« [訳][Phayul2013年2月28日]ネパール当局、焼身死したドゥプツェの遺体を押収 | Main | 20130320 »

2013.03.16

[訳]SFT代表テンドル:ドゥプツェの遺体はネパールの試金石

SFT代表テンジン・ドルジェ: ドゥプツェの遺体はネパールの試金石
[ハッフィントン・ポスト 2013年3月15日]
投稿日:2013年3月15日11:04

古い仏教説話は次のように説いている。――前世でネパールの王子だったブッダは、ある時、飢えた子連れの母虎が飢えのあまり子虎を食べようとしているのを見て、憐憫と慈悲の心から、その地に横たわり、自分の身体を母虎と子虎に施し与えたという。のちに、チベット人はブッダが「捨身飼虎」した場所を、チベット語で「雌虎に身を捧げた場所」を意味する「Takmo Lujin (stag mo lus sbyin/タクモ・ルジン)」と呼び、その場所は現在、ネパールを巡礼で訪れる人々や観光客からもっとも尊ばれる目的地の一つとなっている。

2月13日、ネパールの首都カトマンズの中心部で、ある25歳のチベット人僧侶――ドゥプチェン・ツェリンが、中国が彼の祖国を統治していることに対して身に炎を放って抗議した。そのニュースを知ったとき、私には、炎に包まれる彼の姿が、タクモ・ルジンの丘の上で飢えた虎に囲まれて横たわるブッダの姿と二重写しに思われた。ブッダの前世である王子が虎の群れに自らを捧げたように、ドゥプツェは弾圧の顎に自らを供したのだ。自らのもろい肉体で北京政府の鋭い牙を鈍らせ、ほかの人々を守ろうとしたのだ。もしブッダの前世の王子がチベット人として現代に生まれていたなら、彼の臣民、彼の国土、彼の文化が残虐横暴な帝国にむさぼり食われようとしているのを目の当たりにして、いったい何をするだろうか。

ネパールは過去何十年もの間ずっと、中国の弾圧から逃れてきたチベット難民の避難場所だった。子どものころ、私は冬休みになるとカトマンズに住む親せきを訪ねた。タクモ・ルジンは、毎冬恒例の巡礼の旅の目的地リストで常にトップだった。ネパールで過ごすあいだ、ネパールの人々の優しさ、旋律豊かな言葉の響き、自然とともにあるさまざまな文化に感化され、時に羨ましくさえ思ったものだった。ネパールは何世紀もの間、多くの宗教や文化が共存し続けてきた土地である。実際、スワヤンブナートや他の多くの聖地では、仏教寺院もヒンドゥー寺院も同じ建物の中におさめられている。

この10年、アジアにおける中国の覇権主義の伸長で、ネパールは、チベット難民にとってのサンクチュアリから悪夢の場所へと変わってしまった。この悲劇は、現在ネパール政府がドゥプチェン・ツェリンの焼身に関して行ってきた対応に端的に表れている。

2月13日にドゥプツェが焼身した――2009年以来、自由を求めて100人以上が焼身している――のち、彼の遺体はネパール警察によって押収された。数日内に、ネパール在住のチベット人が、チベット仏教徒の死者にとって必要不可欠な仏教儀式や火葬を営むため遺体を返還するよう強く求めたが、彼の遺体は安置所に留められたままだった。ネパール当局はチベット人コミュニティーからのすべての要求を拒否し続けている。

ある人が医学的に死亡を告げられた臨終(死有)の際に「明確な光の瞬間」(moment of clear light)と呼ばれる窓が開くタイミングがあり、徳を積んだラマはちょうどその時に死者の魂をより高い輪廻に送ることができる、と仏教徒は信じている。もし徳の高いラマが不在であれば、普通の僧侶たちが故人の傍らに座り「バルドゥ・トゥドル(チベットの死者の書)」を唱え続ける。肉体を離れた故人の魂がもっとも純粋で効力のある段階を通過する瞬間にその祈りが聴き届けられることによって、魂がより高い次元に転生できると考えられているのだ。その窓は、臨終の数時間後から数日間のうちに訪れる、生と死のサイクルの中で最も重要な瞬間の一つと考えられている。

ドゥプツェの遺体は安置所に留められていたために、その重要な機会は1日また1日と彼から遠ざかってしまった。チベット仏教徒にとってこれ以上に大きな損失はないというのに。

真の極悪人は、ネパール政府の最上層部の奥深くにまで触手を伸ばしている中国であることを忘れてはならない。北京政府が伸ばした抑圧という長い腕は、ドゥプツェの人生から政治的な自由を奪っただけではなく、彼が死を迎える際に精神的に解放されるための最後のチャンスまで盗み取った。こうした不正義がやすやすと行われることで、ネパール政府は政府自体が専制政治の装置となっていることを示している。

ドゥプチェン・ツェリンの遺体を地元チベット人コミュニティーに返還するべきだという国際的圧力が強まる中、ネパール政府は「35日以内に肉親からの遺体引き取り申請がなされなかった場合、遺体に対する法的権限は地元政府に移る」と警告を発した。しかし、ドゥプツェはわずか1カ月前にヒマラヤを歩いて越えてきたばかりで、ネパールには誰1人身寄りはいない。チベット人コミュニティーが彼の唯一の縁者なのである!

