« [5月7日VOT訳]ドクル・ツルティムに近く判決 | Main | [5月9日VOT訳]中国当局、ンガバ中高生への管理強化 »

2011.05.09

[5月9日VOT訳]チベット人僧侶作家ドクル・ツルティムに実刑4年6月

チベット人僧侶作家ドクル・ツルティムに実刑
(ボイス・オブ・チベット中国語スクリプト版「西藏之声」2011年5月9日更新より)

 【ボイス・オブ・チベット(ノルウェー)5月9日報道】ここ数年、チベット本土で文化知識人が相次いで中国政府の政治的迫害に遭うなか、最近また1人の僧侶作家に判決が下された。
0705b_2  インド在住のあるチベット人が本放送局に明らかにしたところによると、中国共産党の馬爾康県地裁でこのほど、国家分裂扇動罪に問われたチベット人僧侶で作家のドクル・ツルティム(Dokru Tsultrim/卓日•次成)に対する判決公判があり、4年6月の実刑が言い渡された。近く成都の刑務所の一つに身柄を移され服役することになるとみられる。
 ドクル・ツルティムは昨年(2010年)5月24日、チベット、ンガバのゴマン寺院(Gomang Monastery/果芒寺)で身柄拘束された。彼は2009年4月2日ごろ、編集した文章が政治的に敏感な問題に触れたという指摘を受け、同時に1カ月以上も身柄を拘束されていた。同年、中国共産党当局は、彼が自費出版した文芸誌「雪の生命」をも発禁処分とした。
 伝えられるところでは、判決を受けた僧侶作家ドクル・ツルティムは、今年28歳、チベット、アムド地方のツォロ(青海省海南州貴南県茫拉郷)の出身という。

西藏僧人作家卓日•次成被判刑

【挪威西藏之声5月9日报导】近年来西藏境内的知识界人士陆续遭到中共政府的政治迫害,近日又有一名僧人作家被判刑。

西藏僧人作家卓日•次成

居住在印度的一名藏人向本台透露,所谓中共马尔康县法院于近日以指控涉嫌煽动分裂国家罪,对西藏僧人作家卓日•次成,判处4年6个月有期徒刑,并计划将押送到成都一家监狱中服刑。
卓日•次成于去年5月24日在西藏阿坝州果芒寺中被拘捕。他在2009年4月2日左右,曾被指控其撰写的文章涉嫌政治敏感问题,也遭到一个多月的强行拘押,当年中共当局还禁止出版他私办的文学报纸《雪之生命》。
据了解,被判刑的西藏僧人作家卓日•次成,现年28岁,是西藏安多海南州茫拉(贵南)县人。
http://www.vot.org/text_simple.html

|

« [5月7日VOT訳]ドクル・ツルティムに近く判決 | Main | [5月9日VOT訳]中国当局、ンガバ中高生への管理強化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/51643221

Listed below are links to weblogs that reference [5月9日VOT訳]チベット人僧侶作家ドクル・ツルティムに実刑4年6月:

« [5月7日VOT訳]ドクル・ツルティムに近く判決 | Main | [5月9日VOT訳]中国当局、ンガバ中高生への管理強化 »