« 「法王を批判するなら死んだほうがましだ」 | Main | 続・春の嵐(報道被害)/ チベット式応急治療法/ニントプリン/ラブラン蜂起 »

2008.04.08

チベット緊急報告会&追悼の集いin仙台/春の嵐

■チベット緊急報告会&追悼の集いin仙台■

 <呼び掛け>
 私たちは、チベットでの平和的デモに対する中国当局の過剰な弾圧と、その後に起こった騒乱及び武力制圧、そして多数の死傷者の発生を深く憂慮しています。チベット問題について、事件はなぜ起き、背景には何があるのか。急ではありますが、チベットやモンゴルの視点から多角的に報告し、ともに考える会を開きます。合わせて、弾圧の犠牲となった命を悼む集会を実施し、いま全国で開催されているキャンドルライト・ヴィジル(祈りの灯)のひとつといたします。

01日時:4月12日(土)午後2時半
場所:青葉区中央市民センター(小ホール2)
    仙台市青葉区一番町2-1-4
    会場℡ 022-223-2516
主催:チベせん(チベットサポート仙台)

<内容(予定)>

  • 挨拶&ラサ現地報告
  • いまチベットで何が起きているか
    (チベット問題の概説と背景の説明、現地からの声)
  • 中国の人権状況について…モンゴル民主活動家 フビスガルトさんの話
  • 今できる行動の紹介(署名やファックスアピールなど)
  • 終了後、参加希望者で追悼の集いを開きます。ご自宅に余ったキャンドルがある方はお持ち下さい。

 チラシ(PDF)のダウンロードはこちら。


 突然、朝から、メールや電話の問い合わせが殺到。
 どのメディアも考えることは同じ、ロンドン、パリでの聖火リレーを受けて、「じゃあ長野では」と、一斉にコメント取りに走ったのかと推測。TSNJ代表に掛かった電話、「もんぜんぷら座」に掛かった電話、その他の知り合い経由、“手当たり次第”という表現がぴったり。個人情報を公開していない私人の私がこうなんだから、なんかの団体の代表になってる人たちはいったい、どうなってることやら。

 大手スポーツ紙に電話応対した友人から「午後6時までにメールで画像送ってほしいんだって」と困った声でSOS。「締め切りなんだって…」。時計を見たらあと15分しかない。その新聞社、個人が草の根で会社勤めの傍らやってる支援活動を、専門の広報担当者を置いてる大企業か芸能プロダクションと勘違いしてるんじゃないか? 一般人つかまえて「締め切りが」だなんて、まぁやってる奴をみたことがないわけじゃないが、言われた側はこっちには関係ねーよ、って思うわなぁ。送ったけど。
 そしたら15分くらい経ってまた携帯が鳴って、友人が「ごめん、せっかく送ってもらったのに。また電話が来て、もっと文字がはっきり映ってるのがいいんだって……」。写真提供を「15分後に」と依頼した上に絵柄の注文までつけるんか、×××は。

 仕事しながら職場のテレビを見ていたら、消火器を手にした男性が乱入したロンドン、若い女性が道路に座り込んで通せんぼしたパリの映像が緊迫した音楽とともに流れ、「各地でチベット人が反発、大混乱」とテロップ。で、画面が切りかわり「さて、日本では……」というナレーションとともに、善光寺の門前の落ち着いた町並みが。
 なに、それ。煽ってんの? チベット人が世界各地で暴れてるよ、日本も危ないよ、チベット人に注意しろ!! とか言ってんの? あるいは、「長野はどうなるんでしょうね~~(ワクワク)」って、何か混乱が起きるのを期待してるの?? 胃がせりあがるような気持ちになってトイレに立った。

 ワイドショーのカメラが2台来た、というチベット人が「いろいろ質問されて、これで答えるの失敗したらチベット人全体の問題になる、と思うともう怖かった。『トウロクしてるか』って何のこと? 意味分からない質問もあった。本当に怖かった……」。そうだよね、いろいろ話しても前後切られて使うの10秒だもん、怖いよね……。
 友人のところにはもっとひどい電話取材があったみたいで「チベット人の妨害工作をどう思うか、日本でも同じことが起きるんじゃないか、って一点張り。ダライ・ラマ14世が冷静に対話を呼びかけているとか、自治区の暴動と制圧だけに抗議してるんじゃなくて1959年からの根深い問題があるんだとか、説明しても全然聞いてくれなくて、また同じ質問をしてくるの。何か言わせたい言葉があって、それを言うまで電話を切らない、みたいな感じで本当にあの記者嫌だった」と、最後は涙声。
 私は「どんな形であっても、チベット問題がこれだけ大きく取り上げられることは少ないんだから利用してやるくらいの気持ちになってくださいよ」などとえらくポジティブな言われようもしたけど、それ、言ったのは取材するメディアの側。そんな取材する側に都合のいい考え方押し付けて、免罪符になるかぁ?