次に何が起こるかが、ネパールの民主主義と人道主義とその主権にとっての試金石となるといえよう。3月20日、ドゥプツェが焼身を図ってから35日目に、ネパール政府は、ドゥプツェの遺体について、チベット人コミュニティーによって営まれる本来あるべきふさわしい火葬を認めるのか、または中国の外交官に引き渡すのか。もしくは、遺体を秘密裏に「処理」することで彼に2度目の死を与えるのか。

ネパールは今も、仏教を信じる少数者の権利を尊重する民主主義国家だろうか? ネパールは今も、カトマンズを首都とする主権国家だろうか? それとも、ネパールは既に、北京の決定のもとに動かされている衛星国家状態になっているのだろうか? ネパールは今も、ブッダの前世の王子が具現した寛容さと思いやりの精神を尊重する土地だろうか?

ネパールがこの試金石をそれと認めるか否かにかかわらず、我々は3月20日には結果を知ることになる。

Drupchen's Body Is a Litmus Test for Nepal
TheHuffingtonPost 2013/3/15

One of the most enduring Buddhist tales goes like this. In a previous life, when the Buddha was a Nepalese prince, he saw a starving tigress about to eat her own cubs. Overwhelmed by compassion, the prince lay down on the ground and offered his own body to the tigress and her cubs. Takmo Lujin ("Body Offered to the Tigress"), as the site of this sacrifice came to be known among Tibetans, is today one of the most revered destinations for pilgrims and tourists in Nepal.

On February 13, in the heart of Kathmandu, Nepal, a 25-year-old Tibetan named Drupchen Tsering set himself on fire to protest Chinese rule of his homeland. When I heard the news, I couldn't help but imagine him in flames, surrounded by hungry tigers on the hills of Takmo Lujin. While the Buddha prince fed himself to tigers, Drupchen fed himself to the jaws of oppression, using his fragile human body to blunt Beijing's teeth so that others might be spared. If the Buddha prince had been born today as a Tibetan watching his people, nation and culture being devoured by a draconian empire, what would he do?

Nepal was for many decades a sanctuary for Tibetan refugees fleeing China's oppression. When I was a child, I used to visit my extended family in Kathmandu during the winter holidays. Takmo Lujin was always #1 on the list of annual pilgrimage trips. The time I spent in Nepal has made me admire, and sometimes envy, the Nepalese people's infectious kindness, their melodious language, and their natural acceptance of all cultures. Nepal is a land where many religions and cultures have coexisted for centuries. In fact, at Swayambunath and many other holy sites, Buddhist and Hindu shrines would often be housed in the same temple.

Over the last decade, amid China's growing hegemony in Asia, Nepal has turned from a sanctuary to a nightmare for Tibetan refugees. This tragedy is embodied in the way the Nepalese government has so far responded to Drupchen Tsering's self-immolation.

After Drupchen set himself on fire on February 13 - joining more than a hundred Tibetans who have self-immolated for freedom since 2009 - his body was seized by the police. In the days that followed, as Tibetans in Nepal scrambled to claim his body in order to perform the essential Buddhist rites and cremation rituals, his body remained locked up in a mortuary. The Nepali authorities consistently rejected all requests to hand over the body to the Tibetan community.

After a person is pronounced clinically dead, Buddhists believe, there is a window of opportunity called the 'moment of clear light' when a trained lama can transfer the deceased person's consciousness into higher rebirth. In the absence of a lama, ordinary monks would sit by the deceased and chant from the Tibetan Book of the Dead. The departing consciousness of the deceased, passing through its most pure and potent stage, can hear the prayers that carry instructions on how to exit one's body and enter a higher rebirth. This window, which could last from a few hours to a couple of days, is considered one of the most precious moments in the cycle of life and death.

As Drupchen's body lay still in the mortuary, day after day, this opportunity slipped away from him. For a Tibetan Buddhist, there is no greater loss.

It must be remembered that the real culprit is the China, whose tentacles stretch deep into the highest echelons of Nepal's government. Beijing's long arm of oppression not only deprived Drupchen of political freedom in his life, but it also stole his final opportunity for spiritual liberation in his death. In facilitating this injustice, Nepal has allowed itself to be used as an instrument of tyranny.

Amid growing international pressure to hand Drupchen's body to the Tibetan community, the Nepalese government issued a warning that if the body is not claimed by family members within 35 days, it would belong to the state. But Drupchen had escaped from Tibet just a month before by walking over the Himalayas, and had no family in Nepal. The Tibetan community was his only family!

What happens next will be a litmus test for Nepal's democracy, its humanity, and its sovereignty. On March 20th, the 35th day since the self-immolation, Nepal will decide whether to give Drupchen a proper cremation by the Tibetan community, or to hand it over to Chinese diplomats, or to secretly "dispose of" the body and subject Drupchen to a second death.

Is Nepal a democratic nation that respects the rights of its Buddhist minorities? Is Nepal a sovereign state centered in Kathmandu or is it a satellite state that outsources its decision making to Beijing? Does Nepal still honor the spirit of generosity and compassion embodied by the Buddha prince at Takmo Lujin?

Whether Nepal passes this litmus test or not, we will know on March 20th.

 

Follow Tenzin Dorjee on Twitter: www.twitter.com/tendor

http://www.huffingtonpost.com/tenzin-dorjee/drupchens-body-is-a-litmu_b_2883737.html?utm_hp_ref=tw

|

« [訳][Phayul2013年2月28日]ネパール当局、焼身死したドゥプツェの遺体を押収 | Main | 20130320 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22378/56971831

Listed below are links to weblogs that reference [訳]SFT代表テンドル:ドゥプツェの遺体はネパールの試金石:

« [訳][Phayul2013年2月28日]ネパール当局、焼身死したドゥプツェの遺体を押収 | Main | 20130320 »