« ウーセルさんビデオチャット謁見への反響 | Main | (コラム訳)On Mastiffs, Typography and the Taming of Tibet―チベタン・マスチフと書体デザインからみえる「飼い馴らされたチベット」 »

2011.01.22

2/5(土)18:30東京「チベタン・カルチャー・ルネサンス」

SFTJapanよりイベントのお知らせです。(以下転載)


■「チベタン・カルチャー・ルネサンス」■

 Students for a Free Tibet(SFT)が昨年から欧米各地で開催しているチベット文化再発見プログラム「Tibetan Renaissance Series」(チベタン・ルネサンス・シリーズ)を日本にも紹介することになりました。チベットの文化と芸術に焦点をあて、文学や詩、うたや音楽などの 芸術を通じて、チベットのこころを伝え、「Tibetan Cultural Resistance」(文化的抵抗活動)につなげる試みです。
 日本初開催は、SFTの本部米NYからチベット人代表や前代表を迎える豪華な布陣での開催です。
 多くの方のお越しをお待ちしています。

【概要】

  • 日時:2011年2月5日(土)18:30~21:00
  • 場所:JICA地球ひろば(東京都渋谷区広尾4-2-24)
    地下鉄日比谷線「広尾」歩2分

    大きな地図で見る
  • 主催:SFTJapan

【ゲスト】

  • Tendor_smallSFT代表
    テンジン・ドルジェさん
    来日2回目


  • Lhadonsmall SFT前代表
    ラドン・テトンさん
    初来日

  • Kate_small SFT副代表(Deputy Director)
    ケイト・ウォズナーさん
    初来日

  • Choedup ITNアジア調整員
    ツェリン・チュドゥプさん(予定)
    来日2回目

【参加費】

  • 一般¥1000(※)
  • 学生¥500
  • SFTJapanメンバー無料
  • チベット人無料
  • メンバー同行者及び支援関係者¥500

【申し込み・問い合わせ】

※当日までにメンバー加入(年会費¥1000)して無料参加するも知り合い作って同行者になって割引入場するも大歓迎ですので、お気軽に問い合わせ先メールアドレスまでご連絡下さい。


 これまでに開催された「チベタン・ルネサンス・シリーズ」の様子はこんな感じ。YouTubeの「SFTチャンネル」にたくさんアップロードされています。

|

« ウーセルさんビデオチャット謁見への反響 | Main | (コラム訳)On Mastiffs, Typography and the Taming of Tibet―チベタン・マスチフと書体デザインからみえる「飼い馴らされたチベット」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/50654401

Listed below are links to weblogs that reference 2/5(土)18:30東京「チベタン・カルチャー・ルネサンス」:

« ウーセルさんビデオチャット謁見への反響 | Main | (コラム訳)On Mastiffs, Typography and the Taming of Tibet―チベタン・マスチフと書体デザインからみえる「飼い馴らされたチベット」 »