« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

2006.07.22

高校の文化祭で「ルンタ」紹介

 宇都宮遠征。
 高校教諭をしている旧友から「文化祭で『フェアトレード』をテーマに展示と販売をするからルンタ・プロジェクトのパネルやグッズを紹介して」という申し出をいただき、手持ちのルンタ関係商品を並べてもらいました。
 ううむ高校の文化祭だし、「Free Tibet!」とかの多少政治色のあるステッカーや国旗バッチはやめとこう(チベット問題をよく知らない人が不用意な使い方をして不利益をこうむらないとも限らない←例えばラサ旅行や中国系のチベットフェアに国旗バッヂつけて行っちゃうとか)、ダライラマ写真とか数珠など仏教色の強いものもちょっと場にそぐわないでしょう、タルチョ(チベットの五色の祈祷旗)やゴユ(ドアカーテン)とかのチベットどっぷりな日用品や民具も何の説明もなかったら意味不明でしょう、……とあれこれ考えていたらホントに自信持って高校生相手に売れるフェアトレード商品がなくて、シルバーのペンダントと綿ショールでお茶を濁しました。考え出すと難しいですね。
 高校生相手なので、普段1500円で販売してるシルバーを1000円で卸して学割価格。後で考えたらウンジュ(女性用ブラウス)を持って行っても良かったかもなー。
 で、この高校、何を隠そう自分の母校でもあり(経歴がバレるなあ)。
 せっかくだから販売した高校生に直接チベットの話もしたいし、パネル回収作業もついでにできるし、と足を運んだのでした。

Ujoko06_1 会場(高校)入り口です。文化祭の名前は「宇女高祭」(うじょこうさい)といいます。
 もともと制服はない学校で、画像に写っている自転車の女の子は他校から遊びに来た学生かと(自分の通う学校に行くのでなくても制服着用しないといけないのかな?)。

Ujoko01  ここが「フェアトレード」をテーマにしてチベット難民の製品販売をしてくれた「JRC部」のブース。
 JRCは「ジュニア・レッド・クロス」の頭文字。青少年赤十字活動のこと。地味な文化部でもさらに地味な存在で(失礼)、今年の部員は3年生7人(既に引退)、2年生6人とのことでした。自分が在学中はほとんど気にも留めておらんかったかもしれん。すいません。
Ujoko04 入り口にはJRCの旗と、タルチョがはためいております。
 ふおおー不思議にいい眺めだ(笑)。
Ujoko02  ルンタの活動を紹介するパネルも展示してもらいました。
 ルンタ以外には、バングラデシュやネパールとのフェアトレード製品が充実している「シャプラニール」からグッズを仕入れてありました。シャプラさんにはかわいい製品がたくさんあるので会場がさびしくなってなくてよかった(^^;
Ujoko05  右側の自作パネルは、JRCの関東支部の研修生に選ばれてモンゴルへの研修旅行に参加して、現地のJRCと文化交流してきた部長さん(2年生)のレポートなど。1県から2~3人の高校生が選出されるそうで、作文や面接やらせたらここの生徒は県内じゃ敵なし、さらに部員は数人しかいないというわけで、なにやら行きたい人にとってはものすごい狙い目って感じが。モンゴル楽しそうでした(いいなー)。
 「手を上げた者勝ちでしょ! 旅行費の補助も出るんでしょ?」と聞いたら、「事前研修で東京に何回も行かなきゃいけなかったりして、けっこう大変なんです」と部員さん。そうか、そうだよねえ。毎日学校行って授業受けて予習復習やって塾にも行ったりして、その上で面接受けたり海外行く準備したりするんだもん、親も学校も“余計なこと”としか見ないかもしれないよねえ(想像だけど、いまだに『アメリカやオーストラリアに行くなら勉強になるだろうけどモンゴルじゃ何も学ぶものないでしょ』とか言われそうな田舎だもんな)。
Ujoko03  ちなみにこれは他のブース。チ、生足チャイナ……(汗)。
 怪しい風俗店ではなく、飲茶喫茶だそうです(笑)。 
 えー、文化祭は部単位の参加とクラス単位の参加があり、クラス参加は1~2年生がテーマ研究必須。受験勉強で忙しくなる3年生は喫茶や休憩所の出店が認められています。
 この喫茶に限らず、学校内は浴衣にメイド服、ゴスロリ、インドサリー、チャドルみたいなの、「ウォーリーを探せ」のウォーリー姿……などなどものすごいコトになってましたが(特に浴衣は大量発生していた)、無軌道になんでもアリではなく、通常と異なる格好をしたいクラスは一応「異装許可願」を出して許可をもらっているんだとか(笑)。異装(笑)する根拠や必要性なども申請しないといけないんだそうです。メイド姿やウサギ耳は「不思議の国のアリス喫茶」の店員、浴衣は平安調喫茶や文芸部のコスチューム、サリーはユネスコ部の部員が着てました。
 「結局さー、コスプレしたいんだよ、みんな……」と旧友。
 うっ(この歳になっても何だかんだ理由つけてチュバ着てる自分には返す言葉がない)。
 まぁほら、ここは外界から隔離された“女の園”の文化祭で、一般公開ったって来るのは家族や友人たちであってホントの一般部外者や不審者は来ない場所だし、安心して盛大にはっちゃけられようともいうもの。これが共学校だったり開催場所が公共ホールだったら生徒たちもこうはいかないでしょうさすがに。いいぞいいぞ、やれる時にやれる限りのことをやるんだ若者よ、などと思いつつ、部員さんたちともっと丁寧に打ち合わせしてチュバを着せてあげれば良かったかなー、しかしチベットの民族衣装(暑いのでこの季節はラサチュパだから特に)はいまひとつ知名度がなくて面白がってもらえないだろうかな、などと考えながら帰って来ました。

