« RFA | Main | チベット語で「上を向いて歩こう」 »

2008.04.16

ブログ開設!

 ダラムサラより、14日付のプレスリリース翻訳を送っていただきました。

TIBETAN SOLIDARITY COMMITTEE
(14日付のプレスリリースより)
http://www.stoptibetcrisis.net/pr150408.html

<チベットの学校が閉鎖された>
 4月8日アムド、キルティ僧院付属タクツァンラモ学校が中国政府により閉鎖された。
 この学校はチベット語教育を中心とし、18歳以下の僧侶及び遊牧民、農民の子弟に社会、文化一般を教えていた。学校は1986年に開校され、約500人の生徒が在籍。他に教育を得る機会のない子供たちにとっては非常に大事な学校だった。
 中国側は学校閉鎖の理由は数人の生徒が先月のデモに加わったからだという。しかし理由はそれだけでなく、中国政府のチベット語とチベット文化の存続を阻害しようとの意図が働いているのは明白だ。
 中国政府は不法拘束、逮捕を続けており、ある一つの刑務所だけでも約800人のチベット人が詰め込まれているという。ガンジュ地区の刑務所の様子を逮捕されていた数人のチベット人たちはつぎのように伝えている。「4日に1度だけ、コップに1杯のタン茶(チベッタンブラックティー)と1個のティンモ(蒸しパン)が貰えただけだ。ひどい拷問で手足、胸郭の骨が骨折したりしている者も少なくない。中には目玉が飛び出してしまった者もいた」。
 中国政府は「チベット人は中国の敵」と規定し、チベット人と漢人の共存の不可能性を強調している。以下のごとき、今チベットで広く宣伝されている中国のスローガンにその分離政策の証拠を見ることができる。
 「お前たちが生きて、我らが死ぬか! 我らが生きてお前たちが死ぬか!」とか「我らと我らの敵」とかにだ。

 チベット人はこの動乱以後、あらゆる職場で抑圧と差別を味わっている。中国の軍人、役人たちはその多くがチベット人である警官、警備員を信用できず、中国人軍隊がその代りに使われるべきだと感じ始めている。実際すでにこの事情により多くのチベット人が職を失ったという。
 これは今に始まったことではないが、チベット人と中国人の間に騒動が起こると、一般にチベット人側に罪がない場合でもチベット人が有罪とされるケースが後を絶たない。中国側はダライラマ法王とチベット人を「分離主義者」と言って非難するが、「分離政策」を継続、強化することで、更なる衝突と緊張を作りだそうとしている中国政府こそ、真の「分離
主義者」と言われるべきではないのか?

 ここまで。以下には、この前訳した、6項目の要求が繰り返されています。


 そして、ダラムサラから直接発信するブログが開設されました。
 これまで不定期に(というかほぼ毎日でしたけど)ダラムサラ発のメールの多くを送ってくれていた中原さんが個人ブログ「チベットNOW@ルンタ ダラムサラ通信」を開設。アドレスは
 http://blog.livedoor.jp/rftibet/
です。

|

« RFA | Main | チベット語で「上を向いて歩こう」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/40904037

Listed below are links to weblogs that reference ブログ開設!:

» 【チベットの子供達への教育支援】交流会 in 堺 大阪/チベットNOW@ルンタ [あほケツな日々]
まず大阪府堺市でのチベ・イベのご案内です。5月25日(第1回)【チベットの子供達 [Read More]

Tracked on 2008.04.18 at 12:07 AM

« RFA | Main | チベット語で「上を向いて歩こう」 »