 ……と長野の嵐で1日が過ぎ、12日開催の仙台のイベントは、なんとあと4日しかないというのにやっとチラシが出来たところ。これ、もしコピーしても、撒く時間さえないんじゃない? 悲惨な結果が脳裏にちらつく。うう……


 ダラムサラからは私信が(お見舞いありがとうございます)。

 お早うございます。
 ダラムサラは嵐も去り空気も洗われ、山は新雪に再び覆われ、ヒマラヤ晴れの温かい日々に戻りました。腰の加減は如何ですか? 腰は大変ですよね。私の長年腰には泣かされましたよ。結局ヨガなどやって腹筋と背筋を十分に鍛えないと、根本的には治らないでしょう。早めに対策を考えないと、年々悪くはなってもよくはなりませんよ。 私は今日は寝不足にもかかわらず、朝いつものように6時半からのヨガに行きました。今日は誰もいなかった。もっとも1人はとっても気持ち良くて、雪山に向かって気持ち良くヨガしました。その後下に降りれば、焼きたてのアンパンが待っています。このところの朝は充実してます。
 このところのロンドン、パリ、これからのサンフランシスコの様子を見てると自然に日本のサポーターへの期待も高まるというものです。期待に応えてさてどんな行動をするのか? 何人逮捕者がでるのか? 期待してますよ!
 それにしても昨日書いた悲しい最新ニュースはその人たち知ってるのでしょうかね?

 そんなこと期待しないでください(泣)。喜ぶのはメディアと中国政府だけだよ……


 ちなみに、腰のほうは鍼灸治療に初挑戦。
 中国語を教えてもらってた(現在挫折中)先生のご主人が鍼灸師(日中双方の免状を持っている)で、前から顔なじみだったので、イチかバチか(と言ったら失礼ですが)駆け込んでみました。
 舌の色を診るところから始まって「へえ、メンツィカン(チベット医学占星術研究所)みたい」。……って、ここでチベット基準出してどうする。
 初めてだったので次に何をされるか想像がつかなくて怖かったけど、いやぁ、効くねえ! さすが東洋の神秘。手首とか足の甲とかわき腹とか予想外のところに打たれて「ひーーっ」て感じでしたが、だいぶよくなりました(すたすた歩けるように)。もうちょっと通います。「有朋堂」ってところです。

|

« 「法王を批判するなら死んだほうがましだ」 | Main | 続・春の嵐(報道被害)/ チベット式応急治療法/ニントプリン/ラブラン蜂起 »

Comments

うらるん様
腰を悪くされていたんですね。お見舞い申し上げます。疲れが出たのでは?


確かにTVで長野での聖火リレーの妨害を煽っていますよね。
パリでは「何も(主張)しないのは良くない」って市民がインタビューに答えていたし、そういう価値観なんでしょう。

でも、仏教徒の多い日本では、しかも堅実で冷静なイメージのある長野では、沿道をフリーチベットの横断幕やチベット国旗で埋めるくらいが良いのではないでしょうか?

って、これでも十分ダライラマ法王がお止めになっている妨害にあたるのでしょうか?他に方法はどんな方法があるんでしょう?

Posted by: K嬢 | 2008.04.10 at 09:59 PM

ダライラマ法王の記者会見を拝見して考えました。

「本当の自治について考えたことがありますか?」とか
「世界の工場になった今、何を恐がっているの?」とか
「世界のひとたちが見てますよ」とか
「どうして、中国人民に知らせないの?」とか
の横断幕はどうでしょう?

もちろん、他にもっと良いフレーズがあるはずです。

Posted by: K嬢 | 2008.04.10 at 10:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40822123

Listed below are links to weblogs that reference チベット緊急報告会&追悼の集いin仙台/春の嵐:

« 「法王を批判するなら死んだほうがましだ」 | Main | 続・春の嵐(報道被害)/ チベット式応急治療法/ニントプリン/ラブラン蜂起 »