 ちなみに、おかげさまでルンタ・プロジェクトのフェアトレード商品は、ショール10枚が完売。シルバーのアクセサリーもけっこう売れてくれて、売り上げ(利益ではない)1万5500円でした。
 終了後は旧友とチベ友とで台新田の中華料理「栄興府」。オーナーは東北系の人(帰国者)ですが厨師は四川からだそうで、「伴黄瓜作ってくださいぃ」「ティンモと同じのはありませんか」「ああティンモ! えーと饅頭(マントウ)ってか花巻(ホワジュワ)!」と菜単にない料理を頼みまくり、しっかり出てきたのでした(凄い)。旧友ありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.19

日本のチベット

Fuji チベ友からの写メールをこっそり転載。
 日本で唯一、ラサ並みの高度があるあの場所に、こんな旗がはためいてるそうです。うはははは。やるなあ。いいなあ。

 行かれる方、チェックを。
 私もタルチョ持って行こうと画策中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.09

北海道のチベ支援者と顔合わせ

 “チベットな週末”続く。
 昨年から断続的メル友状態だった北海道在住のTさんに、「東京に出てきているので時間があれば会いたい」と声を掛けていただき、神保町で待ち合わせ。メールの印象から50代の自営業者とか同族会社の役員みたいな人を想像していたんだけど(いやほんと単になんとなくなんですが)、会ってみたら想像以上に若い純粋な方でびっくり。かろうじて「自分より年下だった」な事態は避けられたようですが、つまりなんだ、相手が若く見えるってことは、自分が年取ったってことだよなあ、わははは。
 チベットへの関わり方とか、(ダラムサラではなく日本でできることとして)ルンタ事務局としてこれまで何してきたか、など話題はあっちこっちに。
 「チベット」をキーワードに積極的にネットワークを広げているとのことで、熱く語るTさんを、一世代上くらいの落ち着いた上品な女性2人が優しくサポートしておられたのが印象的でした。うーん、私もあと10歳若くて、瞳をキラキラさせて「チベットのためにこんなことをしたいんです!」と夢を語っていたら、渋いオジサマが目を細めて「よしよし、財団法人化は手伝ってあげるからこのお金で行っておいで」とか……って、うう、ダメじゃん、それじゃ単なるパトロンと囲われ者じゃん。なんで男女が逆転したら印象悪くなるんだよう。

