« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

2008.05.14

帰還マーチ情報「チベットはもはやそう遠くない」

 フェースブックという英語ベースのSNS(mixiみたいなもの)を通じて届いた「帰還行進(Rise up, Resist, Return March to TIBET)」の最新情報です。パリ在住の小川さんにMLを通じて訳して頂きました(地名や人名表記を一部手直し、補足を入れています)。ありがとうございました。

テンジン・ツォンドゥ(Tenzin Tsondu)からのメッセージ
「チベットはもうそこまで近づいた」

 長い旅のため夜明け前に寝袋を荷物につめてから、法王を祀る祭壇にカターをかけ、私は「決意した。何が起ころうと、やりぬくつもりだ」と呟いた。
 300人の人たちとヒマーチャル、パンジャブ、ハリャナ、デリー、ウッタルプラディシュ州を通る900キロ以上の道のりを70日間歩き、昨日、私たちは北インド・ウッタランチャル州のクマオン山脈のアルモラ(Almora)に到着した。ここからチベットはそう遠くない。

 チベットへのマーチは、世界中でチベット人とチベット支援者たちによるチベット蜂起が一斉に起こった3月10日、ダラムサラから始まった。100人の主要メンバーによって開始され、より多くの参加者が途中から加わった。明日、アルモラからチベットへ向かう山間の谷に発つメンバーは、300人の行進者と8人の外国人で、この外国人たちのうちの数人はダラムサラから私たちと行進している。
 行く先々で私たちはインド人に暖かく迎えられた。彼らは私たちを励まし、水や宿泊所を与えてくれた人々もいた。私たちはおもに、アシュラム(訳注:ヒンドゥーの避難所や集会所のうな場所)やグルドワーラー(訳注:スィク教の寺院)、学校に宿泊した。時には地方自治体がトラクターで運ばれるタンカーから水を供給する道ばたの広場で寝ることもあった。インド人には長い巡礼旅行の文化があるため、旅行者へのもてなしを自然に身につけている。地区ごとにジープやバイクに乗った警察の護衛がついた。

 私たちが3月13日にカングラ地区でインド警察に逮捕され、14日間拘束されたことは皆さんご存知だと思う。釈放の3日後に行進は再開し、”行進のスピリット”は続行された。釈放後、私たち100人全員が行進に再び参加したが、刑事裁判に悩まされた。先週末、チョエイン(Choeying)、ロブサン・イシェ(Lobsang Yeshi)と私の3人はデラ裁判所に出頭した。6月にもう一度出頭しなければならない。

 様々なメディア報道によって、行進が中止になったと思っている人もいるようだ。私自身も数人からその件での電話をもらったが、私は彼らの誤解を解いた。国境の切迫を見て、法王は企画者に行進を中止した方がよいとアドバイスされたが、チベット全土での勇気ある非暴力抗議と、現在進行中の中国のチベット人に対する弾圧を見て、彼らの犠牲はわたしたちの意欲をたきつけ、活気づけた。もう私たちは止まることができない。それで、一時休止のあと、4月19日に私たちはデリーからチベットへの行進を再開した。

 デリーからウッタルプラディシュを通る道のりは大変だった。異様に暑く、乾燥しており、埃っぽかった。耳元で通り過ぎるトラックやバスに轢かれそうになったりした。時折、私たちの配布していたキャンペーンちらしを受け取るために停まる車両もあった。わたしたちは列を組み、長い胴体にいくつもの足を持つヤスデのように歩いた。頭がとれても新しいのが生え、おしりから尻尾がずるずる引かれて歩くヤスデのように。

 私たちは朝4時に起床し、洗面と寝袋・テント・マットレスの荷造りを済ませてから朝食をとり、5時には歩き始める。6〜7時間歩くと、たいていは20〜25Km進んでおり、時には27~28Kmの時もある。雑用・炊飯班がトラックに乗って先に到着して、キャンプを整える。多くの場所で、水は貴重品である。私たちは道沿いの手動ポンプの水で体を洗う。時々、多数の僧侶がいっしょに麦畑で水浴びをする。月の光のもと、自然に囲まれた広い畑で水浴びをするのは、素晴らしい体験だった。

