識を人に分け与えること。それが不死への道だ。P188)

15. Be gentle with the earth.
原著:Be gentle with the Earth.
818(307:地球に優しくすること。P189)

16. Once a year, go someplace you've never been before.
885(374:年に一度、それまでに行ったことのない土地を訪ねてみること。P228)

17. Remember that the best relationship is one in which your love for each other exceeds your need for each other.
原著:Remember that the best relationship is one where your love for each other is greater than your need for each other.
926(415:最高の人間関係とは、お互いに相手から求めるものよりも、相手に向けた愛のほうが大きいこと。P252)

18. Judge your success by what you had to give up in order to get it.
957(179:幸運を簡単に手に入れられると思うな。それは行動の結果としてついて来るのだから。P114)

19. Approach love and cooking with reckless abandon.
980(469:愛と料理は自由奔放に立ち向かうこと。P284)

さて、比較してどう思われたでしょうか?
ほとんど同じだと思いませんか?

あれからネットでいろいろ調べたら、ワールド・チベット・ニュースの記事の中に下記の記述がが見つかりました。

A chain e-mail message recently circulated with his
"millennium mantra," offering advice such as "Approach love and cooking with reckless abandon" and "Once a year, go someplace you've never been before."
This e-mail message was in fact a hoax, but it nevertheless was widely circulated.

World Tibet Network News
Published by the Canada Tibet Committee
Sunday, September 21, 2003
http://72.14.235.104/search?q=cache:SaikxBJSaOsJ:www.tibet.ca/wtnarchive/2003/9/21_5.html+dalai+lama+chain+mail&hl=en&ct=clnk&cd=16&lr=lang_en
より引用

hoax  の意味を調べてみますと、
名]
1 人をかつぐこと;(冗談でする)いたずら, 悪ふざけ, 悪さ

つまりは、現在巷で流付しているメッセージは、やっぱり、うらるんたさんたちのご想像の通り、ダライラマのメッセージなどではなく、ダライラマの名前を利用したいたずらなんですね!

ついでにダライラマの名前が出てこない「Nepalese Good Luck
Tantra-Instructions for Life」(名称は幾つかヴァリエーションがあると思います)の中のメッセージと原書のメッセージとを比較してみました。
カッコ内の番号は、原著(LIFE'S LITTLE INSTRUCTION BOOK)内での番号です。

INSTRUCTIONS FOR LIFE
1.Give people more than they expect and do it cheerfully.(594)
2.Memorize your favorite poem.(618)
3.Don't believe all you hear, spend all you have or sleep all you want.(696、原書ではhaveの後に、, あり)
4.When you say, "I love you", mean it.(697)
5.When you say, "I'm sorry", look the person in the eye.(698)
6.Be engaged at least six months before you get married.(700)
7.Believe in love at first sight.(512)
8.Never laugh at anyone's dreams. People who don't have dreams don't have much.
原書:Never laugh at anyone's dreams.(513)
9.Love deeply and passionately. You might get hurt but it's the only way to live life completely.(518)
10.In disagreements, fight fairly. No name calling.(541)
11.Don't judge people by their relatives.(546)
12.Talk slowly but think quickly.(554)
13.When someone asks you a question you don't want to answer, smile and
ask, "Why do you want to know?"(555)
14.Remember that great love and great achievements involve great risk.(870)
15.Call your mom often.
原書:Call your mother.(511*book1に収録)
16.Say "bless you" when you hear someone sneeze.(561)
17.When you lose, don't lose the lesson.(569)
18.Remember the three R's: Respect for self; Respect for others;Responsibility for all your actions.(567)
19.Don't let a little dispute injure a great friendship.(576)
20.When you realize you've made a mistake, take immediate steps to correct it.(623)
21.Smile when picking up the phone.The caller will hear it in your voice.(625)
22.Marry a man/woman you love to talk to. As you get older, their conversational skills will be as important as any other.
原書:Marry a woman you love to talk to. As you get older, her conversational skills will be as important as any other.(658)
23.Spend some time alone.(668)
24.Open your arms to change, but don't let go of your values.(672)
25.Remember that silence is sometimes the best answer.(688)
26.Read more books and watch less TV.
原書:Read more books.(711)、Watch less TV.(712)
27.Live a good, honorable life. Then when you get older and think back,you'll get to enjoy it a second time.(731)
28.Trust in God but lock your car.(757)
29.A loving atmosphere in your home is so important. Do all you can to create a tranquil harmonious home.(782)
30.In disagreements with loved ones, deal with the current situation. Don't bring up the past.(797)
31.Read between the lines.(791)
32.Share your knowledge. It's a way to achieve immortality.(817)
33.Be gentle with the earth.
原書:Be gentle with the Earth.(818)
34.Pray. There's immeasurable power in it.
原書:Pray. There is immeasurable power in it.(847)
35.Never interrupt when you are being flattered.(869)
36.Mind your own business.(662)
37.Don't trust a man/woman who doesn't close his/her eyes when you kiss.
原書:Don't trust a woman who doesn't close her eyes when you kiss her.(880)
38.Once a year, go someplace you've never been before.(885)
39.If you make a lot of money, put it to use helping others while you are living. That is wealth's greatest satisfaction.(890)
40.Remember that not getting what you want is sometimes a stroke of luck.
原書:Remember that not getting what you want is sometimes a stroke of good luck.(893)
41.Learn the rules then break some.
原書:Learn the rules.Then break some.(916)
42.Remember that the best relationship is one where your love for each
other is greater than your need for each other.(926)
43.Judge your success by what you had to give up in order to get it.(957)
44.Remember that your character is your destiny.(979)
45.Approach love and cooking with reckless abandon.(980)

