« [訳]新華社:炎の背後にあるデマと真実(前半) | Main | [訳]SFT代表テンドル:ドゥプツェの遺体はネパールの試金石 »

2013.03.15

[訳][Phayul2013年2月28日]ネパール当局、焼身死したドゥプツェの遺体を押収

[Phayul 2013年2月28日]
ネパール警察はチベット人4人を逮捕 ドゥプツェの遺体は押収されたまま

(ダラムサラ2月28日電) 高齢の女性2人を含む4人のチベット人が、カトマンズで2月27日、容疑事実不明のまま身柄を拘束された。
4人は、チベット人僧侶ドゥプチェン・ツェリン(通称ドゥプツェ)が中国のチベット占領政策に抗議の焼身をした2月13日から2週間目となる日に逮捕された。ドゥプツェは焼身当日、焼身の数時間後に地元の病院で亡くなった。ネパール当局は、地元のチベット人による度重なる抗議にもかかわらず、遺体を押収し続けている。逮捕されたチベット人4人の身元は、ソナム・トンドゥプ35歳、ジグメ35歳、テンジン・ヤンチェン60歳とツェリン65歳で、病院の近くで逮捕されたという。

情報筋によると、4人はこの日までにカトマンズ市内最大のハヌマーン・ドカ刑務所(Hanumandhoka prison)に移送された。匿名希望のカトマンズ在住のチベット人活動家は「4人はチベット民族蜂起記念日である3月10日まで、犯罪事実の根拠がなくても拘束される可能性がある」と話した。さらに「市内には同様の状況があり『厳戒態勢』で、ドゥプツェの遺体が安置された病院の周囲は要塞のようになっている」(同前)という。「この数日内に地元のチベット人リーダーや活動家が逮捕される懸念は非常に大きい」(同前)。

ネパール当局は、ドゥプツェの遺体について「法律上、遺体を引き渡すことができるのは彼の両親か血縁者、または公式の外交官に限られる。35日以内に交渉がない場合、ネパール当局が遺体に対する法的権利を有することになる」と表明している。

 

ドゥプツェは今年1月にチベットから亡命したばかりでカトマンズに滞在中だった。

聖なるボダナート仏塔の近くで焼身をはかる直前、ドゥプツェは、チベットという「美しい国」に対する彼の愛情を外国人に打ち明けていた。のちに、その外国人はダラムサラに本拠地を置く人権団体「チベット人権民主センター(TCHRD)」に当時の様子を語り、「ドゥプツェはとても穏やかな様子だった」と振り返った。
「私たちがガレリア・カフェに入ったのは午前8時15分ごろでした。朝食をとっているところに、おそらく20~25歳くらいの若いチベット人男性が話しかけてきました。彼はチベットがどんなに美しい場所で、どんなに彼がそこを愛しているかについて話しました」と目撃者は語った。

ドゥプツェは喫茶店を去る前に、慎重にライターを取り出し、目撃者に対して写真を撮ってほしいと頼んだ。
目撃者は、ドゥプツェが焼身をはかるつもりだとは想像も及ばなかったという。
「すべてはあっという間の出来事でしたが、彼はとても穏やかでした」。
「大きな物音が聞こえました。人々の悲鳴が上がり、走り去っていきました。彼は炎に包まれながら、右手のほうへ走って行きました。彼は声を上げませんでした。長くても3分くらいの出来事だったと思います。すぐに、周囲の人たちが、火を消すために上着やセーターを脱ぎだしました」

ドゥプツェ(25)は自身に火をつける前に、ガソリンを体に浴びていた。彼は全身の96%に火傷を負い、その日のうちに絶命した。

ドゥプツェの母はツェラ、父はトゥルク(転生ラマ)であるサンガク・テンジン。東チベットのカム、セルタのヌップスルという町のギェルチュク村の出身。

ドゥプツェは以前、友人たちや親せきに、「これまではチベットの大義のために何一つできなかったが、将来のチベットの人々のために何か建設的なことをすると約束する」と話したことがあるという。

Nepali police arrest four Tibetans, Continue to hold Druptse’s body
Phayul[Thursday, February 28, 2013 23:38]

Tibetan self-immolator Drupchen Tsering in an undated photo.
DHARAMSHALA, February 28: Four Tibetans, including two elderly women, were arrested yesterday in Kathmandu by Nepali police on unknown charges.

The arrests came exactly two weeks after a Tibetan monk, Drupchen Tsering (Druptse) set himself on fire protesting China’s occupation of Tibet in the Nepali capital on February 13. He passed away at a local hospital hours after his protest.

Nepali authorities, despite repeated appeals by local Tibetans, are still holding the body.

The four Tibetans, identified as Sonam Dhondup, 35, Jigme, 35, Tenzin Yangchen, 60, and Tsering, 65, were arrested near the hospital.

Sources tell Phayul that the four were shifted to the Hanumandhoka prison, the biggest in the city, earlier today.

“They could well be kept in custody for no plausible crime until March 10, the Tibetan National Uprising Day,” a Tibetan activist in Kathmandu who didn’t wish to be named said.

The same source added that the situation in the city is “extremely tense” and the area near the hospital where Druptse’s body is being kept has been turned into a fortress.

“Fears over the arrest of local Tibetan leaders and activists over the next few days is very real,” the source said.

Nepalese authorities have maintained that Druptse’s body can legally be handed over only to his parents, family members related in blood or official diplomatic representatives. If these options are not met within 35 days, authorities say they will have legal right over the body.

Druptse had only in January escaped from Tibet and was staying in Kathmandu.

Moments before setting himself on fire near the holy Boudhanath stupa, Druptse had expressed his love for the “beautiful land” of Tibet to a foreigner.

The foreigner, speaking to Dharamshala based rights group, Tibetan Centre for Human Rights and Democracy later recalled that Druptse was “very calm.”

“We arrived at Galleria cafe in Boudanath around 8:15 am. We were to have our breakfast, when a young Tibetan guy, probably between 20-25 years old, came forward to speak to us. He then spoke about Tibet and said that it is a beautiful land and he loved it so much,” said the eyewitness.

Before Durptse left the cafe, he discreetly took out a lighter and asked the eyewitness to take his pictures.

The eyewitness, who had no idea that Druptse was going to self-immolate, said that although “everything happened so fast, but he was very calm."

"I heard a large noise, of people screaming and running away. He was running to the right, engulfed in flames. He didn't scream. The moment lasted around three minutes. Soon, people took out their jackets and sweaters to put out the fire.”

Druptse, 25, had doused his body with gasoline before setting himself ablaze. He passed away on the same day after suffering 96 percent burns.

Druptse is survived by his mother Tselha and father Sangnag Tenzin, who is a reincarnated lama. He is a native of Gyalchung village in Nupsur town of Serta, eastern Tibet.

Druptse earlier told his friends and relatives that he had not been able to do anything for the Tibetan cause in the past but promised to do something constructive for the Tibetan people in the future.

http://www.phayul.com/news/article.aspx?id=33110&article=Nepali+police+arrest+four+Tibetans%2c+Continue+to+hold+Druptse

|

« [訳]新華社:炎の背後にあるデマと真実(前半) | Main | [訳]SFT代表テンドル:ドゥプツェの遺体はネパールの試金石 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/56970791

Listed below are links to weblogs that reference [訳][Phayul2013年2月28日]ネパール当局、焼身死したドゥプツェの遺体を押収:

« [訳]新華社:炎の背後にあるデマと真実(前半) | Main | [訳]SFT代表テンドル:ドゥプツェの遺体はネパールの試金石 »