 行進者のほとんどは、南インドの3つの修道院大学の仏教僧たちだ。ダライラマ法王とともに1959年にチベットから亡命された老僧もいる。最年長者は78歳である。最年少は17歳の少年で、インド生まれのインド育ちでチベットを知らない。子供を夫に残してきた数人の若い母親たちもいる。私たちの広報班は、外国に発信し、また地方メディアとコンタクトを取ることのできるよう動いている。
 夕方の集いのなか、日々のお祈りの後で、メディアはニュースを流す。私たち行進者が、インド各地や外国でのチベット支援行動に拍手する場合が多い。ロンドン、パリ、サンフランシスコ、キャンベラ、東京(訳注:実際は長野ですが……)での聖火リレーでの抗議に、私たちは深く感謝している。チベット人がカトマンドゥで抗議を続けていることは、ネパール警察の非情を考えると、大変うれしいことである。
 私たちは、今、行進の最後の区間にさしかかっている。アルモラから国境までは200Km足らずで、ヒマラヤ山中に入るにつれて涼しくなる。未だ外国の占領下にある母国に帰ることは易しいことではないということは分かっている。中国軍は機関銃で国境を警備するであろうし、インド警察でさえも理由を付けて私たちを止めるであろう。対峙は避け得ないが、私たちは止まるつもりはない。国境で長いことキャンプすることになるかもしれないし、国際社会の支援と協力を要請しなければならないかもしれない。私たちの行進の行く手に何が待ち受けているのか分からない。

 私たちにとって、チベットへの行進は、母国への帰還、そして母国に自由に生きる権利の再要求である。何が起こっても、私たちは非暴力を貫く。報復するつもりはない。殴られようが、投獄されようが、さらには撃たれようが、諦めるつもりはない。そして、私にとっては、この行進以外に人生でやろうと思うことがない。私たち行進者全員にとって、この行進はわたしたちの人生の仕事なのだ。
 ◇ 
行進についてのニュースと写真、行進者の手記はこちら:
www.TibetanUprising.org
最短2日間から行進に途中参加している外国人参加者もおり、そのうち何人かは出発から参加している。参加希望者は以下にコンタクトして下さい。
Sherab Woeser sherabwoeser@yahoo.com または Lobsang Yeshi (携帯:****)
遠方などの理由で参加できない方は、私たちのメッセージを伝えるのに協力して下さい。寝袋、靴、マットレスの寄付は大変ありがたいです。募金してもらえれば、食糧や水が買えます。すべてのチベット人の貢献に期待してます。

Bod Gyalo! (チベットに勝利を!)

Tenzin Tsundue――チベットへの道中にて
2008年5月13日
アルモラ、インド

 原文にはメールアドレスとともに携帯電話の直番号が入っていましたが、SNS内での公開と思い、直番号だけ削除しています。
 正念場を迎えているようです。
 友人からもメール。

このルートって、確かハイリンヒ・ハラーが超えたルートだよね。ナンダデビを通って、カンリンポチェにインド人が巡礼に行くルートを行くのか?

 ハインリヒ・ハラーの再現なのか……。
 昨年12月、グチュスムのガワン・ウーペル会長は「ネパールを経由しないルートを考えている」と言っていたからそうなのかも。ウーペル氏、いったんダラムサラに戻ってきたようなことを聞いていたけど、再び参加したのでしょうか……。

 英語読める方のために、原文はこちら。

Subject: Message from Tenzin Tsundue: "Now Tibet is not so far"

Now Tibet is not so far

When I packed my sleeping bag that early morning before sunrise for this long journey, I placed a white (khatak) scarf at the alter of His Holiness and said I have decided, whatever happens, I will make my way through. Walking for almost 70 with 300 people covering more than 900 kilometers through Himachal, Punjab, Haryana, Delhi, UP, we reached Almora town yesterday in the Kumaon Mountains in the north Indian state of Uttrakhand. From here Tibet is not very far.

