« チベット人のアーティスト? | Main | シルクロードの高校球児 »

2006.08.14

チベットに一番近い場所?

Tijrimg0041 なんかもういろんな意味で「日本で一番チベットな場所」と思われるスポットに行ってきました。
 (←)翻っているのはもちろんタルチョです。
 青く抜ける空を背景に、吹き続ける風をはらんで、ちぎれるほどはためいてました。壮観でした。
 ウチじゃ家ん中でのれんになってる(すいません)し、インドでは暑いところでダラーっとしてたりして、ひさしぶりに「正しいタルチョの翻り方」みたいなのをみた気が。
 (にしても人多すぎ^^;)

Tijrimg0042 日本語対訳もなしにいきなり張り紙(笑)。(→)
 えらい客を選ぶ言語選択だなオイ(笑)。他の言語もありました。読めないけどディーバナーガリー文字だったのでネパリかヒンディ。書かれたメッセージが伝わる人はシーズンにいったい何人訪れるんだ(笑)。
 その下の張り紙のえらい緻密なSDザク? はあえて無視。頭に酸素足りなくなってるんで、何を見ても笑えてきてしかたありません。

Tijrimg0046  (←)働いてる人はこんなだし。しかもチュバ姿複数いるし!!(笑)
 本人に尋ねたところ、訪れる客はみな頭に酸素回らなくて疲れ果てているので、ロクな突っ込みも入ってこないそうです。さもありなん。わはははは。
 とにかく何だ、「ラサ並み」を確保できる唯一の場所ってここしかないわけで(あとは軒並み3200m以下になるかと)、そのうえチベット語が通じるとあっては、そりゃ「TIBET in Japan」筆頭だろうなーと思いました、はい。うう疲れた。

 体力気力衰えつつあってかなりへばりました。
 朦朧としつつ山肌を振り仰ぐと、崖に張り出すように立てられた山小屋の前にオレンジ色の人影が数人見えたのを、「ゴンパ(僧院)の前でお坊さんが私を待ってる!」と一瞬勘違いして「お坊さんがいる!」と口走りそうになって慌てました。ヤバい譫妄状態の奴がいる、と思われてしまう(とほほ)。いや十分朦朧としてたか…。
 それにしても山用の服って目立つように明るい色合いのが多いですからねー、えび茶とかオレンジとかたくさんいて勘違いの元ですよねー(←自分だけ?)。

|

« チベット人のアーティスト? | Main | シルクロードの高校球児 »

Comments

 初登頂おめでとうございます。
 雲の上の澄んだ青空が印象的です。青空の下で翻るタルチョもきれいですね。

Posted by: parts | 2006.08.30 at 06:05 AM

あぁ、例の”年中高山病にならない人(夏は富士山、冬はチベット)”が働いてるとこに行ってこられたのですね。私も8/末の週末に行こうと思ってたのですが行き損ねてしまいました。せっかく富士山登頂のために夏休みを利用して高地順応して来て準備していたのに残念でした。(笑)

しかし富士山にタルチョとチュバですか?ついでに山小屋でバター茶とかモモ出して、おまけにヤクも飼ってくれんかな?

Posted by: 風来坊 | 2006.09.01 at 01:03 PM

数日前の深夜に来て、ぼーっとしてるからわからんのかと思い今日再度読んでみましたが、とってーーーも濃い人意外はわからない文ですねぇ。それはそれでいいのですが、普段のるんたさんの明晰な文章に比して、極めてぶっ飛んでるのが嬉しさやおかしさが伝わって嬉しいです。

でも、「山嫌い」のるんたさんが「(あとは軒並み3200m以下になるかと)」と裏取りしてるのは、泥酔してても家に帰るのんべえみたいなもんですね。

(メアドはダミーです。uso800にしときました)

Posted by: WW | 2006.09.03 at 10:39 PM

祝・登頂!
私なんか、3合目でリタイヤしたわよん。
チベットに行くには、まだまだ修行が足りません。

マジで、高地トレーニングしておこっと!

Posted by: アニラ | 2006.09.14 at 01:13 AM

しばらく更新さぼってたので、コメントいただいてることにも気付けずお礼も遅れましてすみません。

>partsさん
アドバイスいただいてがんばりました。ありがとうございました。てっぺんでは朦朧としててあまり動けずじまいでした。

>風来坊さん
行ってきましたよー。すごい人でした。件の山小屋はかなり深くチベット化してました。そのスジの人必見。かなり細いコアなスジですが。
わははヤクにバター茶ですか、千葉とかの動物園で元気なくしてるヤクとか、このへんだったら元気に活動してそうですもんね。5合目から7合目まで馬に乗せる業者も営業してるんですが(片道1万円!)、あれ馬じゃなくてヤクだったらかなり心動くかもなあ。

>WWさん
すいません、実は勤務先に詳細な行動を告げてなかったり、写真撮っちゃった知人にちゃんと承諾得ないでアップしちゃったりしてたので、どこともなんともはっきり書けずうわごとみたいな記述に。
>「山嫌い」
同行者(妹と友人と複数で行きました)からは降りてから「最初から最後までシンドそうで全然楽しそうじゃなかった。どうして行ったの? いま登って帰ってきて楽しい?」と聞かれました。とほほほほ。……チベット山小屋に行って深夜出現するという「謎のチュバ男」を目撃することと、チベット人の友人から託されたタルチョと願い事の書かれたカターを日本で一番高い場所に持ってって、張って香を炊くのが目的だった、目的は達成したので満足…などと答えたらドツかれるのかしら。
頂上にタルチョ張ったのは環境省や野口健氏からも怒られそうな気がします。ごめんなさい。

>アニラla
山はチベットやネパールのほうがずーーーっといいですぅ。
人が多くてほんとびっくりしました。ま、巡礼だし人は多くて当然なのか。
どこかいいところきっとあるかもと思います。今度探します。

Posted by: うらるんた | 2006.09.17 at 12:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/11542003

Listed below are links to weblogs that reference チベットに一番近い場所?:

« チベット人のアーティスト? | Main | シルクロードの高校球児 »