« 0402再び、子供たちの絵 | Main | ダラムサラより5日/カム再び緊迫 »

2008.04.03

地図にないくに

 ダラムサラから。

 2日前、朝から来たばかりの僧侶にインタビューするためにネルレンカンに行きました。
 時間が悪かったのかドミトリーには僧は誰もいませんでした。そこに知り合いを訪ねてきた僧を2人見つけたので、早速話し掛けました。
 2人ともアムド、青海湖の近くの小さな村の出身で、今は南インドのセラ僧院にいるそうです。1人は8年前、もう一人の若い方は2年前に亡命して来たそうです。2人とも故郷の僧院に居たそうですが、たびたび政治教育班が僧院に来て、ダライラマ法王を批判するよう強制されて、中国に居るのが嫌になった。今は自由の国でしっかり勉強できてうれしい、とか。
 自分のいる時には大した衝突はなかったけど、こんなのを見たことがある、と話してくれたのは次のような話です。よく知ってるおばあさんはいつも首に法王の小さな写真を着けていた。ちょうど中国人の軍人が通りすがりにおばあさんのそれを見つけた。すぐに老婆の首から写真を引きちぎって、道に投げ捨て、足の裏で踏みつぶした。それを見て老婆は「フーチンタオの写真をよこせ! 今すぐ踏みつぶしてやる!」と叫んだとか。すぐに軍人はその場で老婆をめった打ちにして、どこかへ連れて行ったそうです。

 若い方の家族から2日前、電話が来たとのこと。僧院に委員会の役人やら警官が大勢来て、法王の写真を僧院からすべて撤収せよと迫った。でも人数で勝っていた(約100人)僧侶たちはそれを拒否し、小競り合いの末彼らを追い返したそうです。
 それで私が、法王の写真とか飾ってたの? と聞くと、「田舎だから寺でも普通のチベット人の家でも中国人が来ないところにはちゃんと飾ってあったよ」とのことでした。
 それから、僧院長が警察に呼ばれ、従わないなら軍隊を呼ぶ! と言われたそうです。でも、それからどうなったのか? 電話が通じないのだそうです。きっと今回は僧侶たちはあくまで従わないと思う、ともいってました。

 ネルレンカンの外に出ると偶然9-10-3(グチュスム)の副会長に会ったので、「何か新しい情報は?」と聞くと「昨日ベルギー経由で、ガンデン僧院に近いメトクンガでアニラ1人と青年1人が殺されたと言って来た。今名前を確認してるとこだ」とか。
 メトクンガで数百人規模のデモが起きたのは確か3月17日のはず、まだ続いてたのかな? 今ごろ死者とは? 「どうして死んだの?」「そんなの撃たれたか、殴られて死んだに決まってるだろう!」と言われました。
 だいたい9-10-3にはこのメトクンガの出身者が多い。村には元政治囚も多いはずだし、ここがやらないはずもなかったのでしょう。
 その前にもう1人、最近12年の刑期を終えて亡命してきたカムの元僧侶にもインタビューしたのですが、この話はまた。
 
 ルンタに帰って昼食をとっていた時。前に座っていた僧侶が漢字で詩のようなものを書いているのに目がとまった、連れが早速話し掛けてくれという。はっきり言って私は朝からアムド語とカム語ばかりの頭が痛くなる会話にお疲れのところだったので、食事中ぐらい休めよ! と思ったのでした。相手はアムドに決まってるし。ま、そこは押さえて、話掛けました。
 彼はほぼ学者でした。
 アムドのホッカというところの出身。
 青海大学で中国史を専攻し修士まで行ったそうです。中国の歴史を研究するにしたがい、徐々にその嘘だらけの歴史に気付くとともに、チベットの真実にも目覚めたそうです。そうなると中国にいること自体が苦しみとなって来て、僧侶になろうと亡命を決心したそうです。ダラムサラに来てすぐに法王の下で僧侶になり、ダラムサラのツェンニーロプタ(仏教論理大学)に6年学び、さらにサルナートのサンスクリット大学の修士に今はいるそうです。既に著書が中国語で3冊、チベット語で2冊あるとか。今は学校の休みで台湾のグループにチベット語を教えているそうです。
 彼が話すに、3月29日、家族から電話があった。「今日家に警官がたくさん来て弟を連れて行った。なぜかは判らない。25日から27日まで、街で大きなデモがあった。馬で走ったグループもいる。昨日もまたあった」と話してたという。
 「馬でやったのか! 馬はいいね!」と私が言うと、彼は手で首を切る仕草をして「殺されるけどね」と笑っていいました。失言でした!
 「弟はその地方ではちょっと有名な歌手なんだよ。きっとそれで連れて行かれたにちがいない」
 「弟さんはチベットのこと歌ったりしてたの?」
 「そうだよ」
 「だからか」