The March to Tibet began from Dharamsala on 10th March, the same day similar uprisings happened all around the world, organized by Tibetans and Tibet supporters, even in Tibet – a global Tibetan uprising. We started with 100 core marchers, on our way many more joined us. As we leave Almora tomorrow into the high mountain valleys towards Tibet, we are 300 marchers and eight support marchers who are foreigners from different countries, some of whom have been with us from Dharamsala.

All along the route the Indian people have welcomed us with warmth, cheered our spirit and in some places offered us water and shelter. At most places we spent our nights in Ashrams, Gurudwaras and schools, sometimes on empty grounds on the roadside, where the local municipality provided water in tankers driven by tractors. Indians have a culture of going for long journeys across their country for pilgrimages and therefore hospitality is a natural custom. The police have been sending an escort all along the route in jeeps or on motorbikes passing the security duty from one district to the next.

You must be aware that we were arrested by Indian police in Kangra District on the 13th March and jailed us for 14 days. The second batch of the March was launched three days later and that carried on the March spirit. After our release, all 100 of us rejoined the March, but there is already a court case slapped on us. At the end of the last month, Choeying, Lobsang Yeshi and I had to appear in Dehra court and will have to do that again in June.

I learned that some people had the impression from various media reports that the March had been canceled. I myself received phone calls from few people whose doubts I cleared. Seeing an imminent confrontation at the border His Holiness did advise the organizers against the continuation of the March, but after seeing the courageous non-violent uprisings that happened all over Tibet and the ongoing Chinese crackdown on our people in Tibet, our commitment was revitalized by their sacrifice and inspired us. Now we can’t stop it. So we re-launched the March to Tibet from Delhi on the 19th April after a temporary halt.

The journey from Delhi passing through UP was difficult; it was extremely hot, dry and dusty. The trucks and buses on the highway threatened to run over us sometimes rushing by our ears, and sometimes stopping by to pick our campaign flyers that we were handing out on the road. As we walked one after the other in a long single file like the multiple legs of a millipede - one long body. Even when the head has taken the next turn, the tail is still trailing behind from the last corner.

The Marchers wake up at 4 am, after washing and packing sleeping bags, tents and mattresses, we have breakfast and start walking at 5 am. Usually walking for 6 to 7 hours a day we cover a distance of 20-25 kilometers, sometimes walking even 27 or 28 kilometers. The logistics and kitchen team move ahead in trucks and set up the camp. At many places water is luxury. We bathe under hand-pump water taps on the roadsides; scores of monks bathe together sometimes in wheat fields. It’s a great experience answering nature’s calls in open fields under the moonlight with a jug of water by your side.

Most of the marchers are Buddhist monks from the three monastic universities in south India; some old people who escaped from Tibet along with His Holiness the Dalai Lama in 1959, the eldest one being 78. The youngest are two 17 year old boys, born and brought up in India and have never seen Tibet. There are several young mothers who left behind their family in the care of their husbands. Our communication team tries to reach out to the outside world and also arranges opportunities to talk to local media. During the evening gatherings, after the daily prayer, the media coordinator tells the news. Many times the Marchers applaud Tibet support actions taken in different parts of India and abroad. The protest against the torch in London, Paris, San Francisco, Canberra and Tokyo received huge appreciation. The ongoing Tibetan protests in Kathmandu are highly appreciated understanding Nepalese police brutality.

We are now starting the last leg of the March. From Almora to the border is now barely 200 kilometers, and it will now be cold as we ascend higher into the Himalayas. I know returning to a homeland that is still under foreign occupation is not easy. Chinese military will of course guard the border with machine guns, even Indian police will find an excuse to stop us. Confrontation is inevitable, but we are not stopping. We may even have to camp at the border for a long time, might have to call for international support and participation. We march into uncertainty.

The March to Tibet is a process for us to return to our homeland and reclaim our right to be in our native land in freedom. Whatever happens, we have deep commitment to non-violence; we will not retaliate. We may be beaten, jailed or even shot at, but we are not giving up. And for me there is no other plan in life other than this March. For all of us marchers, this is our life commitment.

