« 嘆きのダラムサラ | Main | カンパ、草原を疾るデモ »

2008.03.19

ハンスト、キャンドルデモ

0110  画像はダラムサラから。
 24時間交代でのハンガーストライキが続いているそうです。

 今日で5日目、24時間交代でやってるとのことでした。
 「明日は日本人グループ予約だよね」と主宰してるらしい友人
が言っておりました。

 ……って、それは、ダラムサラ在住の日本人も頑張ってる、ってことでしょーか? 「日本人も頑張れよ」っていうチベット人のユーモアかもしれないけど。

 メールの続きからも、チベット人のユーモアがしのばれます。

 さっき、TCHRD(チベット人権民主センター)と9-10-3(グチュスム)のメンバーでもあるジャンパ・モンラムと話をしていました。
 ところで彼は今じゃちょっとしたヒーローなのです。このところほぼ毎晩開かれるツクラカンでの集会で、チベットの最新情報を伝える係なのです。檀上に上がって、早口でまくしたてるその口調も良くて、力もこもっており、大いに受けてるのであります。
 昨晩も、最初にカムで新たに3人が殺されたという話をしたのに続いて、
 「今度はカムで始まった。もう止まらないだろう。どんどん続けるべきだ。もうここまで死人が出たのだ、どうせデモするのは死を覚悟しての話だ。死ぬことなど何とも思ってないチベット人はいくらでもいる。その場で殺されるなり、捕まって拷問され、5年、10年、20年の刑期あるいは死刑も今回はたくさんあるだろう。でもこんなにたくさんのチベット人が立ち上がってる。その勇気を見ろ! みんな最初はただ平和に僧侶が行進し主張を叫ぶだけだ、暴力の意図はまったくない。それに対して中国が発砲するなら、周りのチベット人が怒るのは自然じゃないかね!」――とたたみかけるのです。少々興奮気味です。
 それで今日、「ところで法王が止めに入ったことはどう影響する?」と聞くと、
 長い間ただ笑って、首を振りながら、
 「中は止まらないだろう」
 とだけ言いました。

 ユーモア……などというと不謹慎な表現になってしまうのですが、かつての日本の活動写真の弁士のような語り口の男性がいて、チベット語に抑揚をつけて、歯切れ良く早口でまくしたてて、おおおっと皆が盛り上がる様子が思い浮かんでしまいました。
 今度ダラムサラを訪ねたら、ジャンパさんを探してみたいな。グチュスムの人たちって、みんな本土出身の難民1世で、いろいろ苦労していて、ダラムサラでも“新参者”とか田舎者として苦労してるけど、この前行ったときは歌のうまいメンバーが2曲歌ってすごい声援だったし、意外に芸達者が多いんだよなあ。ダムニェン自慢の人もいたし。


047  左の画像は、そのキャンドルデモの様子。
 アムドで殺害された人の遺体の写真を掲げての、沈痛な行進が続いているようです。写真はTCHRD(Tibet Center of Human Rights Democracy:チベット人権民主センター)が現地から入手したものだそうです。

0231  その、ダラムサラの方々が掲げている痛々しい画像が、何枚か添付されて届きました。
 残虐な写真に、ためらいはあったのですが、命をもって「武力弾圧を受けた」と告発しているチベットの方々に合掌して、アップロードすることにします。はっきりと銃創が写っているからです……。一部にはモザイクをかけました。

 1人の銃弾の跡は、胸の真正面に当たってることがわかります。他にも同様の写真が何枚かありました。これは、スナイパーによる狙撃弾の可能性が高いと思われます。
 もう1人は、脇腹にある銃弾による傷口が大きく穴があいたようになっています。どんな武器を使ったのでしょう……。

 ……。


|

« 嘆きのダラムサラ | Main | カンパ、草原を疾るデモ »

Comments

始めまして。今回の暴動でチベットに興味を持った者です。
チベット人の執念は凄まじいですね。それだけ中国に対する恨みが凄まじいからなのでしょうか(歴史的経緯を見ると恨まれて当然のようですが)。
現在はチベット人が商店を焼き討ちしたり(放火による犠牲者が出ているようです)通行人に暴行する映像がyoutubeなどでUPされています。デモで死の危険を冒すのもためらわない代わりに、自分たちが人をあやめたり傷つけたりすることまでためらわなくなると、いわゆる「暴徒」になってしまうと思うのですが、チベットの人々は漢族系商店の焼き討ちや暴行といった行為をどう考えているのでしょうか? 復讐の手段として普通にこれからもやるつもりなんでしょうか。被害にあった漢族に対しては、皆「当然の報い」みたいに思ってるところがあるんでしょうか?
チベット人にお詳しいようなので、ぶしつけながらご質問させていただきました。

Posted by: きんぎょ | 2008.03.22 at 01:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40554729

Listed below are links to weblogs that reference ハンスト、キャンドルデモ:

« 嘆きのダラムサラ | Main | カンパ、草原を疾るデモ »