« 追悼のダラムサラ | Main | 嘆きのダラムサラ »

2008.03.17

「今また2人殺された!」

 日帰り上京で代々木公園。
 頭が朦朧としているのか、自動券売機で切符を買い間違え、自動改札でアラームが鳴り響く。どこの田舎もんだ私は……あ、宮城の田舎もんでしたか。
 作業、やってもやっても追いつかず。


2008_031605 「今日(16日)はルンタ・レストランのスタッフたちが追悼デモの先頭を務めました」とダラムサラからメール。私からも、代々木公園での様子を撮った写真を何枚か送りました。ダラムサラの人たちの親戚や顔見知りなど、共通の知人が写っていたので。2008_0316
 レストランのスタッフ、って、アジャ・ニマとかデキ姐さんとかドルマ嬢とか、あのいつもはにかんだように少し奥に引っ込んで笑ってるフロアの女の子たちも参加したの!? いや、厨房の、テンパ君とかガワン君とかトプギャルさんとかだよね? グチュスムのメンバーがデモ率いたんだよね? ……と思わず画像を探したり。

 メールでは、「ResistReturnMarch」に参加していたグチュスムのガワン代表は逮捕はされておらず、まとめ役、交渉役として逮捕された人たちと当局の間に立っているとのこと。ちょっとほっとして、同時に、大変だろうなあ、とまた心配。
 ラサ近郊の出身で、もともとはガンデン寺の僧侶だった人。87~89年のラサ民主化デモに参加して、グツァ刑務所に入っていた。去年12月、「中国の公安に逮捕されたらどういうことが起きるか、私は身をもって知っているけれど」と怖いことをさらっとつぶやいていた……


 ……ところが、その後、17日昼になって届いたメールは、様相が一変。

 昨日の夜のデモでみんなが集まっているとき、スピーカーで今、ラプランと繋がってるといって、マイクを通じて、生々しい声で「今また1人殺された、また2人殺された!」と叫んでいました。自動小銃を使っているとのことです。
 ラブランでは1万2000人がデモに参加したとか。
 政府の病院はデモの負傷者を手当てすることを拒否してるとのこと。グチュスムが確認しただけで、ラプランで14人死んだとのこと。
 キルティー僧院でも3000人のデモがあったそうです。
 ラサともまれに電話が通じるそうです。
 包囲されたラサのパルコルがどうなるか。今日は本当に私も心配で仕方ありません。非武装の城内に全面突入するのでしょうか。女性や子供もたくさんいるのに、チベット人みんなの不安はいかばかりでしょう。
 中国の軍隊の内部でチベット人と中国人の対立があるとの噂も流れています。

 アムドからの人も多い、ダラムサラの人たちの心痛はいかばかりか。
 ラブランはアムドの名刹、中国の行政区分では甘粛省夏河県。15日のAFP通信で、若い僧侶がチベット国旗を振っている写真が配信されて絶句した。
 どこから入手したかしらないけれど(亡命チベタンから送ってもらったのか、国境を越えてこっそり持ち込んだのか)、持っているだけで処罰されるのは、ダライラマ14世の写真の比じゃない。確信犯で国旗を手にして、報道されて顔も映って記録にも残ってしまって、彼にこの後何が待っているのか、想像するのも怖い。そして、なのに、その表情の、晴れやかで誇らしげなこと! 切ない。
 16日、一緒になったチベタンに「本土にいる時チベット国旗って知ってた?」と聞いてみた。「セブン・イヤーズ・チベット」をDVDでこっそり見たからね、とそのチベタン。タシキル(ラブランゴンパ)のお坊さんたちの気持ち分かる? 「分かるよ、あれは分かるよ」
 僧院内に公安局員が常駐し、週に1回は「思想教育」として鄧小平語録みたいのの丸暗記をしなきゃいけなくて、「三个代表、三个代表」「ダライラマは分裂主義の国家破壊反革命分子」とお題目みたいに言わされて。心に嘘をつかない、という仏教の教えの一方で、共産党教育は「建前」を強いる。

 私さあ、ラブランに行ったとき(89年と92年)は、なんて観光地化された寺なんだ、トゥルマ(バターとツァンパで作る供物。タシキルは美しいトルマで有名)で天安門広場作ってるぜ(あれ、クムブムだったかな……記憶があいまい)、仏の供物へのはずのトゥルマが一気に小学生の夏休みの工作みたいな物体に。境内に写真屋が店を開いてジュース売ってるよ、日本人旅行者を英語と中国語でナンパするなよ切符売りの坊さん、中国政府の観光化政策を受け入れて建物だけは立派になってるけど黙ってこんなんされて本当にいいのかチベット……と思いながら滞在した記憶が。外側だけ見て批判的な感想持っててゴメン。
 町全体が参道のような、すべてがタシキルを中心にうごいている、美しい町(1992年当時)だったのに。


|

« 追悼のダラムサラ | Main | 嘆きのダラムサラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40543535

Listed below are links to weblogs that reference 「今また2人殺された!」:

« 追悼のダラムサラ | Main | 嘆きのダラムサラ »