For daily updates and photos about the march and to read personal stories of the Marchers please visit: www.TibetanUprising.org We have a number of non-Tibetan support Marchers who have been walking with us for a couple days or longer, and some right from the beginning. If you are interested in joining please contact our coordinators: Sherab Woeser sherabwoeser@yahoo.com (cell phone:略)and Lobsang Yeshi (cell phone:略). If you are far away or can’t join us, you can help spread the word. Donations of sleeping bags, shoes and mattresses can be of great use. Your financial contribution can help feed the Marchers and give water to keep us going. I count for every Tibetan’s contribution towards this movement.

Bod Gyalo! (Victory to Tibet!)

Tenzin Tsundue, on the way to Tibet
May 13, 2008
Almora, Uttarakhand State, India
--------------------

To reply to this message, follow the link below:
http://www.facebook.com/n/?inbox/readmessage.php&t=1006507764305

※フェースブックへのメッセージ書き込みにはID取得とログインが必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2008.05.09

5/23にチベット医学講座/サイクロン

 ビルマ(ミャンマー)の人と知り合って、ちょっと話した。
 初対面の私に、いてもたってもいられない、というせっぱ詰まった声音で「今必要なのは食料と医薬品です。命がかかってます。軍事政権を利するとか建前や理屈でなく、一刻も早く人道支援を」と、最後は泣き出してしまい、会話にならなかった。
 未曾有の災害、膨大な数と言われる犠牲者、閉め出される外国メディア、伝わらない現地情報……。去年9月の僧侶の抗議行動(取材中の日本人フォトジャーナリストが殺害された)の当時、周囲のチベ友は「チベットを思い出して涙が出た」とか言っていた。たぶん、ここ2ヶ月のチベット報道の洪水に、ビルマにかかわる人たちは、あるいはビルマを思い出していたのかも――と考えたり。
 政治の壁のために、支援物資が届かないとか治療が受けられないとか食料が受け取れないとか、実際何が起きているのかが外に伝わらないとか……考えると暗澹とした気持ちになる。「助けて」と言う声さえ届かないなんて状況は、やっぱりおかしい。ビルマ(ミャンマー)も、チベットも。(と思考回路はチベットに戻る……すんません)


 ダラムサラのメンツィカンで研修医となったアムチ(チベット医学博士)の小川さんから、講演会の案内をもらいました。「オープンセンス」の主催事業です。

「チベット医学講座 一人一人が主人公」
【講師】チベット医学研修医 小川康
【日時】5月23日(金)19:00~21:00
【受講料】3500円またはオープンセンスチケット1枚
【場所】東日本橋 リバース2階ホール
  http://opensense.jp/studio/rebirth/access.html
 インドのダラムサラのチベット亡命政府にあるメンツィーカン(チベット医学暦法学大学)にチベット圏以外の外国人として初めて合格し、2007年チベット医(アムチ)となった小川さん……。薬剤師、薬草会社社員、自然観察インストラクターなど色んな体験を経て、いまチベット医学の道を歩まれています。ユニークな体験のなかから チベット医学やヒマラヤの自然の話また実際にヒマラヤから持っていただいた薬草に触れながら薬草の話などを聞かせていただきます。
 「草に親しみ、薬の起源を体験し自分で感じ考えることから 一人一人が医学や薬学を自分の手に取り戻してゆく手助けをしたい」「草を楽しむと書いて薬という漢字ができました。まずはそこからはじめてみませんか?」
http://www.opensense.jp/education/workshop/
OgawaYasushi20080523.html

 申し込みは公式サイトからどうぞ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.02

拷問死/コンビニにウイグル料理/チベットの地名

 ダラムサラの「チベットNOW@ルンタ」更新。
 TCHRD(チベット人権民主化センター)が発表した5月2日付のリリースを抜粋翻訳してくれています。内容は、拷問による死亡者の確認について。

http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51001180.html
 4月1日、ペンボ、ジャンカのデドン村の農夫ダワ氏31歳が死亡した。彼は3月15日のデモに参加し、逮捕されていた。複数の情報によれば、彼は逮捕された後、取調官から酷い拷問をうけたという。彼が重体となったことを知った当局は3月27日、彼を病院に送った。4日後の4月1日に彼は死亡した。

 TCHRDの原文は http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080502.html


Rimg0065 ファミリーマートで「レンジ ラグマン」。
 ウイグル料理じゃん、すげーすげーすげー! 汁うどんになっちゃってるし、トマトベースじゃないし、なんか似ても似つかない感じだけど、腹もすいてないけど、とりあえず購入。
 説明は「中央アジア風羊肉うどん」だって(「ビーフコンソメをベースにデミグラスソースを使用したスープ」とかあって、それ絶対ラグマン違うと思うが・笑)。

 「レンジアップ トゥクパ」とか「レンジ テントゥク」が出現する日も近い!? 