 で、Tさん、まだチベット圏へ行ったことがない、という。
 「行け、行けって周囲から言われてるんですよ」と苦笑する。
 「自分がチベットへ旅行しても1人が楽しんでお金が消えるだけ。だったら、その10万円を現地に贈れば、自分が消費するよりも苦しんでいるチベット人に有効に使ってもらえるんじゃないか、という気持ちがぬぐえなくて、なかなか踏み切れないんです」(大意)。
 へぇそうか、そういう考え方をする人もいるのか、と、それは意外に新鮮な驚きだったりしました。その一方で、チベットに関してさまざまな立場と視点からあふれる情報の洪水の中で、何を信じ何を拠り所にすればいいのかわからない、とも。
 ――事象は切り口によりさまざまな側面があって、そのうちどれか一つが『絶対に正しい一つのもの』だなんてありえない。でももしかしたら、どれもが一片の事実とか真実を含んでいるのかもしれない。たとえ自分が直接自分の目で見たところで、見たくないもの、見ようとしないものは見えないし、結局、『なにが正しいか』『信じるに足るのか』を決めるのは自分の判断と選択で、それは1度選んだらそれっきりになるのではなく、『この選択でいいか』と常に問いかけ続けていく作業になるんだろうと思う。……というようなことを言おうと思ったんですが、うまく言えずじまいでした。

Dscn3376 ←画像は、Tさんが喫茶店での邂逅のため自作してこられた日チベ友好ミニ国旗(笑)。いや、手先の細かい、芸達者な方なのですよ。ウケました。

 とにかく初対面で2時間くらいしかなくて、じっくり話すというよりも、思いついたことを我先にしゃべりまくって、何がなんだか分からない状態になっちゃってましたが申し訳ありません。これで縁を切られないようびくびくしつつ、まあ今後とも細く長く末永く、つかず離れず、情報交換したり知恵やアイデアを出し合いながら、チベットに関わっていければな、と思っています。どうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.08

ダライラマ法王誕生祝賀パーティ

 久々に大学の同級生のチベ友に会おうと上京。
 そのチベ友曰く、遠方から上京してくる共通の知人に会う予定も入ってるとのことで、待ち合わせを1カ所に合理化すべく「ホテルオークラ」へ。そう、「遠方から上京してくる共通の知人」は、当然、ダライラマ法王誕生祝賀パーティに出席するための上京だったのでした。
 さてもちろん、パーティ開会前の1時間たらずで積もる話が終わるわけもなく。堅苦しいホテル出てどこか行こうよ、と誘ったら、最近、生業でチベット関係のいい仕事をしたばかりのチベ友は、お礼のあいさつや営業も兼ねてパーティ出席するとのこと。
 「うらるんたさんも行きましょうよ」
 「いや、私申し込んでないし」
 「大丈夫ですよ、知らない人がいないわけじゃないでしょ」
 「いやその、知らない人がいないわけじゃないからこそ飛び入りは気が引けるというか…」
 「参加者増えたほうが法王事務所のペントクになるんですから喜ばれますよ。お布施するようなもんですよ」
 そうかなあ、いいのかなあ、招かれざる客だけどなあ私、と思いつつ、ペントクペントク、お布施お布施、と唱えて参加申請、なんとか許可してもらいました。(←本当はやっぱり決められた方法で申し込まないといけないと思います)

