« 風雲急、その2 | Main | ReturnMarch全員拘束 »

2008.03.12

アプライジング・デーinダラムサラ

068 ダラムサラの知人から、3月10日の現地の様子の写真をいただいたのでご紹介。
 あ、熱いー……。
 左の画像はたぶん、ダウン・ダラムサラに向かってジョギバラよりさらに坂を下ったあたりでしょうか(コルラ道にしては道幅が広いし)。巨大なチベット国旗のほかに「チベタン・オリンピック」の大プラカードも見えます。あれ、白いドレスシャツに長髪をポニーテールにしている兄さんはチベ五輪プロデューサーのロプサン・ワンギャル本人だったりして? ははは。076 
 右の画像はそのアップ。「チベタン・オリンピック」目立つなあ。そういえば、ダラムサラの3・10マーチは、チベタン・オリンピックのトーチリレーも兼ねていたのでした。どっかにトーチ持ったランナーもいるのではないかと思いますが、この熱気で埋もれているのでしょうか……。

メールによると、

昨日の夜も今日の朝もデモしていました。

とのこと。在住10年以上の知人が「これまでになく大きな規模のデモでした」と言うのですから、相当に大勢の人が集まったのだろうなあと思います。

123 右の画像は、よく分からないけど、すっかりダウン・ダラムサラに下りて、乗り合いバスが止まっていたりするあたり……でしょうか。普段はチベット人の姿の目立たない、インド人の街がこんな風になるとは……。
Adver 右の写真、印象的なのは、全身にペイントして雄叫びを上げる若いチベタンももちろんですが、その横で、やや暑そうにチベット国旗を日よけがわりにしてたり、男性の後ろで、ほんとに普通の普段着姿で歩きながら声を上げているふつーのおばさん・おねぇちゃんの姿です。
 難民の町は、およそ“政治活動”なんてものとは縁のなさそうな、できるならそんなことには関わりたくないよ、という市井の人たちが行進に加わらざるをえないほどの閉塞感に覆われているんだ、と思ったりするのです。
 ……そして、たぶん、それは本土も同じ状況なのかもしれない、と思ったりもするのでした。

|

« 風雲急、その2 | Main | ReturnMarch全員拘束 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40474340

Listed below are links to weblogs that reference アプライジング・デーinダラムサラ:

« 風雲急、その2 | Main | ReturnMarch全員拘束 »