« 葬送の日 | Main | 治療求める日 »

2008.04.11

ツェーメーユンテン

ダラムサラからのメールです。

 今日のデモは、今回の動乱で連れ去られ、拘置所、或いは既に監獄にいるチベット人たちを解放せよ! 拷問をやめよ! 正当な裁判を開け! と主張するものでした。
 ただ、今日もスローガンを叫ぶことは一度もなく、「*菩提心の歌」(?)のみ唱え続けていました。最後に「*ツェメーユンテン」の祈りで締めるのが最近のデモのパターンです。
 こうした連れ去られた人たちの話の一つとして、今日TCHRDにアップされてた記事を以下要約紹介します。

<拷問された僧侶が釈放されたが、彼は精神錯乱状態であった>
先の4月1日にラプラン僧院の僧7人;
Labrang Monastery in Sangchu County, Kanlho "TAP", Gansu,
on 1 April 2008. The arrestees are: 1) Gendun Gyatso, 30
yrs, 2) Gyurmey, 40 yrs, 3) Gelek Gyurmey, 30 yrs, 4)
Sangay, 30 yrs, 5) Samten, 32 yrs, 6) Yonten, 34yrs, and
7) Thabkhey, 30 yrs.
が逮捕された。そのうち最後にリストアップされているタップケは数日後に解放された。しかし、その彼の体は全身痣だらけで、精神錯乱状態だという。明らかに拷問を受けたのだ。その他の僧侶たちも同様の拷問を受けている可能性が高い。責任を逃れるために、拷問の末死にかけたり気が狂った拘置者を家族に引き引き取らせるのはいつもの中国のやりかただ。

9日に外国プレスの前に現れた僧侶たちの記事も短く出てます。
詳しくは
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080409.html

 まったく、この拷問の話は9-10-3(グチュスム)のメンバーから嫌というほど聞いていましたが、それがまた、今度はチベット全土で、今まさに行われているのです。

 ラジオでは、3日に多数の死傷者が出た、ギャマのトンコルゴンパのいまの状況を現地からの電話で伝えていました。まず、その日に銃弾を受け治療を受けれないまま、死んでしまったものが2人いると名を上げて報告した。まだ銃弾が体の中に入ったままの者もいる。中国側は6日、僧院の僧侶に対し「5日以内に全員自首せよ、さもなくば僧院を破壊する」と布告した。400人近くいた僧侶のうち今僧院の中にいるのは老僧と子供の僧ばかりで、他のおよそ300人は山に逃げたままだ。デモの後連れ去られた人の中で帰された者もいるが、まともな者はほとんどいない、多くのものが歩くのも困難な状態で帰って来る。また当局は逮捕者の家族に対し、釈放させたければ1万元払え、と言って来ているという。電話してきた人は年配者であるのか、「まるでまた文革の時代に戻ったみたいだ!」と最後に言った。

「ツェメーユンテン」の日本語訳を添えました。
もう一つの「菩提心の祈り」はチベット語の発音では

ジャンジュップ センチョック リンポチェ、
マケパナ ケギュルチ、
ケワニャンパ メパネ、
ゴンネ ゴンドゥ ペルパルショー

意味は
「至高にして尊い菩提心よ、まだ生まれ出でずば、今まさに生れよ、すでにこの心、生れしものならば、衰えることなく、益々大きくならんことを」
です。
※菩提心(他の有情を救うために悟りを得ようと願う、決心する心)

 ツェーメーユンテンの訳は、添付ファイルのWordのバージョンが合わないので、違うPCで開けてご紹介します。
 (14日追記)
 .docxファイルを.docに変換できました。

ツェーメーユンテン/真実の祈り

三宝に帰依いたします

無量の徳の大海とともにあられ
身寄りなき有情を一人子の如くおぼしめす
三世の諸仏、諸菩薩、成就者たちよ
どうか、わたしのこの真実の嘆願に耳傾けたまえ

聖俗二辺の懊悩を払い、最勝の仏の教えは
全世界の利と幸の吉祥を増長せしめる
どうか、法に巧みなる、賢者、成就者たちよ
十行の増大を示したまえ

清め切らぬ、かつての悪行の果
その環境の故に絶え間なき苦に喘ぐ薄幸なる有情たち
どうか、耐えがたき病、戦争、飢餓等すべての恐れ寂滅し
喜びの大海の内に、安堵の息をつけますよう

とくに、ここ雪の国チベット、仏法と共にある国に生れし有情たち
悪徳、蛮行、非情なる共産の大軍に
喘ぎ打ちのめされし血と涙の流れ
速やかに断たれんがため、愛の力の大軍が生まれますように

煩悩の魔に惑わされ、その蛮行により
自他ともに破滅に向かう者たちを憐れむべし
残虐なる者達に、善悪の目を得させるため
慈悲、友愛が生まれ
吉祥のうちに、すべてが結ばれますように

久しくの心底よりの悲願、チベットの完全なる自由
吉祥が果たされますよう
聖俗の自然に溶け合う宴と呼ばれる国を再び享受する幸運が
一日も早く訪れますように

仏法とそれを守るサンガ、国と国民のために
何よりも大切な己の命や財を投げ出し
千万の苦を耐え続けし人々が
ポタラの王の慈悲に守られますように

そう、守護尊観音菩薩の威力により
仏、菩薩たち照覧のうちに
雪山の国にて祈りの大海をなせし善果が
今ここに速やかに現前いたしますよう

現空、法空深遠なる縁起と三宝の悲の力と
この真実の言葉の力、過たぬ縁起の真理の力により
私たちの真理の祈りが妨げなく
一日も早く実現されますよう

 「ツェメユンテン」は、法王が亡命されてまもなく、ご自身で作詞されたものです(もっとも最初から歌にするつもりで作られたかどうかは不明)。
 チベットに残した者たちのことを思って歌われたのです。
 今では国歌よりこの方がポピュラーなのです。
 チベット人は合掌しながらこの歌を歌います。チベット人には泣ける歌詞なのです。

ですね。私が、初めてのダラムサラ、水曜の朝のコルラの最後で皆が歌っているのを聞いて自然に涙が出たのは、たぶん、こっちだと思います。

|

« 葬送の日 | Main | 治療求める日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40850330

Listed below are links to weblogs that reference ツェーメーユンテン:

» JK大好き [JK大好き]
JK大好き [Read More]

Tracked on 2008.04.12 at 05:31 PM

» 今の単語のみ+発音かなり不明瞭 [育児・子育てファイト!]
158 名無しの心子知らず sage 2008/01/06(日) 23:30:02 ID:wf3nJbRV3歳って日常会話が普通に成り立つものなんですか!? 知らなかったです・・。 うちの子(2歳10ヶ月)が今の単語のみ+発音かなり不明瞭から 2ヵ月後にいきなりやりとりし始めるとは思えないし、また鬱です・・。... [Read More]

Tracked on 2008.05.07 at 10:10 PM

« 葬送の日 | Main | 治療求める日 »