« News0314 | Main | 署名活動 »

2008.03.15

チベット急転/要請行動

 ルンタ、SFTJapan、TSNJとメールが飛び交い、一つレスポンスするたびに新たな情報が入ってきて対応が追いつかず気ばかり焦る。「こんな情報が入った」と連絡があってもアウトプットが間に合わず。もう。深夜からはオモテの仕事までチベットモードに……。CNN見ろとかBBC見ろとか言われてる場合じゃない。もう、どこから何をすれば。とりあえずFTPできない環境にいるので、SFTJapanのぶんだけSFTJapanの新着情報にぶちこむ。依頼と問い合わせばかり簡単にそんなに、……そんなにいっぺんに動けん!!

 ツェリンさんから「SFTのからReturnMarch拘束に抗議する呼び掛けが来た」と連絡、ITSNからもReturnMarch拘束に抗議する呼び掛けがメールで入ったと転送が届き、アムネスティ本部もチベット本土のデプン寺僧侶拘束に関する緊急呼び掛けが出ているから呼びかけるなら一緒に、転送メール。どこかで集約できればいいのだけど動けないしそもそも昼間はFTPできず。だいたい送られてきた文書が「.docx」てなんだよ、開かねぇよ! 在米チベタンIT環境先進的すぎ。Wordのアップデートから始めなきゃいけなかったりしてものすごくじたばた。げ。会社のファイヤーウォールで遮断されるし。これPDFにならないのかなあ、とか思うけど、まずPDFソフトのインストールから始めなきゃとかどこまで泥縄。
 とりあえずブログに送り込む。→インド政府宛書簡

 参考リンク→3月10日に拘束された15人の僧侶(TGHRD)


 ルンタからは泣けるメール。

 撮ったビデオと写真を夜ルンタ・レストランで皆で見ました。店の女の子たちは涙を流したりしてました。それほどリアルで激しいものでした。叫びすぎと抵抗しすぎで失神する人もいました。
 さっきもダラムサラではキャンドルデモをやっていました。

 レストランの人たち、ResistReturnMarchに参加せず残った人たちも、みな本土で過酷な経験をしたり、本土に家族や親戚を残している人たちばかり。警官に引き倒される光景に、フラッシュバックが出てしまったのかなあ。


 ReturnMarchには冷淡だった日本のメディアが、本土の状況にすごい反応で、――インドでチベット難民100人が拘束されるよりも、ラサで僧侶2人が重傷になるほうがニュースとしての扱いが大きくて、そりゃーそうだ、やっぱり、「出た人たち」が外から何を言うより、中にいて耐えている人が動く重みというのは大きいんだと改めて切なくなったり。
 「中の人たち」には、あんたら後が大変なんだよ、無理するなよ、と泣けてきたりもしてものすごく複雑。「もっとやれ」とか「今だ行け」とか言えるわけがない。でも、今の状況はたぶん、事態をより悪化させることでしか訴えを「外」に届けられなくて、たぶん。
 いやもちろん、中にいる人が立ち上がった背景には外の人たちに呼応したという側面もあって、どちらが意味がないというようなものではなくて……うまく言えなくてすいませんが。
 で、オモテ仕事。ああもうどうしろと。


 チベット本土関係者からは「14日には電話がつながったけど『車が燃えているのが見えて危険で外出を控えている』と言っていた。今日は電話がつながらない」。ラサにいるはずの知人はたまたま自治区外にいて戻れなくなったとのこと。ネットでは「14日午後10時ごろラサに電話したら停電だって言ってた」というつぶやきも見た。伝聞情報が風の速さで駆け巡り、不安だけが募る。


 以下、「ここを見てほしい」と飛び込んでくるメールから抜粋してとりあえずの覚書き。オモテの合間をみて整理できれば……とはいえ。むぅ。


|

« News0314 | Main | 署名活動 »

Comments

ありがとうございます!!
それをダウンロードしようとしたら社内LANのファイヤーウォールで?はじかれ(大量のデータ送受信を制限してるらしい?)、「これがデジタルデバイドってやつかぁあああ」と悶絶しました(たぶん違う)。
で、帰宅後に自宅のデスクトップパソにダウンロードして、文書を.docに変換しました。それが「インド政府宛書簡」です……。←PDFにしたら体裁がいいよなあとは思いますがそこまでの余力がありませんでした。
IT力(ぢから)が欲しいです。

Posted by: うらるんた@管理人 | 2008.03.15 at 12:29 PM

「チベット情勢を憂う」をアップ致しました。ご一読賜れば幸いに存じます。

Posted by: 原田義昭 | 2008.03.17 at 10:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40502993

Listed below are links to weblogs that reference チベット急転/要請行動:

« News0314 | Main | 署名活動 »