« One World, One Dream, Free Tibet 2008 | Main | ITOI Jun 廓寥 ―― Empty Sky »

2007.07.23

チベット高僧と邂逅

 オモテの仕事で仙台フォーラス前。
 えーと、先に書いておきますが、以下の文章は、特定政党や特定候補への投票を呼びかけるものでもまた阻害するものでもありません。念の為。

Pema_1  ただ、いやぁ~、私ってば地方の田舎者なので、ここでお目にかかれるとは思っておりませんでした。東京では芸能界人脈を生かし、ケント・ギルバートさんやアントン・ウィッキーさんの応援をもらって街頭演説と聞いてましたが、こっちには関係ないよね選挙区候補もいないし、と。
 それが偶然巡り合わせでラッキー。街宣に立ったらどんなこと言うのかなぁと思っていたので、ナマで聴けて大満足す。

 失礼ながら驚いたのが、陣営の運動員がちゃんと(すみません)いらしたこと。蓮の花(=ペマ)の上で白ターラー菩薩が手を合わせたトレードマークに「おかげさまの心で 日本再生」のキャッチフレーズをプリントした揃いのTシャツ姿の支持者が集まり、法定ビラなど配っておられました。さりげなくチベットなトレードマーク(しかも候補者名と掛けたダジャレちっくな)、なかなか気が利いてます。一般的には「仏教っぽい」って印象しか残らなくて、ダジャレだなんて気付いてもらえないんだろうけど(わっはっは)。

 しかしソレより何より! 驚いたのは、交差点に集まった聴衆の中にですよ!Pema1
 待ってください、なぜお坊さんが!
 ええもう思わず駆け寄って話しかけてしまいましたよ。日本語通じません!(喜) 「いんじげ、いんじげ?」とかもうめちゃめちゃ(恥)。英語も通じません!(悲)
 うかがうと、南インド・バイラクッペのタシルンポ寺院からいらっしゃったNgagchen Rinpocheとおっしゃる高僧でいらっしゃるそうです。えええええ。大変失礼をいたしました。1カ月の予定で仙台に滞在されていらっさるそうです。えええええっ。
 

|

« One World, One Dream, Free Tibet 2008 | Main | ITOI Jun 廓寥 ―― Empty Sky »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/15861721

Listed below are links to weblogs that reference チベット高僧と邂逅:

« One World, One Dream, Free Tibet 2008 | Main | ITOI Jun 廓寥 ―― Empty Sky »