 こんな具合でして、ちょっと街で話を聞けば、今、この時点でもたくさん、本土ではデモが続いてることが判るのです。だのにTCHRDとか政府の広報とかは発表していない。これらの件についてTCHRDに確認しても「まだはっきりしない」とばかり言ってました。しっかりしろよな! と少し言いたい。「Radio Free Asia」が一番早いようです。番組の生放送中にカムやアムドから電話がどんどん入り、状況を伝えています。まだまだデモは終わってはいないのです。
 まだまだ今も、銃を向ける中国軍に対し素手で立ち向かう人々がたくさんいるのです。みんな命掛けです。逮捕者はすでに2000人を超えると思います。
 どれだけの拷問が今行われていることか! 想像するのもおぞましいことです。

 その後、TCHRD(チベット人権民主化センター)にもホッカのデモについて載ったようだ、と追伸がきたので、原文を探しました。

3 April 2008 [Press Release]
In solidarity, Tibetans march with prayers in Tsolho
Upon witnessing a massive protests across the Tibetan plateau since 10 March, Tibetan people from all walks of life in Holkha Township, Tsigorthang County (Xinghai Xian) Tsolho "TAP" Qinghai Province staged a peaceful solidarity march and later held a prayer session for those who lost their lives in the recent series of protests in Tibet on 25 March. Following the peace march and prayer session at the township government headquarters, three Tibetans were arbitrarily arrested in an early morning raid in their home by the People's Armed Police (PAP) and Public Security Bureau (PSB) officials, according to confirmed information received by the Tibetan Centre for Human Rights and Democracy (TCHRD). (以下略)全文はこちら

 「ホッカ」、アムドといっても東西南北広いし、中国側の行政区分でいったらどのへんにあたるのか、確認しようとしてまだできてません。
 この「チベット本来の地名があるのに、一般に流通する地図にはその地名がなく、一般の人には伝わらない」というのは悲しい現実だなぁと思います。この一点だけでも、チベットが主権を奪われた“幻の国”なんだ、と実感するもの。
 知人に、地図見るの大好きな博覧強記の地形マニアがいて、世界地図をものすごく読み込んでいて、ちょっとニュースで細かい地名が出てくると「よし、知ってる!」と喜ぶ人で(世の中には本当にいろんな人がいます)。四川や青海のデモが話題になっても、ニュースだと細かい所ははしょって「四川省では」くらいしか言わないので、その地形マニア氏、残念がって「どこだ、どこなんだ! 中国の地名ならたいてい分かるぞ」というから私が「さっきのはキルティ寺だからガワとかアバって所だと思います。あともう一つはレコンか」と説明。
 「ガワ? おぅアバ! 蔵族羌族自治州な! レコンは?」
 「地図の地名だとトンレンとかドウジン」
 「自治州か?」
 「甘南自治州だったか黄南自治州だったか」
 「あー、あるな! レコンじゃちょっと分からないな!」
なんてやりとりがありました。実際、自分の頭の中でも、レコン→同仁、ガワ→阿[貝覇]、と地図変換して地理を思い出しているわけで。チベット人は、レコンはレコン、ニャロンはニャロン、ロカはロカだ! と言いたいだろうなあ。
 というわけで、「ホッカ」がアムドのどこだか分からないまま記事をアップするのでした。

|

« 0402再び、子供たちの絵 | Main | ダラムサラより5日/カム再び緊迫 »