 チベットの地名について。
 チベットNOWで中原さんも言及していますが、私も前に書いたけど、「ペンボ、シャンカのデドン村」と言われても、チベット本土に何度も行ったことがある人でさえ、よほどチベット語が分かる人でないとピンと来ないかもしれません。
 チベット人がチベット語でチベットの地名を言い表すのはしごく当然のことなのに、現実の地図には音訳や意訳された漢字が並び、ひどい場所になると、中国政府が勝手につけた地名にすりかわっています(メワ→紅原[ホンユェン]、ダルツェド→康定[カンディン]など。日本語に訳されるときはさらにその漢字を音読みするから、たとえチベット語音訳の漢字地名であったとしてさえ、もう原型をとどめないと言っても過言ではありません)。

 その「分からなさ」こそが、チベットに「高度な自治」がない、ないし固有の文化決定権を奪われている、という悲劇の象徴でもあるな、と思っているわけですが。

 というわけで、理念では、チベットについて語る時はなるべくチベット本来の地名で、と考えて日々そうしているつもりではあります(「カガ」でも「シャーハー」でもなく「ラブラン」と言うとか、「ドウジン」でも「トンレン」でもなく「レコン」とかね)が、現実問題、今どこで何が起きているかというリアルな話をするときに、それが地図上のどこにあたるのかが分からなくなってしまうようでは、却って問題をリアルから遠ざけることになってしまいます。
 だから、「中国政府の表記では何だ?」と中原さんが叫んでる気持ちはよく分かるのでした。

 チベ友がつくってコメントにくれた地名対応一覧をトラックバックしておきます。メインサイトはここで、地名対照表も準備中、とのこと。個人的にも、拡充や、リリースが出るごとの補足を心がけたいな、と思いつつ(いちおうダラムサラ発行の地図、中国政府発行の地図両方もってるし)。
 ichhanさん、ありがとうございます。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2008.05.01

5月1日から写真展「天空の人びと」

 チベットの写真展の紹介をいただきました。
 千駄木ってなんかいい場所ですよねえ。ネーレンカンの子供たちの描いた絵もいくつか貼られているそうです。近くにお立ち寄りの際はぜひ。

旅のチベット写真展 ~天空の人びと~

  • 期間:2008年5月1日~5月31日
  • 場所:「Bar B101」
    文京区千駄木3-44-9パレドール千駄木Ⅱ-B1F
    (1Fは菓子工房まぁる さん)
    tel:03-5814-0345
    営業時間:20:00-24:00
    ※5月3日~5日は12:00-24:00の営業
    定休日なし/チャージなし/ドリンク・フード¥500~
    最寄り駅:千代田線 千駄木駅(2出口)
    JR線 西日暮里駅・日暮里駅(北口)

旅行者の目に映ったチベットとチベット文化圏の写真展です。
チベット人シェフが作るモモやバター茶、カプセなどのチベット料理、またお香などの雑貨もご用意しております。
在日チベット人ゲストも予定しておりますので、是非お越しください。
連絡先:シンポドゥ会

 連絡先団体名の「シンポドゥ」はチベット語で「おいしい」。わははは、いい名前です。私も入りたいなー、集まりの際はおいしい料理必須で。メインテーマはチベット食べ歩きとか。
 ただ、イベント、どなたの写真か…が分かりませんが、旅行者が数人で写真を持ち寄った、ということなのかもしれません。チベット本土かな、文化圏とあるからラダックシッキムも入るのかな。チベット人シェフ、ってことは「BarB101」でもともとチベット人が働いているってこと!? なんか期待が高まるイベントです。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »