« 大阪でも | Main | ピースマーチ2006報告 »

2006.03.10

The Tibetan National Uprising Day

 1959年3月10日のチベット民族蜂起から47年目を迎えました。
 (関係ありませんが、ちべログ開設2周年でもあります)
 個人的には明日11日のピースマーチの準備でいっぱいいっぱい。準備といっても、当日配布する案内の版下をつくり、ゲストに出欠の確認を入れ、宅配業者に集荷の予約を入れ、打ち上げ会場に人数の変更を伝え、メールに返信し、植木鉢に水をやり……と、なんか雑多なあれこれ(それを裏方とゆうんですが)。救いの神のように現れて声明文製作を引き受けてくださった方もいて大感謝。
 発表されたギャワ・リンポチェのステートメントも、私に言ってるように聞こえるよ…。(←疲れています)日本語訳はこちら
 そんなところに届いた、ダラムサラからの便り。

2006_03080004  ダラムサラでは47年めのTibetan National Uprising Day。
 朝、ナムギャル寺でダライラマ法王の話を聞いてから、ダウン・ダラムサラまでデモ行進。時々、小雨の降る曇天でした。
 最も熱いのは、新しく亡命してきてダラムサラ近郊のT.C.Vスジャ校で学んでいる年長の学生たちでした。声をからして、チベットの独立、ダライラマ法王の長寿を叫んでいました。(彼らが準備して、5種類くらいのシュプレヒコールが紙にコピーされて配られていました。)2006_03080007
 ダライラマ法王の声明文はヒンディー語、チベット語、英語の3種類に印刷されて配られ、他にも亡命政府からIntroduction to the Middle-Way Policy and its Historyという小冊子が配布されました。
2006_03080022  4キロの山道、杖をついてのお年寄りの姿も目立ちました。鉢巻して、杖ついて歩くおばあさん達の姿、その思いをつないで行きたいと思います。
 日本ではチベット人やチベット好きな日本人の交流の機会となって、チベットに関する新鮮な記憶になればいいですね。

 ほんとにそうですよね。
 ありがとう。どうもありがとう。
 明日のマーチがいいものになりますよう。ほんとうにささやかなことしかできないけど、力を尽くします。(実際は、せっかくマジュヌカティラで入手した5個セットお供え水入れが見つからなくて、ぎゃーーーーっとか焦ってたりするんだけど^^;;;;;)

|

« 大阪でも | Main | ピースマーチ2006報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/9025384

Listed below are links to weblogs that reference The Tibetan National Uprising Day:

« 大阪でも | Main | ピースマーチ2006報告 »