Dscn3352 場違い感にびくびくしつつ、Kotoさんが正装でかいがいしく立ち働いてたりNさんのチュバ姿にどっきりしたりしながらお布施を済ませると、会場にはぎっしりの人。立食形式だったので、これなら隅に紛れられる、とちょっと安心。
 例年この時期にダライラマ法王代表部事務所が開催している祝賀パーティーですが、あまり上京しないので実は初参加(法王来日レセプションの末席を汚したことはある)。もともと、日本で暮らすチベット人同士の交流と、法王事務所とオフィシャルに関係の深い団体や名士が中心に集まるためのもので、草の根の小グループはお呼びでない感があるし。
Dscn3358 会場に入った途端、右肩脱ぎにしたチュバの着丈を、肩をそびやかして直しながら大股で行き過ぎる日焼けした男性とすれ違ったりして思わずときめく。何あの「チベット人」! 歩幅といい人とすれ違うのに必要な距離といい(あんなにドカドカ歩いたら東京の駅なんかじゃぶつかりまくりの筈)、チベットだ! と思っていたら、10日(月)に公演を控えて来日中のTIPA(チベット舞台芸術団)の人たちが揃ってゲスト参加していたのでした。
 うおお豪華! 本物は違う! カッコえー! 目の保養!! ……とか騒いでたら在日6年のチベット人の友人が「俺は?」と苦笑。すいません、俺はチベット人じゃないのか失礼だな、ってことですよね。確かに。ミーハーでごめんなさい。
Dscn3367 パーティでは、チベット人によるチベット国家斉唱の後、法王の長寿を願う祈祷が捧げられ、その後、法王事務所のチョペ代表のあいさつ、チベット問題を考える議員連盟代表の枝野幸男衆院議員があいさつ。TIPAの人たちがダライラマ法王を称える演奏と歌を披露してくれました。歌と演奏が本当によくてじーんとしました。
 それから、日本人ゲスト代表としてジャズミュージシャン渡辺貞夫さんのあいさつ。世界のナベサダ登場にざわめきが。チベットへの印象や思いを語ったナベサダ氏が「話は得意ではないので」と取り出したのはフルート。ヤルツァンポ源流域で星を見ながら作曲した、というオリジナル曲を披露されました。それが何とも物悲しい旋律で、会場は水を打ったように……。
 それにしてもTIPAとナベサダと……耳福(なんて言葉があれば)の生演奏でした。興に乗ったらセッションもある? とか期待しちゃったんですが、さすがにそれはなかったです(そりゃそうだよな)。
 そして、“チベットをイメージした”世界のナベサダのオリジナル曲さえも、「チベットを感じさせる」点においてはTIPAの“チベットの歌曲そのもの”には適わないんだな、と密かに感じ入ってしまった私。チベット人がチベットの曲をチベットの楽器と言葉で歌ってチベットじゃなかったら何なんだ、っちゃ当然ですが、自分のチベット至上主義っぷりに自嘲。
 宇都宮から来てた知人と目が合って「日本人来賓は宇都宮つながりでしたねー」とこっそり。栃木の偉人ナベサダはもちろん、その知人も「ですね、枝野さんって宇都宮なんですってね」とヒソヒソ。「宇高出身ですよ宇高」「今の選挙区は?」「公募で埼玉になったんじゃないですか」と、しょーもない話題でこそこそ盛り上がりました(ほんとしょうもなくてすいません)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.05

一応じわじわと

 Blog更新が途絶えぎみになって久しいんですがごめんなさい。
 書き出すとわけもなく長文になって止まらないので、時間ができたときに、と思って後回しにしていると今度はタイミングを逃してしまって……というのが最大の原因ではありますが、レンタルブログのサーバーの調子もパソコンの調子も悪いです。
 ブラウザから「保存」ボタンを押したら「エラーが発生しました。管理画面トップへ戻ってください」って出て、戻ったら書き込んだ内容は全部消えているとか、管理画面を開こうとしてもまったく反応しないとか(レンタル元の@Niftyも「ココログレスポンス問題お知らせブログ」なる特設サイトを作ってるくらいだもん推して知るべし)、気持ち萎え萎えになる事態が起きて、もう。で、むっとしながらメモ帳にテキスト書き付けていたら、今度はパソコンの画面が突然一面のブルースクリーン(白抜き文字で謎のエラーメッセージが出る…)になって強制終了以外できなくなって(当然作成中のテキストファイルは飛ぶ)、もう。まだ1年たたないパソコンがそんなことでどうする。
 あ、いや、そんな愚痴が書きたかった訳じゃなく。

  • 7月21、22日、宇都宮の高校の文化祭に「フェアトレード」でチベットグッズもっていくかも
  • エスニック系アクセサリーのデザインに関心がある人から連絡いただいて今死蔵してるルンタグッズ復活にちょっと光明かも
  • (ずいぶん前ですが)プログラムに詳しいプロの方に助けていただいてルンタのレンタルサーバーにWiki設置成功(あとは読む人が分かりやすく改造をするだけ…そこで止まってますが)

などなど、相変わらず、複数方面にじわじわと同時進行で、あっちこっちに進んでいます、といいたかったのでした。せっかくBlogあるんだし、もっとこまめに途中経過書きたいんだけどなあ。努力します。決意表明のために書いてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.03

はやっ!!