Comments

はじめまして。亀山と申します。
わたくしごとで大変申し訳ないのですが、メールを送らせていただきました。
インドへの物資郵送について質問です。
本当に申し訳ありませんが、お時間あるときで本当にかまいませんので、ご返信いただけますようお願い申し上げます。
失礼致しました。

※こちらに記載しましたアドレスは偽者です。
アドレス記載しないとコメントできなかった為。

Posted by: 亀山 | 2008.04.05 at 04:32 PM

ホッカについて

英文にHolkha Township, Tsigorthang County (Xinghai Xian) Tsolho "TAP" Qinghai Provinceとあるので青海省海南蔵族自治州興海県河卡郷でしょう。

関連記事
1.ダライラマ事務所のサイトに「チベットからのレポート 10」のNo.83に「3月25日  郡庁舎前で、数百人が抗議」とあります。

2.http://woeser.middle-way.net/?action=show&id=403

ところでダライラマ事務所のサイトに「チベットからのレポート」があり、そこの中国地名を調べていますが分かりません。

1.タッパとdabpa(四川省甘孜蔵族自治州***県)
2.Yulgan郡(青海省黄南蔵族自治州***県)
3.Achok 寺とTsayou町(甘粛省甘南蔵族自治州夏河県:桑曲)
4.Gey-chikの町(チベット自治区林芝県)
5.Tso-nga町(西蔵自治区昌都地区芒康県)
6.Nangra地区、Kyareng地区(青海省黄南蔵族自治州尖扎県)
7.Tehor 町(四川省甘孜蔵族自治州爐霍県)
8.rakgo郡のガンデン・ラプテン・ナンパ・ギャルウェイ寺院(これはどかでしょうか)
9.Zhejiang市場(チベット自治区那曲県)

誰かおしえて!

Posted by: ichhan | 2008.04.06 at 01:43 AM

dappaはダオチョン(稲城)だと思います。

Posted by:   | 2008.04.06 at 02:33 AM

ウルトラチベットガイドには「稲城:ダオチョン」のチベット名がダンパとありました。それで私も稲城県と考えましたが確証がありません。

ダンパとdabpa(ダッパ?)、またタッパとの関係わかりませんか。チベット語綴りがわかれば上の関係も想像するのですが。

名無しさん、よろしく。

Posted by: ichhan | 2008.04.06 at 09:11 AM

『ウィキペディア(Wikipedia)』の「カンゼ・チベット族自治州」の項に「ダプパ('dab pa, 稲城)」とありました。
それでdabpa(ダッバ)は稲城ということがわかりました。タッパはこれと同じでしょう。

Posted by: ichhan | 2008.04.06 at 11:33 AM

>icchanさんどうもです!
9番は中国語のピンイン転写とわかりますが、他はチベット語のローマナイズでしょうか。
icchanさんにコメントもらって、そうだ、チベット地名はチベット文字表記→ローマナイズ(→カタカナ)の間でもうひとつ情報が減ってるんだ、と実感しました。そうだよなあ、なるほどなああ。
名なしの方もありがとうございました。
中国行政区分地図が引越し荷物の中でいらいらしてます。お恥ずかしい。ありがとうございます。
ダッパも感謝です。あそこか! 動け、東京都稲城市!!

Posted by: うらるんた@管理人 | 2008.04.06 at 04:58 PM

> 7.Tehor 町(四川省甘孜蔵族自治州爐霍県)

旅行人ノートによると、これは「テホル」です。

Posted by: Days | 2008.04.07 at 04:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40773072

Listed below are links to weblogs that reference 地図にないくに:

« 0402再び、子供たちの絵 | Main | ダラムサラより5日/カム再び緊迫 »