こちらも「LIFE'S LITTLE INSTRUCTION BOOK」からのパクリと考えてよさそうですね。

あくまで推測ですが、たぶん最初に「Nepalese Good Luck Tantra-Instructions for Life」のチェーンメールが流され、それを短く改編してダライラマの名前を利用したチェーンメールが流されるようになったのではと思います。

「メッセージの内容がいいから、誰が書いたなんてどうっだていいんじゃないか」と主張される人もいるようですが、それはH.J.ブラウンJrにもダライラマにもとっても失礼な話だと思いますね。
まして、チェーンメールに利用されてるんですから。

とにかく2007年版のチェーンメールが出回らないことを祈ります。

あっ、忘れてた。
H.J.ブラウンJrさんはこの人です。↓
http://www.instructionbook.com/index.html

多数の著作があって、何冊か翻訳されていますので、興味のある方は検索してみてくださいね。

すでに紹介した、名言は人生を拓く―生き方上手になる「517の教え」には、LIFE'S LITTLE INSTRUCTION BOOK Vol.Ⅱの翻訳文が載っていますが、Vol.Ⅰの翻訳本(原文対訳)はこちらの本です。↓

明日を生きる言葉―幸福な人生に必要な511の知恵
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062060531/qid=1139813420/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/250-3399654-9393829#product-details

Vol.Ⅲの翻訳本はどうもまだ出ていないみたいですね。

With Reiki Love, スクマール

Posted by: スクマール | 2006.12.14 at 05:30 PM

同じくうらるんたさん、おひさしぶりです。
たま改め元気!MaryAnneです。

>テレビ番組のインタビューだって6年前のレセプションでのスピーチだって去年の国技館での講演だって、もっと含蓄があって印象に残る言葉があったような気がするけどな。

本当にうらるんたさんの言葉に諸手をあげて賛成です!
スクマールさんの力作に乾杯!
そもそもわたしが「ダライラマのメッセージか?」と疑問を抱いたのは、法王の日頃のお言葉との温度差のほかに、数年前に廻ってきた「ネパールのタントラ」とかいうコピーにそっくりだったからです。で、比較してみると、今回の19項目はすべて45項目の中に含まれてました。
タントラの14、17、18、41、42、19、20、23、24、25、27、29、30、32、33、38、40、43、45の部分です(1~19に対応)。
詳細はhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=291529273&owner_id=414757
に書きましたので、よかったらのぞいてみてくださいね。

Posted by: 元気!MaryAnne | 2006.12.15 at 03:27 PM

ダライラマ法王 スピーチ真偽の件で メール頂きました。
この文面は 安芸の宮島でのダライラマさんの講演を、実際聴いた方の訳ですが・・

Posted by: imacoco | 2006.12.17 at 12:08 PM

imacoco さん、こんにちは!

>ダライラマ法王 スピーチ真偽の件で メール頂きました。

メールをお送りしたのは、こちらの管理人さんではなく当方です。(^^ゞ お返事ありがとうございます。

>この文面は 安芸の宮島でのダライラマさんの講演を、実際聴いた方の訳ですが・・

このメッセージの訳は幾つか出回っているのですが、国内では2005年にはすでに出回っています。もしも同じ話をあちこちでされているのでしたら、法王事務所の方もご存知でしょうから、先の宮島でのスピーチとは考えにくいですね。
もしもよろしければ、講演を聴かれた方にダライラマ法王が実際に話されたのかどうか確認してもらえませんか?
よろしくお願い致します。