W020060701524772962108  ……は、早かったですねえ、青蔵鉄道開通。
 (←写真は「中国西蔵信息中心」からもらってきました)
 とりあえず、そんな突貫工事で大丈夫なんですか、と不安になるところではありますが。いったんコトが起きたら、自動車事故の比じゃありませんからねえ鉄道事故は……。救命救急活動もままならない極限地帯だし。

 ところで以下は毎日新聞7月3日の「余禄」(朝日新聞の天声人語みたいなオモテ一番下の細長いコラム)。たぶん山好きでもしかしたら「鉄」好きで、ある程度チベットも好きな人が書いてるんだろうな、と思わされる記述だけど、朝刊コラムでこんな素直にわくわくしちゃってていいのか? とちょっと驚いた。
 全文はここ→余録:崑崙(クンルン)、唐古拉(タングラ)…

 崑崙(クンルン)、唐古拉(タングラ)、錯那(ツォナ)湖。沿線の地名を聞くだけで、どこまでも続く深い青空と万年雪をいただく高山の連なり、それを映す神秘の湖の姿が目に浮かび、わくわくする。中国・青海省のゴルムドとチベット自治区のラサを結ぶ青蔵鉄道が旅客列車の運転を始めた▲全区間1142キロの80%以上が標高4000メートルを超え、最高地点は5072メートルだから、航空機並みのハイテク車両に、高山病対策の酸素マスクも備えた。車窓から見る景観と野生動物の姿が、なによりの魅力だ。北京など主要都市から直通列車も走る▲中国の西部大開発プロジェクトの柱として、01年夏から世界の屋根の凍土を切り開いた。鉄道を利用する観光客は年間90万人と予測され、経済効果への期待は大きい。日本でも鉄道ツアーの売り込みが盛んだ。だが、鉄道が乗せてくるのは、人と富ばかりではない▲閉ざされていた生活空間に、異文化が生の形で運ばれてくる。その規模は、点と点をつなぐ航空路とは比べものにならない。19世紀のアメリカでは大陸横断鉄道網の建設がフロンティアを消滅させた。豊かさを追いながら、比類ない環境と伝統を守る難しい試みを見届けたい(以下略。朝鮮半島の話に飛ぶ)

 個人的に、どうよ青蔵鉄道、と聞かれれば、難しいです。
 頑張って内地の大学に進学して、でも漢族の子たちよりお金がなくて、もちろん飛行機も学割はあるんだけどそれさえも高くて買えなくて、年に1度の帰省もがまんして学生寮に残ってアルバイトしている自治区出身の学生とか、政府の政策で優秀なチベット人の子どもがちっちゃいころから親元離れて内地留学してて、両親が恋しい年頃だけど家庭が貧しくて親もそうそう子どもに会いに行けない、とか、そういう子どもたちが「火車があればなあ」と言ってたのを聞いてるとね。自分自身、車の走ってない高速道路ムダだー、と基本的には思いつつ、北関東自動車道早く伊勢崎ICから東北道までつながらねーかなー、帰省すんのに国道50号かったりー、とか思ってるしさ(わはは)。たった1時間くらいの差なのに(すいません)。ああ話がそれた。
 鉄道は単なる鉄道で、物事を変化させるのは結局のところ人。鉄道があっても物事はたぶん良くならないように、なかったら事態は改善するかというと、たぶんそうではないんだろうな、とか……(我ながら書いていて自分でも良く分からなくなってきた)。
 ああ、でも、「車窓から見る野生動物の姿が何よりの魅力」なんて鉄道、これだけは寒気がするほどイヤだな(まぁイメージで書いてるだけだと願いたいけど)。そんな間近に野生動物が見えちゃうようじゃ、どんだけ生態系ぶちこわしてるのかって話だ。あとなんだ、窓が開かない仕様になってるってのは、加圧とか何だとかよりも、窓から盒飯(ぶっかけ飯弁当)の入れ物投げ捨てられないってことに意義があるよな、なんて思ったり。
 すいません投げやりな感想ですいません。


Bombardier  それでも、鉄道が開通して、これから起こるかもしれない悪いほうの予測のあれこれを迎える前に、とにかく、「こういうのは良くないと思う」って前もって意思表示していくことは間違っていないと思う。
 知人が、「ステッカーか小さなプラカードにと自作しました」とロゴを送ってくださいました。ちょっとカゲキ?(^^;)ですがキャッチーなコピーでインパクトのある色づかいとレタリングのロゴタイプになってます。圧縮してWebバナーにしてもいいかも。2次配布かまいません、とお声がけいただいたので、せっかくですのでご紹介とデータ公開。とりあえずブログ上ですいませんがアップしておきます。ファイルのダウンロードはここからもできます(Winならカーソルを当てて右クリック→対象をファイルに保存)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« June 2006 | Main | August 2006 »