« ダラムサラより5日/カム再び緊迫 | Main | 「法王を批判するなら死んだほうがましだ」 »

2008.04.06

ラジオにびっくり/法王のメッセージ

 ダラムサラからメール。

 先ほど(4月6日10時半)法王はツクラカンで祈祷会の後、<チベット人に向けてのメッセージ>を読み上げられました。http://www.dalailama.com/news.htmに全文掲載されています。とりあえず。


 午前0時までの仕事を終えてから、腰が痛いので職場のソファに横になって休みながらメールの応対など。ちょっとうたたねしてしまったみたいで、はっと気付いたら午前5時近く。いかん、このままじゃ翌日勤務の同僚と顔を合わせて「なにやってんすか」ってことになってしまう……と、慌てて職場を出る。
 自宅との往復は車で、運転中はたいていラジオつけてるんだけど、エンジンかけるなり、「……さて、この、チベット問題なんですけどね、今週もチベット問題について語ろうと思います」。
 わぁびっくりした。午前5時だよ? 普段の自分の行動パターンとはずれた時間に、たまたまラジオつけて、そこでチベットとは!
 じりじりしながらタイトルテーマ曲聴き終えて、「日曜の朝はまじめに、モーリーの、アーリー・モーリー・バード!」とか言われてようやく分かった。ちべ式で紹介されてた(キャンドルとか取材に来たっていう)J-waveの番組って、これか!!! すいません、知っていれば今さらビックリでもなんでもないことでした。
 番組のテーマは、マスメディアには流れないチベットの情報がインターネットなどの市民メディアに活発に流れている、そのネチズン(ネット市民)の動きについて考えてみたい、というもの。前ふりで、チベット問題についてはmixiなどが非常に活発に動いており、背景には、ネットやmixiの世界では同じことに関心を持っている人同士がつながりやすい傾向にあり、したがって、関連情報が集中する構造がある、という分析をしていて、これはなるほどなぁ、と感心しました。
 “ネチズン”としてどんな例をあげるのかな、と気になったんですが、とりあえず腰も痛いし自宅のまわりをぐるぐる運転してるのも疲れたのでそこまで。すいません。あとでネットで聴こう


 再びダラムサラより。

 今日は亡命チベット人はこぞって一日中念誦、祈願する日と決められていました。
 朝9時、法王はツクラカンにお出でになり、そのまままずターラ菩薩二十一尊の真言を唱えられ始めました。中に千手観音菩薩への祈願文を挟んで、再びターラ菩薩の真言、そしてオマニペメフーンを一時(この時、法王の手元、数珠が繰られるところがモニター画面に大きく映りだされていました)仏賛、普賢行願讃、締めくくりにツェメーユンテンでした。
 法王は終始顔を少ししかめていらっしゃるような、きびしい表情に見うけられました。いつものように仏を脊に人々に向かうのではなく、本尊のお釈迦様に向かって座られ、一心に祈られておりました。
 このあと、法王は一旦席を外され、しばらくして「チベット人へのメッセージ」を読み上げられました。「これは外人には秘密なんだけどね……ははは!」と最初にユーモアをおっしゃったりされました。
 法王が去られた後も午後4時まで他の約3000人程は念誦会を続けるのです。
 本土のチベット人にも今日の一斉祈祷会のことは伝わっているかもしれません。中国はまた、静かな祈りに対し銃弾で答えるかもしれません。


200804061724001  画像は、知人から「紀伊国屋の緊急ダライ・ラマブックフェアの様子を撮ってもらったので送ります」ともらった画像。
 ええええーー! 紀伊国屋(って新宿東口のビルのとこだよね?)こんなんなってるんだ! すごいよ。知人もメールで「ちょっと感動です、ううう」って書いてたけど。ほんとう泣けてきた。

 自分が今何してるかというと、12日の仙台報告会の準備打ち合わせ(広報宣伝せずにいったい誰が来てくれるんだ!!!)、19日の名古屋デモについてツェリンさんの代理でメールやりとり、SFT日本では25日の長野アピールの打ち合わせ、SFT日本を団体としてしっかりさせるための口座開設もろもろの準備、それからネレンカンの子供たちの絵を展示できないかという企画にとりあえずデータ整理、TYC(チベット・ユース・コングレス:チベット青年会議)から突然来た要請に応える準備、聖火リレーランナーになにか働きかけをしてみてはどう? みたいな提案とか、あとは腰痛との闘い(くーー)。これでも地方在住だから東京でのもろもろと一線置いてるだけマシだと思う。
 それにしても、マスメディアからのニュースが減った分、亡命政府やダライラマ法王の公式サイトやTCHRD、SFT本部で配信されるニュースを速やかに翻訳して出していく情報担当者みたいなのが欲しいよなあとか、亡命政府発表のニュースのチベット語地名カタカナ書きはやっぱりわかりにくいよなあ地図あればいいのにとか、やりたいこと、思いつくことは後から後から増えてしかたない。

|

« ダラムサラより5日/カム再び緊迫 | Main | 「法王を批判するなら死んだほうがましだ」 »

Comments

<配信されるニュースを速やかに翻訳して出していく情報担当者みたいなのが欲しいよなあとか、亡命政府発表のニュースのチベット語地名カタカナ書きはやっぱりわかりにくいよなあ地図あればいいのにとか・・・

同感です。
それでチベット語地名カタカナ書きを日本漢字に直しています。地図に書き込むといいんですが、どうして作ればよいかなあ。ほとんどできたのでお披露目しないと。

Posted by: ichhan | 2008.04.08 at 01:17 AM

抗議地地図(暫定版)ができました。
http://ichhan.hp.infoseek.co.jp/mark/protest2008.jpg

つくるのは大変だなあと思っていたらTibetan Solidarity Committeeに地図を見つけました。
http://www.stoptibetcrisis.net/
そこにある地図のまちがいを訂正し、
「チベット亡命政府発表ー チベットからのレポート(1-14)にのっていないもの(赤の*印)を追加して作りました。

まだわからないところなどがありますが、何事も旬が肝心なのでTibetan Solidarity Committeeに無断のせることにしました。

Posted by: ichhan | 2008.04.11 at 10:31 AM

抗議地図(暫定版)を改定しました。
http://ichhan.hp.infoseek.co.jp/mark/protestsmap.jpg

抗議地図は色々なサイトで発表されています。

1.TCHRD(Tibetan Centre For Human rights And Democracy
http://tchrd.org/maps/march_2008/?zoom=full
2.International Campaign for Tibet
http://www.savetibet.org/images/images/protests_map_404_LARGE.jpg
3.phayul.com
http://www.phayul.com/tibet/protest%2Dmap/
4.TSC(Tibetan Solidarity Committee)
http://www.stoptibetcrisis.net/download/mapofuprisinginTibetFLAG.jpg

チベット語地名の中国語との対照表も作っています。そのうちに発表したいと思います。

Posted by: ichhan | 2008.04.16 at 06:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40788869

Listed below are links to weblogs that reference ラジオにびっくり/法王のメッセージ:

» ダライ・ラマ法王 4/6チベット人へメッセージ [チベットnews]
「ちべログ@うらるんた」さんのページより。 ちべログ@うらるんた: ラジオにびっ... [Read More]

Tracked on 2008.04.07 at 11:24 PM

« ダラムサラより5日/カム再び緊迫 | Main | 「法王を批判するなら死んだほうがましだ」 »