Posted by: スクマール | 2006.12.17 at 12:54 PM

MaryAnneさん、スクマールさん、ご無沙汰です。
スクマールさんありがとうございます! メールもいただいてしまってスミマセン。

スクマールさんの原文、知らずに信じ込んでいる1人でも多くの人に伝えられたらいいと思いました。ブログのエントリやコメントだと埋没するので、何か考えねば。

>imacocoさま

初めまして。広島には私も行きましたが(宮島の3日間の仏教講座のほうではなく平和会議のほうですが)、こんなこと、例えば「ルールには正しい破り方がある」とか、ゼンゼン言ってないでですよ(笑)。
お友達は宮島の仏教講座に参加されたのかと思いますが、そちらでは仏教経典の解釈や実践が話されたはずなので、余計に、こんなスピーチがでてくるワケないです。ダライラマって冠がついているだけの伝聞を信じちゃうのやめましょうよ。
あと、スクマールさんの通り、日本語版のチェーンメールは2005年以前から、英語版は(ブログ内でホイチョイ・プロダクションのサイトにリンクした通り)2000年末には出回っていた内容なので、そっくり同じ講話を法王が繰り返してでもいない限り、「2006年の広島でのスピーチ」ってことは、ありえません。

Posted by: うらるんた | 2006.12.17 at 01:45 PM

ついに、ダライ・ラマ法王及びチベット亡命政府の正式な代表機関である「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所」より、正式なアナウンスが出ました。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/home.html

↑のHPのトップページに、

<告知> 2007.4.2 Update
近年、インターネット上などで、「19条のメッセージ」「生き方インストラクション」等の名で呼ばれる文章が、ダライ・ラマ法王のメッセージであるかのように流布していますが、これはダライ・ラマ法王のメッセージではないことを告知いたします。
ダライ・ラマ法王、ならびにダライ・ラマ法王事務所は、これらメッセージとは、一切関係ありません。

と、はっきり記載されました!!

ダライラマの名前を利用したチェーンメールは、これからも流され続けるでしょうが、これでこれからは以前のようには広がらないと思います。

とりあえず一安心というところです。

Posted by: スクマール | 2007.04.02 at 05:47 PM

大人になっても不幸の手紙や幸福の手紙を送る人なんてまずいないと思います。
ですが残念なことに、メールだとクリック一つで手軽に送れるので、大人の人であっても、チェーンメールについて抵抗感なく気軽に送っている人がけっこういるようです。
「チェーンメールの何が悪いの?」と思っている人向けに、参考サイトを下記にいくつかピックアップしておきました。

撃退!チェーンメール(日本データ通信協会)
http://www.dekyo.or.jp/soudan/chain/topchain.html
チェーンメールを回しちゃダメ。その理由。
http://stopchain.s7.xrea.com/why.html
チェーンメールは悪
http://onohiroki.cycling.jp/comp-mail.htm
なぜ善意の電子メールは暴走したのか
http://www.president.co.jp/pre/20000703/02.html
善意による行動ほど注意しなければならない
http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/2005/07/post_2f01.html
変なメールBasic
http://www.hennamail.com/hmbasic/
↑電子メールを使う全ての皆さんが知っておくべき基本的な知識がまとめられています。もちろんチェーンメールについても丁寧な解説が書いてあります。

Posted by: スクマール | 2007.04.03 at 01:36 AM

>スクマール様
コメントありがとうございます。遅くなりすみません。
いろいろ力になっていただき、また情報その他ありがとうございました。

Posted by: うらるんた | 2007.04.06 at 10:19 PM

こんにちは!スクマールです。
うらるんたさん、お久しぶりです。

>★ダライ・ラマ法王日本代表部事務所より、正式なアナウンスが出ました。
>http://www.tibethouse.jp/home.html

掲載ページが↓に変更になっていました。
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/index.html

すでにご存知と思いますが、今度はダライラマのマントラCDというのが出回っているそうです。
調べたら、マントラを詠唱している人はまたまた別人でした。(^^ゞ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=875507292&owner_id=1173138

Posted by: スクマール | 2008.07.23 at 12:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/8141826

Listed below are links to weblogs that reference ダライラマのチェーンメール:

» 過去記事についてのお詫び [■ GARDEN ■]
2006.9.30に「求めているものが手に入らなくても、実はそれが幸運である事もあるのです。」というタイトルの記事を書きました。 内容は、「生き方」インストラクションと名付けられているダライ・ラマ14世による19か条の格言。 しかし、これはダライ・ラマ14世の名を騙ったチェーンメールだったとのことです。 この格言を知るきっかけとなった方の訂正記事で、それを知りました。... [Read More]

Tracked on 2007.04.22 at 05:27 PM

» ●「みんなに転送してください」で素直に転送しないで! [メルマガバックナンバー(非公開)]
最近、あちこちのブログやらミクシィ日記で「神の目」 なる言葉やら写真やらを見かけ... [Read More]

Tracked on 2007.08.01 at 09:30 PM

« 西蔵警察 | Main | 新宿で打ち合わせ »